消滅した(Defunctした)IT企業

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

defunct

 

IT業界では、一時代に注目されたけれど消え去ってしまった企業が沢山あります。

そんなこんなで、IT業界のパラダイムのシフトについては以下にまとめました。

pichart
どのような世界にも栄枯盛衰はあります。特にパソコン業界は動きの激しい業界です。日々新しい企業が生まれては消えていきます。動きを止めたり、道を間違えるとすぐに衰退...

 

ところで、私の思い出に残っている消え去ってしまった(英語ではDefunctと言う)IT企業の一部をご紹介しましょう。

 

スポンサードリンク

デジタル・リサーチ (Digital Research)

Drinc

 

デジタル・リサーチ社は、1974年にゲイリー・キルドールによって創設されました。

8ビットパソコン時代のオペレーティングシステムでは、デファクトスタンダードだったCP/Mの開発元として有名な会社です。

 

ところが、IBMとCP/Mの次バージョンのライセンスをめぐって機密保持契約にサインをしなかったために、IBMとの交渉は決裂し、結果として1981年に発売されたIBM PCのOSとしてデジタル・リサーチのOSは採用されませんでした。

そして代わりに、IBM PCのOSとしてマイクロソフトのMS-DOSが採用されたことは、IT業界では有名な逸話になっています。

当時、マイクロソフトのビル・ゲイツはOSを開発すらしていなかっために、シアトル・コンピュータ・プロダクツ(SCP)のティム・パターソンが開発した86-DOS オペレーティングシステム(別名QDOS)を5万ドルで購入しました。

そして、ポール・アレンが86-DOSをIBMのハードウェアに対応させて出荷したそうです。

 

この出来事がデジタルリサーチとマイクロソフトのその後の行方を決める分岐点となります。

 

16ビット時代を迎えるとデジタル・リサーチは、マイクロソフトのMS-DOSの競合としてDR-DOSといったオペレーティングシステムを出荷しましたが、ついにはマイクロソフトを超えることはありませんでした。

デジタル・リサーチ社は1991年にノベルに買収されました。

 

 

スポンサードリンク

ゴー社 (GO Corp)

GO Corp.は、1988年に創設されたペンOSを開発していた企業です。

16ビットのDOSが主流だった時代に、32ビットベースで、しかもすべてオブジェクト指向で設計されたPenPointというOSを開発して販売していました。

ただ、PenPointをそっくりまねたマイクロソフトのWindows for Penとの戦いに敗れ、1994年に廃業しました。

 

 

スポンサードリンク

ロータスデベロップメント (Lotus Development)

lotuslogo

 

ロータスデベロップメントは、1982年にミッチ・ケイパーとジョナサン・ザックスによって創設されました。

DOS時代には、デファクトスタンダード言えるLotus 1-2-3というスプレッドシートを開発しました。

また後に、CEOとなるジム・マンジやロータスノーツ(Lotus Notes)開発の父であるレイ・オジーなど著名な人物も輩出しました。

レイ・オジーは後にマイクロソフトのCTOにもなった著名なソフトウェアアーキテクトです。

 

ロータスノーツとそのサーバーであるドミノは1990年代、デファクトスタンダードと言えるグループウェアでした。

 

Lotus SuperOffice (オフィススイート)として、以下の製品をリリースしました。

  • ロータス 1-2-3 (Lotus 1-2-3) -(表計算ソフト)
  • アミプロ (Lotus AmiPro) - ワープロソフト
  • ワードプロ (Lotus WordPro) - ワープロソフト(AmiProの後継)
  • フリーランス (Lotus Freelance) - プレゼンテーションソフト
  • アプローチ (Lotus Approach) - 関係データベース
  • オーガナイザー (Lotus Organizer) - 個人情報管理ソフト

 

ただ、これらの製品はWindows時代はExcelとWordを擁するマイクロソフトオフィスの牙城を崩すことはできませんでした。

その後、ロータスデベロップメントは1995年に32億ドルでIBMに買収されました。

 

 

サイリックス (Cyrix)

Cyrix_logo.svg

 

サイリックスは、1988年にジェリー・ロジャーによって創設されたCPUプロセッサメーカーです。

インテル互換の安価なCPUを製造、販売しており日本でも一時期よく、インテル製のCPUをアップグレードするためのCPUとして販売されていました。

実は私も買ったことがあります。

 

もともとテキサスインスツルメント出身の技術者で構成されていたためか、テキサスインスツルメントと長い間トラブルを抱えていたようです。

インテルと著作権上のトラブルを抱えていた以外に、低価格路線の市場ではアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)とも競合したことから、サイリックスは長い間存続することはありませんでした。

サイリックスは1997年にナショナルセミコンダクターに吸収されました。

 

 

ネクスト・ソフトウェア (NeXT, Inc.、Next Computer, Inc.、Next Software, Inc.)

