Wise (ワイズ) 旧TransferWise (トランスファーワイズ) 国際送金サービス

ITで知っておくべき知識

Wiseという国際送金サービスを使う機会があったので調べてみた。

スポンサーリンク

Wise (ワイズ) とは

Wise (ワイズ、旧TransferWise トランスファーワイズ) は、ロンドン発のP2P送金サービスです。

2012年2月にイギリスで運用開始されました。

簡単でかつ、安全、手数料が安いこと、送金時間が速いことなどで評判は良好です。

日本では資金移動業者として、財務省関東財務局に免許登録を完了し、2016年9月に正式サービスを開始し、2018年には法人送金サービスを開始しました。

日本でも使うことが可能です。

 

 

公式サイトはコチラです。

https://wise.com/jp/

 

Google Play (Android) のアプリはコチラです。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.transferwise.android&hl=ja&gl=US

 

iPhoneのアプリはコチラです。

https://apps.apple.com/jp/app/transferwise/id612261027

 

ログイン方法

ログインはコチラからです。

https://wise.com/login/

 

Wiseの使い方、入金方法

Wiseの使い方は公式ブログを見ると分かりやすい。

https://wise.com/jp/blog/how-to-use-transferwise

 

通常の銀行を通した国際送金はSWIFTと呼ばれる仕組みを採用しています。

Wiseは、送金人が自国にあるTransferWiseの口座にお金を振り込み、その金額をTransferWiseが受取人の国の口座へと振り込む、国内送金を生かした仕組みになっています。

 

Wiseの手数料

Wiseの手数料は多分、最安だと思います。

 

例えば、日本円 1,000円を米国ドルに送金する場合

手数料は以下の通りです。

  • Wiseだと 181円
  • PayPalだと 499円
  • 楽天銀行だと1750円

Wiseは圧倒的に手数料が安いです。

 

Wiseのお問い合わせ、サポート

Wiseにログインしてからサポートを受けることができます。

サポートは基本、オンラインで。

https://wise.com/ja/help/

 

Wiseの限度額

1回100万円の上限額設定はあるものの、送金回数には制限がないため、原則無制限で送金は可能そうです。

 

デビットカード

海外の手数料が安いというより、安い時に両替しておき、現地通貨をデビットカードで払うという使い方も可能です。

https://wise.com/ja/help/articles/2970190/wiseテヒットカートの利用方法

 

 

 

ITで知っておくべき知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うらしたをフォローする
スポンサーリンク
urashita.com 浦下.com (ウラシタドットコム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました