ICカードリーダ SHARP RW4040/RW5100を使って確定申告(e-Tax)を行う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

確定申告の季節がやってきました。

サラリーマンでも医療費が年間10万円以上ある場合や賃貸マンションの収入等、何らかの収入がある人は確定申告を行いましょう。

私は数年前から、国税庁がやっている確定申告書等作成コーナー(e-Tax)を使ってオンラインで電子申請を行っています。

e-Tax以外に弥生がやっている無料のクラウド申告もお勧めです。

 

 

スポンサードリンク

国税電子申告・納税システム(e-Tax)を使うために準備するもの

国税庁の確定申告書作成コーナーで確定申告するには、パソコン(Windows 7/Mac OS X)、インターネット回線以外に以下のものを準備する必要があります。

 

住民基本台帳カード

住民基本台帳カードは市役所で発行してもらいます。

有効期間は3年間です。

料金は市町村ごとに条例により異なりますが、0円から500円です。

 

image

 

接触型ICカードリーダ

パソコンにUSBでICカードを接続するためのリーダです。

以下のものがお勧めです。

 

 

私はシャープ製で RW-4040 という一世代古い機種を使っています。

これでも問題ないのですが、少し古いです。

付属のソフトはWindows 7に対応していないため、Windows 7のドライバはシャープのダウンロードサイトから取得しています。

 

image

 

スポンサードリンク

e-Taxを使って確定申告の始め方

 

私の場合、去年と別のパソコンを使っているので、ICカードリーダのドライバーをダウンロードしてインストールします。

 

image

 

次に、ICカードリーダをUSBでパソコンに接続します。

 

image

 

正しく接続を認識されたようです。

次に、住民基本台帳カードをICカードリーダーに挿入してみます。

以下のエラーが表示されました。

どうやら別途、「スマートカード」というドライバーが必要なようです。

そこで、Windows Updateを使ってドライバーを検索してみます。
image

しばらくすると「Generic Smart card」というドライバーがインストールされました。

 

image

これで機器の準備は完了しました。

 

スポンサードリンク

公的個人認証サービス利用者クライアントソフトのインストール

次に公的個人認証サービス利用者クライアントソフトをインストールします。

 

http://www.jpki.go.jp/download/index.html からWindowsまたはMacを選択して該当のパソコンの機種に合ったクライアントソフトウェアをインストールします。

 

image

 

ダウンロードを押してインストーラーをダウンロードしてインストールします。

image

 

インストール後、Windowsのスタートメニューから「JPKI利用ソフト」を起動します。

 

image

 

「自分の証明書(U)」を押すとパスワードの入力画面になるので、市役所で住民基本台帳カードを取得した時のパスワードを入力します。

以下のように正しく住民基本台帳の情報が取得できました。

 

image

 

確定申告を行う

 

それでは確定申告を行います。

確定申告はInternet Explorerが推奨されているので、IE10で行います。

https://www.keisan.nta.go.jp/h26/ta_top.htm#bsctrl をIE10で開きます。

「申告書・決算書・収支内容書等 作成開始」を押して資料の作成を行います。

 

image

人によっては、領収書などの数が多くて、資料の作成に時間がかかると思います。

私の場合もそうでしたが、その都度、いったん「保存」して途中まで作成したファイルをパソコンに保存することが出来ます。これは便利。

 

RW-5100 RW-4040 RW-4010 RW-4020はマイナンバーには対応していない

昨年からマイナンバーが導入されました。

mynumber
間もなくマイナンバー制度が始まります。10月からはマイナンバーが通知されます。短期滞在(主に観光ビザ)の外国人以外には、マイナンバーが通知されます。日本に永住権...

 

マイナンバーになると、基本住民台帳カードは無効になります。

また、RW-5100 RW-4040 RW-4010 RW-4020はマイナンバーには非対応です。

 

http://www.sharp.co.jp/support/iccrw/

住民基本台帳用ICカードリーダライタ製品(RW-5100/RW-4040/RW-4010/RW-4020)は、マイナンバー制度により交付される個人番号カードでは、ご利用になれません。
住民基本台帳用ICカードリーダライタ製品(RW-5100/RW-4040/RW-4010/RW-4020)は、Windows® 10ではご利用になれません。

 

 

 

マイナンバーで確定申告を行うには、マイナンバーで交付される個人番号カード対応の下記のカードリーダーを使う必要があります。
NTTコミュニケーションズ 接触型 USBタイプ ICカード リーダーライター ACR39-NTTCom

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] ICカードリーダ SHARP RW4040/RW5100を使って確定申告(e-Tax)を行う http://urashita.com/archives/3037 […]

  2. 甲斐 昇 より:

    お世話になります RW-5100を 5年程使用してますが、少し接触が悪くなったのか ICカードリーダの読み込みが悪く、最後のJPKIの確認を表示が旨くゆかないので
    今年は マイナンバーもありますので 新しい製品にしょうと思っていますが マイナンバーの記入覧が無いようですが以前のままですが、このようで宜しいのですか?     確定申告(e-Tax)に使用します

  3. うらした より:

    RW-5100はマイナンバー非対応です。
    追記しておきました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です