220px-NeXT_logo.svg

 

ネクストは、アップルを辞めたスティーブジョブズが1985年に創設しました。

ネクストキューブというハードウェアと、GUIに優れたネクストステップ(NextStep)というOSを開発していました。

その後、ネクストソフトウェアは1997年にアップルに買収されました。

 

商業的には成功しなかったネクストですが、NextStepはUNIXを源流に持ち、また、現在まで続くMacOS Xの源流でもあります。

また、ネクストは、OPENSTEPというAPIや、世界初の企業向けWebアプリケーションフレームワークWebObjectsの開発でも知られています。

 

意外に知られていませんが、世界最初のWEBサーバーは、NEXTの上で作られました。

詳細は以下にまとめました。

internet_earth
この記事の親記事は以下です。http://urashita.com/archives/11788現在はパソコンもスマホもインターネットに接続して使うのが一般的で...

 

 

ネットスケープコミュニケーションズ (Netscape Communications)

200px-Netscape_logo.svg

 

ネットスケープコミュニケーションズは1994年、ジム・クラークとマーク・アンドリーセンらによって創設されました。

ジム・クラークはシリコングラフィクスの創業者としても知られています。

マーク・アンドリーセンは、イリノイ大学内のNCSA在籍中に、ウェブブラウザ Mosaic を開発したことでも知られています。

 

ネットスケープコミュニケーションズのネットスケープナビゲーターというWEBブラウザは、1994年当時、市場シェア80%を超えるデファクトスタンダードのブラウザとなり、ネットスケープ自身も1995年にNASDAQに上場しました。

その後、ネットスケープは、いわゆる第一次ブラウザ戦争でマイクロソフトのインターネットエクスプローラーに敗れ、経営が傾いていきます。

ネットスケープコミュニケーションズは、1998年にアメリカンオンライン(AOL)に買収されました。

 

商業的には成功しなかったネットスケープですが、その後のWEBの世界に影響する数々の功績を残しています。

例えば、ブラウザ上で動作するプログラミング言語であるJavaScript、RDF/RSS、 SSL といった根幹技術を生み出しています。

また、オープンソースで公開されたネットスケープナビゲーターは、その後、Firefoxへと引き継がれていきます。

 

 

ディジタル・イクイップメント・コーポレーション (Digital Equipment Corporation))

200px-Digital_556-flattened4.svg

 

DECは、歴史が古く1957年にケン・オルセンによって創業された会社です。

PDPシリーズでミニコンという分野を開拓し、1970年代から1980年代の初頭はIBMに次ぐ、世界第2位のコンピューターメーカーでした。

VAXや、Alphaと呼ばれるプロセッサを開発し、ハードウェアからOSまで製造していました。

著名人ではWindows NTを開発したデヴィッド・カトラーも輩出しています。

DECは、パソコン業界にも大きな影響を与えましたが、ミニコン市場は1990年代後半、安価で高性能なUNIXサーバーに浸食され、経営は大きく傾きます。

結果として1998年、当時世界最大のパソコンメーカーであったコンパックに買収されました。

 

 

コンパック・コンピューター (Compaq Computer)

compqa

 

コンパックは1982年に創設されたパソコンメーカーです。

IBM PC/AT互換のパソコンを製造し、1990年代には世界最大のパソコンメーカーとなりました。

 

1998年には、当時会長だったエッカード・ファイファーは、IBMやHP(ヒューレット・パッカード)のような総合ITベンダーをめざしDECを買収しました。

その後、会長になったマイケル・カペラス時代には、インターネットの波について行けず、業績は低迷しました。

そしてコンパックは、2002年に242億ドルでヒューレット・パッカードに買収されました。

 

ただ、当時、創業家のウォルター・ヒューレットも含めてヒューレット・パッカード内ではコンパックの買収には反対意見が多かったようです。

パソコンの利益率が低迷している時代に、パソコンメーカーを買収することは自殺行為と考えたのです。

実際のところ、コンパックの買収は成功とは言い難く、当時のヒューレット・パッカードの女性会長だったカーリー・フィオリーナは2005年には解任されました。

 

 

IBMの元会長ルイス・ガースナーの著書「巨像も踊る」によると、コンパックの身売り話はIBMにもあったようです。

ただ、既にパソコン事業が重荷になっていたIBMが手を出すことはありませんでした。

 

 

サン・マイクロシステムズ (Sun Microsystems)

1024px-Sun_Microsystems_logo.svg

 

サン・マイクロシステムズは、1982年にアンディ・ベクトルシャイム、ビル・ジョイ、スコット・マクネリ、ビノッド・コースラによって創設されました。

サン・マイクロシステムズは、1990年代、ワークステーションの分野ではデファクトスタンダードと言えるブランドでした。

RISCプロセッサであるSPARC、ソラリス(Solaris, 元々はSunOS)というUNIX OS、Network File System(NFS)、プログラミング言語であるJavaの開発などで特に顕著な業績を残しており、技術力に定評のある会社でした。

また、2008年にはデータベース会社であるMySQL ABを買収し、MySQLも手に入れました。

 

「The Network Is The Computer」という商標も持っています(https://docs.oracle.com/javase/jp/1.4/guide/versioning/spec/SMICopyright.html)。

it_terminal
IT業界の名言・格言をまとめてみました。ムーアの法則集積回路上のトランジスタ数は「18か月(=1.5年)ごとに倍になる」世界最大の半導体メーカーIntelの創設...

