UNIX(Linux)のシェルの種類と機能、役割

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

shell

 

UNIX(Linux)でシェルとは、コマンドラインインターフェースのことです。

いわゆるコマンドラインで、命令を実行する際に使うインターフェースというかプロセスです。

 

MS DOSという、Windows以前のOSでは、COMMAND.COMというのが、コマンドラインインターフェースでした。

 

それでは、UNIX(Linux)には、どんなシェルがあるのが見てみましょう。

 

スポンサードリンク

sh (Bシェル, ビーシェル)

sh は、Bourne シェル(ボーンシェル)のことです。

AT&Tのベル研のスティーブン・ボーン(Stephen R. Bourne)によって開発されました。

初期のUNIXの標準シェルでした。

 

スポンサードリンク

csh (Cシェル、シーシェル)

csh は、サン・マイクロシステムズの共同創業者の一人である、ビル・ジョイによって開発されたシェルです。

サン・マイクロシステムズについては以下をご覧ください。

IT業界では、一時代に注目されたけれど消え去ってしまった企業が沢山あります。そんなこんなで、IT業界のパラダイムのシフトについては以下にまとめました。http:...

 

C言語に似たシェルスクリプトを実行させることが出来ることからCシェルと呼ばれるようになりました。

BSD系のUNIXの標準シェルです。

 

スポンサードリンク

tcsh (TCシェル, ティーシーシェル)

tcsh は、Cシェルの上位互換のあるシェルです。

FreeBSD 4.1以降の標準シェルであり、FreeBSDの流れを組むMacOSでもMac OS X v10.2までは標準のシェルでした。

MacOS でもv10.3以降は、Linuxの標準シェルであるBashがデフォルトのシェルとなりました。

 

ksh (Kシェル, ケーシェル, コーンシェル)

ksh は、AT&Tのディビット・コーン(David Korn)よって開発された、SVR系のUNIXの標準シェルです。

IBMのUNIXであるAIXのデフォルトのシェルも ksh です。

 

Bash (バッシュ)

Bash は、GNUプロジェクトによるシェルで、Bourne Again の頭文字です。

初期のUNIXのシェルである Bourne Shell の生まれ変わり (born again) にひっかけた名前です。

 

Bash は1987年、ブライアン・フォックスによって開発されました。

Bashは、Linuxの多くのディストリビューションの標準のシェルであり、Mac OS X v10.3以降の標準シェルです。

 

ちなみに、Windows 10でもAnniversary Update後、Ubuntu の Bash が使えるようになりました。

Anniversary Updateについては以下をご覧ください。

2016年8月2日、マイクロソフトからWindows10の2回目の大型アップデート「Windows10アニバーサリーアップデート(AnniversaryUpda...

 

 

今後、新たに覚えるとしたら広く普及している Bash でよいと思います。

 

 

シェルの機能、役目

シェルの役目は、キーボードから入力されたコマンドを解釈して、実行し、実行結果を返すことです。

つまりシェルは、ユーザーとUNIXのOSのコアであるカーネルの間にたつインタープリタです。

 

シェルには、コマンドを実行する以外に、ヒストリー機能やコマンド補完機能があり、便利になっています。

 

また、シェルにはパイプやリダイレクションの役目もあります。

パイプやリダイレクションについては以下にまとめました。

標準ストリーム(StandardStreams)標準ストリームとは、UnixやWindowsのコマンドプロンプトにおいて、プログラムとその実行環境において事前に...

 

 

まとめ

今後シェルを勉強するとしたら、Bash を勉強しましょう。

 

↓Bash についての参考書は沢山ありますね。
bash

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です