巣蜜、コムハニーを買って食べてみた

巣蜜、コムハニーって知っていますか?

ハチミツ入りの巣のことだそうです。

Honey_comb

スポンサーリンク
スポンサーリンク

巣蜜、コムハニーとは

巣蜜のことを英語では、Honeycombと言うそうです。

これです。

買ってみました。

2808円也。

高いのかどうかよくわからないです。

巣蜜、コムハニーを食べてみた

数日で届きました。

IMG_5084

小さいというのが最初の印象。

IMG_5086

箱から取り出してみました。

IMG_5092

すくって食べてみました。

IMG_5096

食べてみると、ハチミツは甘く、蜜蝋と言われる巣の壁の部分が口に残ります。

蜜蝋はまずくはないけど、おいしくもないというのが印象です。

ミツロウ(蜜蝋、Beeswax、Cera alba)はミツバチ(働きバチ)の巣を構成する蝋を精製したものをいう。蝋は働きバチの蝋分泌腺から分泌され、当初は透明であるが、巣を構成し、巣が使用されるにつれ花粉、プロポリス、幼虫の繭、さらには排泄物などが付着していく。養蜂においてミツロウ以外のものを基礎として巣を構築させた場合、それらがミツロウに混入する可能性もある。精製の方法には太陽熱を利用する陽熱法と、加熱圧搾法とがあり、効率の点では加熱圧搾法のほうが優れている。
(Wikipediaより)

うーん、決してきれいなものではないようですが、自然界にあるものなので気にしないことにします。

image

山田養蜂場から買いましたが、ニュージーランド製なんですね。

日本の需要に供給が追い付かないんでしょう。

現地だと数百円で買えるのかもしれません。

今後も買うかはちょっと微妙なところです。

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。