毛皮 買取 専門サイト

kegawa

あなたは自宅に毛皮を持っていませんか?

私は持っていませんが、ロシアンセーブル、ミンク、チンチラ、リンクスの毛皮は高価で買い取ってもらえますよ。

あなたが毛皮を持っているなら、こう考えるかもしれませんね。

「ノーブランドの毛皮だけど売れるの?」

「水濡れしてしまっているけど大丈夫?」

「虫食いしてしまっているけど売れるの?」

「毛並みにクセがついてしまって使用感があるけど大丈夫?」

「一般のオークションサイトだと相場がわからないし比較出来ないので、騙されて安値で買い取られるのでは?」

「買取のおすすめサイトはあるの?どうしてそこがいいの?」

毛皮の買取サイトを調べてみてわかったのですが、出張鑑定して買取してくれたり、段ボールを無料で送ってくれて単に送るだけで、鑑定してくれるサイトがあるんです。

どうせ使わないなら、まとめて売ってみませんか。

今回は毛皮買取のための口コミ情報をまとめました。

スポンサーリンク

セーブル ミンク チンチラ リンクスとは

セーブル ミンク チンチラ リンクスは毛皮に使われている動物の種類です。毛皮を勉強すると動物の勉強になりますね。

セーブル

sable

クロテン - イタチ科テン属の哺乳類です。
体長35~56cm,尾長12~19cm,体重0.7~1.8kg。
最高級の毛皮獣の一つで、冬毛はセーブルsableと呼ばれ、長く密で手触りつやともによいです。
針葉樹林、広葉樹林のどちらにもすみ、木にも登るがおもに地上でネズミ、リスなどの齧歯(げつし)類を昼夜のべつなく狩りをします。

非常に古くから高級な毛皮を持つ動物として知られてきました。なお毛皮動物としての本種は、クロテンより英名をそのまま読んだセーブルの名で呼ばれることが多いです。

ヌートリア

アルゼンチン原産の大型げっ歯類です。

滑らかで柔らかい褐色の綿毛と、薄茶色の硬くて太い光沢のある刺し毛があります。
抜毛あるいは刈毛して使われることが多く、染色で多くの色を表現することができます。
鏡のような光沢が上品さを演出し、触った感じはとてもシルキーで、シェアード(刈毛)ミンクに似ています。

ミンク

mink

ミンクは、食肉目 イヌ亜目 イタチ科の哺乳類です。
別名、アメリカミンクといい、北アメリカ原産で、世界各地で毛皮動物として利用されています。また、外来種として野外へ定着しています。
頭胴長36-45cm、尾長30-36cm、体重0.7-1.0kg。
雌はやや小型です。
体毛は変化に富み、普通は光沢のある暗褐色で、尾端はやや黒っぽい。

日本では狩猟獣に指定されています。
毛皮は高級婦人用コートなどに利用され、コート1着に30頭以上のミンクが必要になります。

毛皮としては、ダーク、パステル、デミバフ、サファイア、バイオレット、ホワイト、ブルーアイリス、ブラッククロスが出回っています。

サガミンクは、国内で最も流通量が多い毛皮です。
最高級のミンク品質を証明する「サガ」は、毛皮の商標登録のブランドです。
厳しい品質検査に合格した毛皮のみに与えられる称号であり、誰もが憧れる素晴らしいミンクです。

チンチラ

chinchilla

チンチラは、動物界脊索動物門哺乳綱ネズミ目(齧歯類)チンチラ科チンチラ属に分類される齧歯類。
チリ原産の固有種です。
体長25-26センチメートル。尾長17-18センチメートル。体重0.4-0.6キログラム。
尾は太く長い。耳介は大型。毛衣は銀灰色。

リンクス

リンクスとはオオヤマネコのことです。
オオヤマネコ(大山猫)は、ネコ科オオヤマネコ属 Lynx に属する中型獣の総称です。
欧米での呼び方をそのまま用いて、リンクスと称することもあります。
狭義の「オオヤマネコ」は、オオヤマネコ属の種の1つ、ヨーロッパオオヤマネコ Lynx lynx(ユーラシアオオヤマネコ、ヨーロッパリンクス)を指します。

