TOTOのウォシュレットで床にポタポタと水漏れ、水抜栓、ストレーナーの交換

スポンサーリンク
IT以外の話題

自宅で15年使っているTOTOのウォシュレット(温水洗浄便座)で水漏れが発生したので、修理しました。

TOTO ウォシュレット水漏れ床にポタポタ

ある日、トイレの床にポタポタと水漏れを見つけました。

 

さて、どうしていいのかよく分かりません。

取り敢えず、床にポタポタと水が落ちるのを止めることにします。

トイレの止水栓・分岐水栓でウォシュレット側とロータンク側の二つに分岐しているのを確認して、ウォシュレット側を止めます。

 

左側がウォシュレットへのホースで右側がロータンクへのホースです。

 

ウォシュレット側の止水栓を閉めると、水漏れは止まります。

これで当然、ウォシュレットは使えません。

 

ウォシュレットの機種を確認 TCF776

ウォシュレットの機種を確認します。

 

便ふたの裏に機種が書かれています。

こんな感じ。

 

TCF776

と分かったところで、設計図を探してみます。

ありました。

http://search.toto.jp/scale_cnv/20_TCF776.pdf

 

原因は何だろうか?

ネットでよく出てくるのが、D43078WRという番号の「ストレーナー」のパッキン?の劣化の可能性があるとか。

交換してみようか。

 

TOTOのウォシュレット用のストレーナーの購入

ストレーナーをネットで検索してみます。

おお、ヤフーショッピングで売っていました。

 

TOTO ストレーナー D43078WR

TOTO ストレーナー D43078WR【メール便対応】
価格 437円 (税込)

 

送料はかかるものの安いもんです。

 

ストレーナーの交換作業

それでは、ストレーナーを交換してみます。

 

ウォシュレットの取扱説明書をよく読みます。

 

まず、便座、便ふたを取ります。

次にウォシュレット本体着脱ボタンを押して本体を取り出します。

 

元々取り付けてあるストレーナーを外すとウォシュレットタンク内の水がドバっと落ちてくるので、あらかじめタライを用意して下に置いておきます。

 

ストレーナーはこんな奥の位置にあるので、必ず、ウォシュレット本体を外しておかないと交換できません。

 

ストレーナーは回すだけで取れますね。

悪戦苦闘して30分程で交換できました。

 

その後、水漏れは無くなりました。

やっぱり、ストレーナーのパッキン?が原因か。

めでたし。めでたし。

 

水漏れは専門業者にお願いする

トイレ・キッチン・浴室・洗面・詰まり/水漏れにたいして、出張・見積り無料 24時間365日年中無休/土日祝対応してくれるっていう専門業者に依頼しました。

 

↓水漏れ専門業者
水道修理/24時間年中無休

 

コメント