エクセル、ワード、パワーポイントで保存せずに閉じてしまったファイルを復元 (2010, 2013, 2016)

スポンサーリンク
Windows

エクセル、ワード、パワーポイントで保存せずに、うっかり閉じてしまったことってありませんか?

これらのファイルって運がよいと回復、復元することができるです。

エクセル、ワード、パワーポイント 保存せずに終了 復元

マイクロソフトのエクセル、ワード、パワーポイントで資料を作成したとしましょう。

 

ファイルを編集中であれば、「閉じる」際に、こんな警告が出ます。

 

で、間違えて「保存しない(N)」を押してしまうと、当然、それまでの変更は保存されません。

このタイミングで「やばい!間違えた」って思ったことありませんか?

 

マイクロソフトのオフィス製品では、保存しないで閉じたファイルを復元できることがあります。

まず、誤って閉じたファイルを開いてみましょう。

 

「ファイル」⇒「情報」を開いてみます。

 

この時、「バージョン」で「自動保存」されていたら、「自動保存」のところをクリックします。

自動保存されていたファイルが、一時的に復旧され「復元された未保存のファイル」となるので「元に戻す」を押して、完全に回復します。

さらに、上書き保存しておくとよいでしょう。

 

エクセル、ワード、パワーポイントはデフォルトで10分で自動保存の場所、解除方法

エクセル、ワード、パワーポイントはデフォルトで10分で自動保存されます。

つまり、変更後、10分以上経過したファイルであれば、自動保存されている可能性があり、復旧できる見込みがあります。

 

自動保存を解除するには、「ファイル」⇒「オプション」をクリックします。

 

エクセルの場合、Excelのオプションで「保存」をクリックします。

「次の間隔で自動回復用データを保存する」のチェックを外すと、自動保存されなくなります。

 

また、自動回復用のファイルの場所は、以下にあります。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Excel\

 

 

コメント