GoogleのAMPサイトとは?WordPressに導入してSEOに効果あり?検索順位上がるか

スポンサーリンク
ITで知っておくべき知識

Googleが推進しているAMPとは何なんでしょうか?

AMP (Accelerated Mobile Pages)サイトとは?意味は何?

AMPとは、Accelerated Mobile Pagesの略で、Googleが推進しているモバイルでのウェブサイトの閲覧を高速化する仕組み、規格のことです。

 

Googleが2015年の秋ごろから推進しています。

米Googleは10月7日(現地時間)、モバイルWebの劇的な性能向上を目的とするオープンソースイニシアチブ「Accelerated Mobile Pages(AMP)」を発表した。立ち上げ段階で、米Twitter、米Pinterest、米Adobe Systems、世界のパブリッシャー(メディア)大手多数が参加した。

パブリッシャーとしては、BBC、Wall Street Journal、New York Times、Conde Nast、朝日新聞、毎日新聞、産経デジタル、BuzzFeed他、多数が参加している。

Googleは「多数のパブリッシャーが広告付きのリッチなコンテンツメディアを運営しているが、ページの読み込みが遅いと読者が離れてしまい、広告およびサブスクリプションによる売り上げを逃している」ことから、世界中のパブリッシャーとテクノロジー企業と協力し、AMPを立ち上げることを決定したという。

Google、モバイルWeb高速化のオープンイニシアチブ「AMP」立ち上げ Twitterや大手メディアが参加
Googleが、モバイルでのWebページ読み込み高速化を目指す「Accelerated Mobile Pages(AMP)」を立ち上げ、「AMP HTML」をオープンソースで公開した。イニシアチブにはTwitter、Pinterestの他、BBCや朝日新聞など世界のパブリッシャー大手が多数参加している。

(2015年10月7日 ITMedia Newsの記事)

 

AMPの読み方は、アンプです。

AMPの成果物である一連の仕様やライブラリなどについてもAMPと呼びます。

AMPは、従来より用いられているHTMLなどのウェブ技術を改良したもので、中核となるのはAMP HTMLと呼ばれるHTMLの一種です。

 

AMPの導入、AMP HTMLの作成方法

AMPは簡単に始められます。

 

Googleウェブマスターツール公式サイト

「顧客のサイトを AMP 化するための 8 つのヒント」

顧客のサイトを AMP 化するための 8 つのヒント
Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報

には、次のように書かれています。

メジャーなコンテンツ管理システム(CMS)を使用しているサイトであれば、プラグインをインストールするような感覚で簡単に AMP ページを作成できます。カスタム HTML を使用しているサイトや、ゼロから作成したサイトの場合は、別途開発が必要になります。

 

具体的に、AMP HTMLの作成方法や始め方は次のサイトに詳しいです。

初めての AMP ページを作成する – AMP
Accelerated Mobile Pages Project

 

WordPressなら、プラグインかまたはテーマで対応

WordPressを導入しているサイトなら、AMP対応のテーマを使うか、またはAMPプラグインをインストール&有効化するとよいでしょう。

 

当サイトでは、AMP対応しているテーマ、Cocoonを使っています。

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

 

Cocoonでは、「AMP機能を有効化する」チェックを入れるだけでAMPに対応可能です。

テーマをAMP対応する方法
Cocoonテーマの投稿・固定ページをAMP化してモバイル端末での表示を速くする方法です。

 

もし、テーマがAMPに対応していない場合は、AMPプラグインを使います。

AMP for WordPress
WordPress サイトを Accelerated Mobile Pages (AMP) 対応にします。

このプラグインをインストールして有効化するとよいでしょう。

 

AMPタグの一覧

AMPでは、一部のHTMLのタグが使えず、AMP用のタグを使う必要があります。

 

AMPタグの一覧は以下の通りです。

コンポーネント – AMP
Accelerated Mobile Pages Project

 

AMPのURLが見つからない(404)、変わる

AMPサイトでは、元のURLと異なったURLを用います。

ただ、そのURLに決まったルールはないようです。

 

以下の形式が多いようです。

http://aaa.bbb.ccc/xxx/amp/
http://aaa.bbb.ccc/article/xxx.html?amp=1

 

Google AMPのテストサイト

AMPに対応した後で、本当にAMPに対応できたかどうかを調べるには、GoogleのAMPテストサイトを使います。

AMP Test - Google Search Console

 

テストに失敗すれば次のエラーが表示されます。

有効な AMP ページではありません
無効な AMP ページは、Google 検索結果に AMP 固有の機能が表示されません

 

エラーが出た場合、次のように表示されます。

次の問題を修正してください
AMP タグの無効な用法
タグ「amp-iframe」の属性「src」の URL プロトコル「http」が無効です。

ここで、具体的な修正方法が書かれているので、指摘されている通りに修正します。

 

AMPはSEOに効果あり、検索ランキング結果、順位が上がるか?

サイトの運営者が、最も気になるのはSEO効果でしょう。

モバイルで高速化するAMPページ、Googleが推進している訳だからさぞかしSEOの効果は期待できるんだろう、と思っていたら。。

 

なんと!

 

Googleのウェブマスター向け公式サイトには、以下のように書かれていました。

有効で表示可能な AMP ページが含まれているかどうかは、検索結果ページでのサイトのランキングには一切影響しません。違いは、サイトに AMP 版が含まれていると、検索結果に  アイコンが追加されることです。

あれれ?

検索結果、順位、ランキングに影響しない?

単に結果に、が付くだけか??

 

Google AMP うざい

AMPサイトは、スマホでの検索スピードアップのためにGoogleが大々的に推奨しています。

一方で、スマホ検索の結果に、単にが付くだけで、うざいという声もあります。

 

AMP対応のメリットとデメリット

AMPのメリット

AMPのメリットとして次の点が挙げられるでしょう。

Googleが推奨しているし時代の流れ

一番のメリットはGoogleが推奨している点でしょう。

今後、主流になるのは間違いないので、早めに対応しておいてよいでしょう。

 

表示が速くユーザーにメリットがある

Googleが推奨するのは、当然ユーザーに利便性のメリットがあるからです。

遅いサイトを公開するよりも、早いサイトを公開したいでしょう?

 

AMPのデメリット

AMPのデメリットは次の通りです。

労力の割にメリットがない

AMP対応は簡単と書きましたが、プラグインで対応してみたら、エラーが結構出ます。

その都度、GoogleのAMPのテストサイトを使って修正を行う必要があります。

その結果、順位が上がらないなら、なんのためにやっていることやら。。

 

対応していない広告がある

アフィリエイトサイト運営の場合、広告が表示されないのは致命的ですね。

AMPに対応していない広告だと表示されなくなってしまいます。

この場合は、AMPに対応しない方がよいでしょう。

 

 

コメント