口コミと評判は!?古銭 (コセン) 買取 のスピード買取.jp 東京、大阪、名古屋

古銭買取

古銭の読み方は「こせん」と読み、昔の通貨のことです。

さて、あなたは自宅に古銭を持っていませんか?

私は昔は古い硬貨を集めていたのですが、必要になる都度使ってしまったので今は持っていません^^;

まぁ、古銭と言っても、ギザジュウと呼ばれる昭和26年から昭和33年までに製造された縁にギザギザの入った10円玉ですが。

古銭を沢山持っている人は、こんな風に考えるかもしれませんね。

「古銭って高値で買い取ってもらえるらしいけど、どこで売ればわからない。」

「ヤフオクとかのオークションは知っているけれど、数が多くて出すのがめんどくさい。」

「一般のオークションサイトだと相場がわからないので、騙されて安値で買い取られるのでは?」

古銭、記念硬貨、古紙幣の買取サイトを調べてみてわかったのですが、

古銭の数が多い場合は、出張鑑定して買取してくれたり、

段ボールを無料で送ってくれて単に送るだけで、

鑑定してくれるサイトがあるんです。

それがスピード買取です。

古銭買取 スピード買取の公式サイト

今回は古銭買取のための口コミ情報をまとめました。

古銭、古紙幣、記念硬貨とは

まずは、古銭、古紙幣、記念硬貨の定義ですが、次の通りです。

古銭、古紙幣

古銭というのは、読んで字のごとく「古いお金」の事です。
現在流通はしていませんが、過去にお金として扱われていた「紙幣」「貨幣」の事を「古銭」と呼んでいます。
「古銭」の中には「何かの記念に発行された硬貨」や、「イベントのために発行された硬貨」なども含まれます。
他にも、「何か記念になる様な出来事があった年」に製造された硬貨に価値が生まれ、「古銭」として扱われる事もあります。

昭和62年に作られた500円玉は、数が非常に少なく、277万5,000枚しかありません。
そのため、相場においてはプレミアが付いて高価になっています。
昭和63年に作られた500円玉は1億枚を超えているので、その違いは明白であり、ある種の記念コインと言えます。
もちろん、この他にも高価な相場の物は数多くあり、非常に高額で取引されている記念コインなども存在します。
なぜここまで人気があるのかということについては、人によって意見が違いますが、「その時代に思いを馳せられる」というのが最大の魅力だと言えます。
(http://www.worldheritageru.com/coin05.html)

記念硬貨

記念貨幣(きねんかへい)とは、世界各国で国家的な出来事を記念して発行される貨幣であるが、特に出来事を記念しなくても、シリーズ貨幣として文化遺産や野生動物等を主題とするものもある。
多くが硬貨だが、紙幣で発行される場合もある。
記念通貨(きねんつうか)ともいい、特に硬貨の場合は記念硬貨、記念コイン、紙幣の場合は記念紙幣ともいう。

国の大小を問わず、記念金貨を外貨獲得の手段のひとつとして用いられる場合も少なくない。日本でもオリンピック東京大会の1000円銀貨では1枚あたりの製造コストが約400円であり、オリンピック開催の資金源のひとつとなった。また昭和天皇御在位60年記念10万円金貨では、製造コストが約4万円であり、実質発行枚数が約910万枚(発行額約9100億円)であったため、数千億円が国庫に入った。

日本では未だ記念紙幣は発行されていない。なおD券二千円紙幣は西暦2000年(いわゆるミレニアム)、及び沖縄サミットを契機に発行されたという経緯があり、海外の紙幣カタログなどには記念紙幣として扱われている場合もあるが、法律上は普通紙幣である。
(Wikipedia)

ほぉ。

つまり、古銭や古紙幣はもともと普通に流通していたお金で、当時は額面の金額であったが、今は珍しさの度合いによってはプレミアムがつくこともあるようです。

昭和62年の500円玉なんか、どこかに眠っていませんか?