リピキャット、レオパードキャット

レオパードキャットは、和名ではベンガルヤマネコです。
リピキャットは、レオパードキャットの一亜種で毛皮業界における名です。

ベンガルヤマネコ(Prionailurus bengalensis)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)ネコ科ベンガルヤマネコ属に分類される食肉類です。

フォックス

キツネです。
毛皮としては、シルバーフォックス(銀キツネ)、ブルーフォックス(青キスネ)、レッドフォックス(赤キツネ)が市場に出回っています。

ラビット

ウサギです。
毛皮としては、シロウサギ(白色)、チンチラウサギ(灰青色)、ゴマウサギ(灰褐色)、ゴールウサギ(淡褐色、ベージュ色)、クロウサギ(黒色、黒褐色)、ブチウサギ(上記各色の一部分に異なる色が混じっている)。レッキスラビットが出回っています。

ラム

子羊です。
毛皮としては、チベットラム、チキャンラム、カラクールラムが出回っています。

ラクーン

アライグマです。
毛皮としては、アメリカンラクーン、カナディアンラクーンが出回っています。

オボッサム

フクロネズムです。
毛皮としては、アメリカン・オポッサム、オーストラリアン・オポッサムが出回っています。

ヤフーオークション(ヤフオク)で毛皮の買い取りを試みる

yahooauction

使い古した毛皮のコート。

いらなくなった毛皮のコート。

少しでも高い値段で売りたいと思う人は多いと思います。

それでは、毛皮のコートがどれほどの値段で買取してもらえるか調べてみましょう。

ここではヤフーオークション(ヤフオク)を使った例です。

毛皮 コート で検索してみました。

検索結果は9,964です。毛皮のコートというカテゴリはなくて、ファッションというカテゴリに含まれるようです。

  • ファッション(9,964)
    • レディースファッション(9,370)
    • ブランド別(361)
    • メンズファッション(208)
    • ファッション小物(17)
    • 女性和服、着物(5)
    • キッズ、ベビーファッション(3)

さらに、価格帯は次の通りです。

価格帯

  • ~57,999円(8,725)
  • 58,000円~129,999円(613)
  • 130,000円~229,999円(247)
  • 230,000円~376,999円(186)
  • 377,000円~650,999円(118)
  • 651,000円~3,800,999円(75)

さすがに10万円を超えるような高額なものは、ほとんどがショップの製品です。

また、ヤフオクの性格からか高額商品はほとんど売買は成立していないようです。

売買が成立しているものは、ほぼ5万円以下の商品です。

例えば、このサガミンクのコートは22,500円での入札があります。

WS000607

このフォックスのコートは30,000円での入札があります。

WS000606

毛皮という商品はヤフオクなどのオークションサイトで高額で売るのは難しそうです。

状態によって価格が大きく変わるために価格一覧表を見つけるのも難しそうです。

日本全国 毛皮 買取 スピード買取.jp とは

それでは、毛皮の買取専門の業者ではどうでしょうか。

毛皮が手元にかなりの数ある場合、一個一個オークションに出すのは手間がかかりますね。

まとめて、高値で買い取ってくれたり出張買取してくれる、毛皮に精通した業者はないか、毛皮の買取専門の業者を調べてみました。

そこで調べてみた結果、おすすめできるのが株式会社エースが運営している毛皮の買取専門サイトです。

このサイトはいくつかの点で最もおすすめできます。

WS000608
満足価格!毛皮の買取【スピード買取.jp】

まず、運営している株式会社エースの概要は次の通りです。

株式会社エース

会社名 株式会社エース
設立年月日 2001年1月16日
役員構成 代表取締役 畑野 友行
取締役 石川 章太郎
取締役 大谷 絢子
取締役 金子 十司哉
取締役 市川 智久
監査役 笹原 信輔(弁護士)
監査役 平林 尚人(弁護士)
事業内容 高価古物専門買取業
人材紹介業
経営コンサルティング業
資本金 40,000,000円
東京本社所在地 〒160-0004
東京都新宿区四谷4-28-8 PALTビル8F
Tel:03-3359-0830 / Fax:03-3359-0831
E-mail:info@ace-ltd.co.jp / URL:http://ace-ltd.co.jp
従業員数 271名(平成27年5月現在)
経営顧問 サン綜合法律事務所
前田聡税理士事務所
宮嶋 社会保険労務士事務所
大樹リサーチ&コンサルティング株式会社
株式会社SYホールディングス
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
りそな銀行
西武信用金庫
城北信用金庫
免許登録 古物商許可番号:第301041408603号
有料 職業紹介事業許可番号:13-ユ-010597

