Macでも使えるACR39-NTTComが認識しない?使い方、マイナンバーでe-Taxで確定申告 (freee、やよい白色オンラインは便利か?)

スポンサーリンク
IT以外の話題

今年、初めてマイナンバーで確定申告しました。

ICカードリーダーの設定など、少し機材の設定などでハマったので手順をまとめました。

 

マイナンバーとは

まず、マイナンバーについて、マイナンバーのメリットとデメリット、スケジュールについてはこちらにまとめました。

マイナンバー制度の概略と今後のスケジュール、メリットとデメリット
間もなくマイナンバー制度が始まります。 10月からはマイナンバーが通知されます。 短期滞在(主に観光ビザ)の外国人以外には、マイナンバーが通知されます。 日本に永住権を持っている外国籍の方はもちろん、留学で日本...

 

 

昨年までは、住民基本台帳カードを使ってe-Taxで電子確定申告を行っていました。

ICカードリーダ SHARP RW4040/RW5100を使って確定申告(e-Tax)を行う
確定申告の季節がやってきました。 サラリーマンでも医療費が年間10万円以上ある場合や賃貸マンションの収入等、何らかの収入がある人は確定申告を行いましょう。 私は数年前から、国税庁がやっている確定申告書等作...

 

マイナンバーへの移行に伴って住民基本台帳カードは使えなくなります。

そこで、住民基本台帳カードにしか対応していないカードリーダーは使えなくなるので要注意です。

私が使っていた、SHARP RW4040もマイナンバーカードに対応していないために、もはや用済みとなりました。

 

 

代わりに購入したのがマイナンバーに対応したICカードリーダーとしてNTTコミュニケーションズのACR39-NTTComです。

この機器はUSB接続で、値段も2,000円程度とお手ごろで、軽くて使いやすいのでお買い得だと思います。

WindowsにもMACにも対応しています。

 

 

NTTコミュニケーションズ 接触型 USBタイプ ICカード リーダーライター ACR39-NTTCom

 

 

ちなみに、マイナンバー通知カードとマイナンバーカードは異なりますので注意が必要です。

マイナンバー通知カードは紙切れですが、それだけでは、e-Taxを使って確定申告を電子申請出来ません。

必ず、通知カードを持参して市役所でマイナンバーカードの交付を受ける必要があります。

 

ACR39-NTTComのドライバーのインストール

まず、マイナンバーカードを認識させるために、ACR39-NTTComのドライバーをインストールしておきます。

 

ドライバーはここからダウンロードしてインストールします。

ICカードリーダライタ(ACR39-NTTComの主な仕様/ダウンロード) | NTTコミュニケーションズ 法人のお客さま
国税電子申告・納税システム(e-Tax)に代表される公的個人認証サービス(個人番号カード/住民基本台帳カード)や、PCセキュリティのICカードによるログイン認証、PKI等に利用するときに必要な機器です。

 

Windows用のドライバ以外に、Mac用のドライバ、インストールマニュアル、取扱説明書もここにあります。

 

公的個人認証サービスのソフトウェアのインストール

次に「公的個人認証サービス」の利用者クライアントソフトをインストールしておきます。

 

ソフトウェアは、こちらのURLからダウンロードしてインストールします。

Windowsをご利用の方 | 公的個人認証サービス ポータルサイト
公的個人認証サービスとは、電子証明書などの安全性が高い技術を利用し、他人によるなりすまし申請や電子データが通信途中で改ざんされることを防ぐための機能を、安い費用で提供するものです。

 

 

エラー HUBH139E 電子証明書の再登録が必要

それではe-Tax、確定申告の開始です。

 

マイナンバーカードは、USBでパソコンに接続したICカードリーダー ACR39-NTTCom に挿入しておきます。

Windows 7の場合、ドライバーなしでも自動インストールで機器を認識してくれました。

 

e-Tax(http://www.e-tax.nta.go.jp/)を使って確定申告の書類を準備します。

e-Taxは、昨年とかのデータも保存していると使い回しができるので、毎年保存していると便利です。

ブラウザは、IE11しか使えないようです。

 

 

書類作成します。。。。

 

 

書類を作って最後に、「送付」ボタンを押します。

 

おや?あれ?エラーがでました。

 

電子申告等データを受け付けできませんでした

 

エラー情報:HUBH139Eが表示された方へ

マイナンバーカードを取得し、電子証明書を再取得した。

電子証明書の有効期限(3年間)を満了に伴い更新し、再取得した。

転居等により、電子証明書を再取得した。

 

 

どうやら電子証明書の再登録が必要なようです。

 

これまで、住民基本台帳カードで確定申告していた人は、「電子証明書の再登録」ボタンを押して、新たに電子証明書の再登録をしましょう。

 

 

ICカードを認識してくれない

再度、e-Taxを「送付」しようとしてもエラーが出てうまくいきません。

 

どうやらICカードリーダーを認識してくれていないようです。

ICカードリーダライタ設定でICカードリーダライタ名称を明示的に「ACS ACR39U ICC Reader 0」に設定しておきます。

 

 

どうもICカードリーダーをよく見てみると緑色のランプが点滅しています。

マニュアルによると緑色のランプが点滅しているのは、ICカードを待機している途中とか?

 

おや?どうやら、カードの向きが逆だった用です。

 

 

正しい方向に刺すと緑色のランプが点灯しました!

どうやら正しくICカードを認識して通信可能な状態になったようです。

 

これは、わからん。。難しいわ。

 

マイナンバーと利用者識別番号のパスワードの違い

マイナンバーを市役所などで登録する際に、マイナンバーカードに対するパスワードを登録します。

 

e-Taxでは利用者識別番号に対する暗証番号を登録します。

 

e-Taxで確定申告する際に、どちらのパスワードも要求されるので間違わないように注意しましょう。

これ、結構大事です。

 

まとめ (無料の会計ソフトfreee、やよいの白色申告オンライン は便利か?)

確定申告に当たっては、いろいろと書類やらパスワードが必要なので、日ごろからどこかにまとめておくことが大切ですね。

機器の認識やらで今回はちょっと苦労しましたが、e-Taxとマイナンバーカードがあれば、書類は自動計算してくれるので便利ですよ~。

 

以下は使ってみると便利なサービスです。ともに個人なら無料です。

 

freee (フリー)

個人事業主の人は無料で使えるクラウド会計ソフトfreeeがあります。

 

 

やよいの白色申告 オンライン

また、フリーランス・個人事業主向け確定申告ソフト「やよいの白色申告 オンライン」は初期費用・月額“ずっと0円“で提供しています。

「やよいの青色申告 オンライン」は”初年度0円キャンペーン”を実施中!

どちらのソフトも無料で確定申告を終わらせることができ、サポート付きのプランも”初年度半額キャンペーン”を実施中です。

小規模法人向け会計ソフト「弥生会計 オンライン」は、起業家向けキャンペーン適用でサポート付きのプランを最大14か月0円です。

 

この記事、お役に立てればシェアしていただけるとうれしいです。

 

コメント