一方で、記念硬貨は元々は国家が儲けるために発行した硬貨のようです。

通常、貨幣として流通するものではないです。

古銭や記念硬貨を調べてみると、よく出てくる用語でミントセット、プルーフコインという言葉があります。

両者の意味は次の通りです。

ミントセット

ミントセットとは、各国の造幣局が発行する硬貨をケースに収納して販売するためのもので、貨幣セットということもあります。

確実に完全未使用品が入手できるため、コイン収集家に重用されます。

ミントはmintで、貨幣鋳造所、造幣局のことです。

プルーフコイン[proof coin]

プルーフコインとは、新しく発行される硬貨の収集家用特別刻印版です。

数を限定して発売します。

造幣局では、昭和62年から収集のための貨幣として、特別な加工を施した「プルーフ貨幣」を製造しています。
「プルーフ貨幣」は、貨幣をより美しくご覧いただくため、表面を鏡のように磨いたものです。流通している貨幣とデザインは同じで、市中で使用していただくこともできます。
その製造方法は、表面を磨きあげた極印(ハンコのやくめをする金型)を使用する他、模様を鮮明にするため、圧印を2回打ちするなど、特別丁寧に製造しています。
日本の「プルーフ貨幣」は、表面を鏡のように加工し、模様をつや消しにして浮き出させたものです。海外の「プルーフ貨幣」には、表面全てを鏡のように加工しているものもあります。
(http://www.mint.go.jp/buy/coin_mamechishiki_proof01.html)

古銭の手入れ、洗浄方法

洗浄

古銭は売ることが目的の場合、素人が洗浄するのはやめた方がよいでしょう。

価値が下がってしまいます。

後述する専門業者にそのまま持っていくことをおすすめします。

一方、コレクションで楽しむ場合は、ピカピカにしたいですよね。

古銭の洗浄方法は素材によって異なります。

金貨は、決してみがいてはいけません。金は柔らかい金属なので、市販の洗浄液で洗うと落ちてしまいます。

銀貨は、重曹(じゅうそう)を使って磨きます。銀貨に重曹を振り掛け、ちょっぴり水分を加えてペースト状にして、指でなるべく傷がつかないようにゆっくり磨きます。

銅貨は、レモン汁を垂らして、塩を振り掛けるとすぐにピカピカになります。十円玉で試してみるとよいでしょう。

金貨以外の硬貨には、メガネなどを洗う超音波洗浄機を使ってもよいです。

お札は、おろし大根を両面に塗って放置し、その後大根がお札の汚れを吸い取って黒ずんだら大根を落としてアイロン掛けをするとよいです。

古銭の相場、種類

古銭の相場、種類はどのぐらいあるのでしょうか?

古銭に限らず、基本、商品の値段は需要と供給で均衡価格が決まります。

つまり、額面とは無関係に珍しいもの、希少で人が欲しいものは価格が高くなります。

相場表のようなものをネットから見つけることが出来ませんでしたが、唯一、http://www.saganokosen.jp/index.html

というサイトでは一部の硬貨や紙幣についての価格が記載されています。

たとえば、

平成12年の二千円札が6800円

とありました。

古銭相場表

(http://www.saganokosen.jp/index.html)

これ以外の硬貨、紙幣の価格を調べるには、次に説明するヤフオクでの買取実績を調べるのがよいでしょう。

ヤフーオークション(ヤフオク)で古銭の販売を試みる

ヤフオク

自宅にいつからあるかわからないような古銭。

少しでも高い値段で売りたいと思う人は多いと思います。

それでは、古銭がどれほどの値段で買取してもらえるか調べてみましょう。

ここではヤフーオークション(ヤフオク)を使った例です。

古銭で検索してみました。

検索結果は72,249です。

アンティーク、コレクションの中で貨幣というカテゴリに含まれるようです。

  • 貨幣(72,249)
    • 硬貨(57,174)
    • 紙幣(11,949)
    • 地金(1,369)
    • 本@
    • その他(1,757)

さらに、価格帯は次の通りです。

価格帯

  • ~83,999円(69,801)
  • 84,000円~168,999円(1,271)
  • 169,000円~272,999円(556)
  • 273,000円~468,999円(323)
  • 469,000円~880,999円(182)
  • 881,000円~33,300,999円(116)