規模、実績の点で安心できると思います。

WEBで申し込むだけで、最短30分で査定してもらえます。

買取金額については論より証拠です。

実際に、スピード買取.jpの買取実績をご覧ください。

image
(スピード買取.jp より引用)

いかがでしたでしょうか。

あなたがお持ちの毛皮も、実際にスピード買取.jpならこのような価格で買い取ることができます。

「売りたい毛皮はあるけれど、古いから値がつかないんじゃないか・・・」

もしかしたら、あなたはこのように考えているかもしれませんね。

大丈夫です。

先ほどの買取実績にもある通り、
デザインが古くても、サイズが合わなくても、ノーブランドでも
スピード買取.jpなら買い取ってもらえます。

例えば、以下のような毛皮でも、買い取ってもらえます。

  • 破れている毛皮
  • 色落ちしている毛皮
  • 日焼けしてしまった毛皮
  • 臭いがきつい毛皮
  • デザインが古い毛皮
  • サイズが合わない毛皮
  • ノーブランド毛皮
  • 水濡れしてしまった毛皮
  • ずっとしまっていた毛皮
  • ロングコート・ショートコート
  • ショール・肩掛け
  • 虫食いしてしまった毛皮
  • アイロンをかけてしまった毛皮
  • 毛並みにクセがついてしまった毛皮
  • ロシアンセーブルなどの最高級品
  • チンチラなど希少性の高い毛皮

古い毛皮が家のタンスで眠っている人はいるのではないでしょうか?

捨てるのはもったいない。お気軽に相談してみましょう。

「毛皮の買取ならスピード買取.jp 」がおすすめなのは、出張料、宅配料、無料、最速30分買い取りという点です。

また、毛皮を専門に扱っているので、知識、ノウハウがあります。

↓スピード買取.jpの詳細はこちら

満足価格!毛皮の買取【スピード買取.jp】

高額での買取ポイント

point

毛皮のコートをリフォームして、全く他のもの、ストールやバッグに作り直しができるという事を理解しておくと、不当に安い価格で査定された時に見抜く事ができます。査定相手との駆け引きを有利に運ぶ事ができるようになります。
毛皮が製品化されるまでは、30近い工程を経て完成されますが、その製品によっては製品自体の毛皮の特性で、縫製の継ぎ目が製品不良に見える事があります。

例えばこの場合、毛皮の縫い取り部分に起こる抜け毛は、縫製の過程で発生するもので、不良品ではありません。

その毛の始末を再度ドラミングという方法で整えるだけで、毛皮は元に戻ります。毛が抜けているようであれば、購入店に相談するのが最も確実です。
では、毛皮の特徴として、一番問題になるのはどのような点でしょうか。
それは購入後の管理ミスによる虫喰い、皮自体の劣化による破れです。

修復が可能かどうか、判断が出来ない場合は購入店に相談すると、確実なアドバイスを得られます。修復可能かなどを判定してくれますので、なるべく早めに相談します。

このように、毛皮はとても個性が強いものなので、買取業者側にも、そういった場合の対処の仕方に、ノウハウが有るか無いかで違いが出ます。

利用する側も、基本的な毛皮についての特徴を理解し、そして、買取店で実際の利用者がどのような対応であったかがわかる、口コミを参考にすると、より確かな情報を得る事が出来ます。

まとめ

スピード買取.jpは、特にセーブル・ミンク・チンチラ・リンクス等では業界内でもトップシェア級の規模を誇る高価古物買取業です。
↓スピード買取.jpの詳細はこちら


過去有名芸能人をイメージキャラクターに起用したり、大手メディアに取り上げられました。

毛皮を売りたいという人は必見です。

この記事、お役に立ちましたらシェアをお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Translate »