YouTubeのイースターエッグ 「Beam me up, Scotty」「Use the force, Luke」

これまで、以下のイースターエッグをまとめてみました。

Google検索のイースターエッグ、Googleの面白い隠しコマンド (斜め、一回転、重力など)
Googleマップのイースターエッグ、Googleマップのイースターエッグ 面白い場所 ネッシー、ドラゴン

今回は、YouTubeのイースターエッグを調べてまとめてみました。

イースター・エッグ(Easter egg)とは、コンピュータのソフトウェア・書籍・CDなどに隠されていて、本来の機能・目的とは無関係であるメッセージや画面の総称である。ユーモアの一種である。 多くの場合、企画・開発スタッフの一覧などが隠されているが、ゲームなどの場合もある。アニメーションや音楽を伴って表示されることもある。
これらを「イースター・エッグ」と呼ぶのは、キリスト教の復活祭の際に、装飾した卵(イースター・エッグ)をあちこちに隠して子供たちに探させる遊びにちなむ。
(Wikipediaより)

面白いのでお試しあれ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

YouTubeでBeam me up, Scottyと検索

YouTubeで「Beam me up, Scotty」と検索すると、スタートレック宇宙大作戦の転送装置風に検索結果が表示されます。

image

「チャーリー、転送を頼む」 Beam me up, Scottyは有名なキャッチフレーズのひとつです。

チャーリー、転送を頼む(チャーリー、てんそうをたのむ、Beam me up, Scotty、転送してくれ、スコッティ)は、SFテレビシリーズ『スタートレック』の最初の作品である『宇宙大作戦』から生まれた言葉である。作品中で、宇宙船エンタープライズ号の船長である主人公のカークがどこか他の場所からエンタープライズ号へ転送帰還するとき、機関主任のチャーリーに発する命令に由来している。
(Wikipedia)

実際にBeam me upが使われているシーンはこちらです。

YouTubeでUse the force, Lukeと検索

YouTubeで「Use the force, Luke」と検索すると、画面がぐにゃぐにゃになります。

「Use the force, Luke」は「ルーク、フォースを使え」です。

image

image

フォースを使わないと操作出来ないです。

YouTubeでDo the Harlem Shakeと検索

YouTubeで「Do the Harlem Shake」と検索すると、画面が次々に伝播して踊り出します。

ハーレム・シェイク(Harlem Shake)とは、2013年に発生したインターネット現象およびインターネットミームの一種です。

インターネット・ミーム(Internet meme)とはインターネットを通じて人から人へと、通常は模倣として拡がっていく行動・コンセプト・メディアのことである。その主な例としては公共の場所で寝ころぶ写真を投稿すること(プランキング)や、ハーレムシェイクという集団で踊るショートビデオのアップロードなどが挙げられる。 またこれらのインターネットユーザーによる拡散行動を商業的に利用する手法の一例としてバズマーケティングへの利用などがある。
(Wikipediaより)

image

image

周りのみんなが踊っていると、自分も踊らないといけないって感じますよね。

YouTubeでdoge memeと検索

doge は dog(犬)のスラングで、dog のスペルをわざと崩したものです。
meme(ミーム)は流行言葉のことです。

YouTubeで「doge meme」と検索すると、検索結果ページのフォントが Doge画像で愛用されるカラフルな Comic Sans に変更されます。

検索前

image

doge memeで検索後

image

おお、きれい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Google検索のイースターエッグ、Googleの面白い隠しコマンド (斜め、一回転、重力など)
Googleマップのイースターエッグ、Googleマップのイースターエッグ 面白い場所 ネッシー、ドラゴン

に続いてYouTubeも遊び心いっぱいですね。

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。