古銭というカテゴリは人気のあるカテゴリであるためかどうか、高額な入札はかなりあります。

ざっと見たところでも

現在価格440万円の商品

もあります。

ヤフオク

これはスゴイですね。

海外の珍しい古銭は高額で売れるんでしょうか。

続いて

昭和62年の500円玉

です。

ヤフオク

倍の980円で実際に入札がありますね。

「ミント出し」と書いてあるところで、完全未使用であることがわかります。

続いて

昭和62年の50円玉

です。

ヤフオク

なんと10倍の590円で入札があります。

日本全国 古銭 買取 スピード買取.jp とは

古銭が手元にかなりの数ある場合、一個一個オークションに出すのは手間がかかりますね。

まとめて、高値で買い取ってくれたり出張買取してくれる、古銭に精通した業者はないか、古銭の買取専門の業者を調べてみました。

そこで調べてみておすすめできるのが、古銭の高価買取専門 スピード買取.jpは株式会社エースが運営している古銭の買取専門サイトです。

このサイトはいくつかの点で最もおすすめできます。

スピード買取

↓公式サイトはコチラ

古銭・記念硬貨の出張買取ならスピード買取.jp

まず、運営している株式会社エースの概要は次の通りです。

株式会社エース

会社名 株式会社エース
設立年月日 2001年1月16日
役員構成 代表取締役 畑野 友行
取締役 石川 章太郎
取締役 大谷 絢子
取締役 金子 十司哉
取締役 市川 智久
監査役 笹原 信輔(弁護士)
監査役 平林 尚人(弁護士)
事業内容 高価古物専門買取業
人材紹介業
経営コンサルティング業
資本金 40,000,000円
東京本社所在地 〒160-0004
東京都新宿区四谷4-28-8 PALTビル8F
Tel:03-3359-0830 / Fax:03-3359-0831
E-mail:info@ace-ltd.co.jp / URL:http://ace-ltd.co.jp
従業員数 271名(平成27年5月現在)
経営顧問 サン綜合法律事務所
前田聡税理士事務所
宮嶋 社会保険労務士事務所
大樹リサーチ&コンサルティング株式会社
株式会社SYホールディングス
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
りそな銀行
西武信用金庫
城北信用金庫
免許登録 古物商許可番号:第301041408603号
有料 職業紹介事業許可番号:13-ユ-010597

規模、実績の点で安心できると思います。

WEBで申し込むだけで、最短30分で査定してもらえます。

また、買取金額については、スピード買取.jpの買取実績をご覧ください。

スピード買取
(スピード買取.jp より引用)

いかがでしたでしょうか。

あなたがお持ちの古銭も、実際にスピード買取.jpならこのような価格で買い取ってもらうことができます。

売りたい古銭はあるけれど、汚れているから値がつかないんじゃないか・・・

もしかしたら、あなたはこのように考えているかもしれませんね。

大丈夫です。

先ほどの買取実績にもある通り、
汚れていても、折れていても、曲がっていても、
スピード買取.jpなら買い取ってくれます。

例えば、以下のような古銭でも、買い取ってくれます。

  • 記念硬貨
  • 金貨・銀貨・銅貨
  • 海外金貨(ウィーン金貨・メープルリーフ金貨など)
  • 硬貨入りアルバム
  • 遺品整理で出てきた古銭・記念硬貨・小判
  • 大判(大正大判・慶長大判・万延大判・享保大判など)
  • 小判(慶長・元禄・宝永・正徳・享保など)
  • 丁銀・貿易銀・豆銀・露銀
  • イーグルコイン
  • 貨幣セット
  • 古い紙幣・旧札・グループ貨幣
  • 汚れが目立つ硬貨
  • 海外効果(海外コイン)

古銭が家の貯金箱で眠っている人はいるのではないでしょうか?

お気軽に相談してみましょう。

「古銭・記念硬貨の買取ならスピード買取.jp 」がおすすめなのは、出張料、宅配料、無料、最速30分買い取りという点です。

東京でも大阪でも名古屋でも出張してくれますよ。

スピード買取

また、古銭を専門に扱っているので、知識、ノウハウがあります。

↓スピード買取.jpの詳細はこちら

古銭・記念硬貨の出張買取ならスピード買取.jp

まとめ

自宅の貯金箱や箪笥をあさってみましょう。

古銭が見つかった場合、大切にとっておきたいものか換金したいものか考えてみましょう。

大切にとっておくなら、洗浄するか、そのままにするか、の2者択一です。

換金したいなら、ヤフオク見てみるのもいいですが、面倒なら、スピード買取.jpに連絡してみましょう。

スピード買取.jpは、特に古銭・記念硬貨・大判小判・古紙幣等では業界内でもトップシェア級の規模を誇る高価古物買取業です。

↓スピード買取.jpの詳細はこちら



過去有名芸能人をイメージキャラクターに起用したり、大手メディアに取り上げられました。

古銭を売りたいという人は必見です。

この記事、お役に立ちましたらシェアをお願いします。

出張可能エリア

北海道(札幌)
青森・秋田・岩手
宮城(仙台)・山形・福島
東京・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川(横浜)・山梨
長野・新潟
富山・石川・福井
静岡・愛知(名古屋)・岐阜・三重
京都・滋賀・奈良・和歌山・大阪・兵庫(神戸)
岡山・広島・山口・鳥取・島根
香川・徳島・高知・愛媛
福岡(博多)・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島
沖縄