Gitでサーバー側のリポジトリoriginにタグをつける

Git

Gitでサーバー側のリポジトリoriginにタグをつける方法についてまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Gitでサーバーのリポジトリoriginにタグ

ローカルなレポジトリの master ブランチを origin の master ブランチに反映するには次のコマンドを実行します。

デフォルトではタグは送信されないのでタグをつけた場合は

でプッシュします。

これで通常のコミットの送信も一緒に行われます。

--tags では(未送信の)タグがすべて送信されます。

Tortoise Gitでタグをpush

image

Tortoise Gitでタグをサーバー側にpushする際には、オプションとして「Include Tags」にチェックを入れておきます。

デフォルトのままでは、タグはpushされないので要注意です。

image

正しくサーバーリポジトリ(origin)にタグが送信された後で、

リポジトリを「Show log」で表示すると、このように黄色のタグが表示されます。

Gitについてのおすすめの本

↓Gitについてのおすすめの本はコチラ

Git