 

サン・マイクロシステムズは、技術をオープンにする会社であったためか、2005年以降、Linuxサーバーとの競争が顕著になり業績は悪化しました。

商用のOSであるSolarisは、オープンであるLinuxに対して優位性がなく、また、オープンで大成功したJavaも商業的に利益を上げるのは難しかったのではないでしょうか。

そして、2010年、オラクルに74億ドルで買収されました。

 

 

シリコングラフィックス (SGI、Silicon Graphics)

160px-Sgilogo

 

シリコングラフィックスコンピューター(後にSGIという社名に変更)は、1981年にジム・クラークによって創設されました。

3Dグラフィックスの分野では特に強く、IRISというワークステーションを発売していました。

1992年にCPUメーカーであるミップス・テクノロジーズ(MIPS Technologies)を買収し、1996年にはスーパーコンピューターメーカーであるクレイ・リサーチ社を買収しました。

また、OpenGLというグラフィック業界ではデファクトスタンダードとなるAPIを開発しました。

 

1991年公開の映画「ターミネーター2」や1993年公開の「ジュラシックパーク」などはSGIの技術協力のおかげと言われています(https://www.sgi.com/company_info/overview.html)。

 

ターミネーター2については以下もご覧ください。

usj
このたび、USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)のユニバーサル・エクスプレス・7ザ・フライング・ダイナソーを使ってUSJに行ってきました。このチケット、魔法がか...

 

 

そんなSGIでしたが、2000年以降、安価で高速なパソコンが普及すると自社ブランドのワークステーションの優位性が崩れ、徐々に会社が傾いていきます。

そして、2006年と2009年の2回、Chapter 11という連邦倒産法第11章を提出して倒産します。

日本人には、2回倒産するということ自体が理解に苦しむ現象ですが、アメリカのChapter 11というのはそういうものなんでしょう。

 

そして、SGIは2016年、ヒューレットパッカードエンタープライズ(Hewlett Packard Enterprise)に買収されました。

2回倒産して、なおも買収されるとは、日本人の感覚では全く理解できませんね。

 

 

トランスメタ (Transmeta)

Transmeta_logo

 

トランスメタは1995年に創設されたCPUプロセッサメーカーです。

VLIW(Very Long Instruction Word)を使い、低消費電力のCPUを製造していました。

Crusoe、Efficeonなどの製品を出荷しており、2000年ごろはノートパソコンで革命を起こすと言われていたこともありました。

また、Linuxの開発者であるリーナス・トーバルズ(Linus Torvalds)など著名人を雇用していたことでも有名です。

 

トランスメタはドットコムバブル時代の2000年にはNASDAQに上場しましたが、製品のリリースが遅れたことや、インテルとの訴訟で市場での競争力はなくなっていきます。

特に2003年以降、省電力市場でもインテル、AMDが同様の製品をリリースこともあり、ほぼ市場価値はなくなっていきます。

 

トランスメタは2008年、ビデオプロセッサを手掛けるNovaforaによる買収されました。

 

 

パーム (Palm, Inc.)

パームは1992年にジェフ・ホーキンスによって創設されました。

携帯情報端末(PDA)という分野を開拓し、ハードウェアとしてのPalm、OSとしてのPalm OSを開発していました。

日本ではシャープのザウルスというPDAがありましたが、一方、世界に目を向けると、1990年代の後半、パームはデファクトスタンダートと言えるPDAでした。

パームは2001年にBe社のBeOSを買収しました。

 

その後、パソコンの小型化とともに売り上げは減少し、スマホの出現と共に市場での競争力はなくなりました。

OS部門であったPalm OSは2005年に日本のACCESSに買収されました。

パーム本体は、2010にヒューレットパッカードに買収されました。

 

モトローラ motorola

moto

モトローラは1928年創業の米国の電子・通信機器メーカーです。

かつては、半導体で 初の32ビットMPU "MC68000" を発売したりして、インテルとも競合することがありました。

イリジウムを使って全地球をカバーする衛星通信ネットワークを構築したりもしました。

 

そんなモトローラですが、現在は、モトローラ・ソリューションズとモトローラ・モビリティへ分割されてたようです。

 

モトローラ・ソリューションズは、官公庁や公衆安全に関する製品・サービスを提供しています。

 

モトローラ・モボリティは現在はレノボの傘下にあります。

そんなモトローラ・モボリティが日本でも発売しているスマホが、Moto G3rdです。

smartphone
先日、キャセイトライテックのarpas01mという格安スマホを買いました。http://urashita.com/archives/11913今回、訳があって同...

 

 

 

まとめ

いやぁIT企業の栄枯盛衰は激しくて面白いね。。

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です