格安スマホ モトローラMoto G3世代(モトローラ G3)を買ってレビューした。価格は?スペックは?口コミ情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

smartphone

 

先日、キャセイトライテックのarp as01mという格安スマホを買いました。

smartphone
知る人ぞ知る的で、あまり一般人には有名ではないですが、キャセイ・トライテック株式会社製のスマートフォンarpas01mを購入したのでレビューしました。このスマホ...

今回、訳があって同じものをもう一台買おうと思ったのですが、なんと、売り切れで売っていません。

 

 

そこで、2GB以上のRAMがあって、16GB以上のROMがあって、Android 6.0が動作するなるべく安いSIMフリーのスマホを探してみました。

 

そんな中で見つけたのが、Motorola 3rd(第3世代、モトローラG3) 価格:12,800円(税込 13,824円) 送料無料 です。

↓NTTレゾナが運営しているgoo Simseller(グーシムセラー)で売っています。
SIMカード・SIMフリー端末

 

goo Simsellerは、Amazonや楽天なんかよりも安く格安スマホ端末が手に入るし、gooポイントもたまってめっちゃお特です。

 

スポンサードリンク

モトローラ G3 (Motolora G3rd)とは?スペック?

モトローラの歴史は古く元は1928年創業のアメリカ合衆国の電子・通信機器メーカーです。

IT分野では、MC6800などのプロセッサー、CPUの製造企業としても有名です。

現在は、二つの独立した公開会社であるモトローラ・モビリティ及びモトローラ・ソリューションズに分割されています。

このうち、モトローラ・モビリティは、現在は、中国のパソコン大手レノボの傘下にあります。

 

モトローラ G3は、このレノボ傘下のモトローラ・モボリティの製品のようです。

 

モトローラ G3のスペックは以下の通りです。

OS Android 6.0 Marshmallow OTAアップデート対応
Android Lollipop 5.1.1(出荷時)
CPU Qualcomm Snapdragon 410 (MSM8916)
1.4 GHz quad-core CPU,
Adreno 306 with 400 MHz GPU
ROM / RAM 16GB / 2GB
外部メモリ micro SDHC / 最大32GB
サイズ 約142.1mm x 72.4mm x 6.1-11.6mm
重量 約155g
ディスプレイ 5インチHD 720p (TFT, 294 ppi), Corning® Gorilla® Glass 3
バッテリー 2470mAh
カメラ アウトカメラ1,300万画素(CCT機能とdual-LED flashサポート)
インカメラ500万画素
ネットワーク LTE:B1(2100) / B3(1800) / B7(2600) / B8(900) / B28(700) /B40(2300)
W-CDMA:B1(2100) / B5(850) / B8(900) / B19(800)
GSM:850, 900, 1800, 1900
SIM マイクロSIM, デュアルSIMスロット(両者LTEサポート)
※同時に1つのSIMスロットのみ利用可能
WiFi 802.11 b/g/n (2.4 GHz)
防水 IPX7 防水機能※1
Bluetooth Bluetooth® 4.0LE

 

値段1万円強でRAM 2GB、ROM 16GBなので、まずまずのスペックではないでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

モトローラ Moto G3を買ってみた

↓Moto G3をNTTレゾナが運営しているgoo Simseller(グーシムセラー)から買いました。
SIMカード・SIMフリー端末

 

お値段は、12,800円、おそらくアマゾンとかで買うよりはるかに安いです。

 

 

dsc01175

 

 

箱を開けてみたところ。

dsc01178

充電ケーブルはマイクロUSBからAC電源を直接取るタイプです。

 

 

私としては、「マイクロUSB(オス)⇔USB(メス)」タイプの方が、パソコンやモバイルバッテリーから充電できるので良かったのですが。

つい最近、以下のモバイルバッテリーを買っていました。

battery
このたび、以下のスマホ(arpas01m)を買ったのですが、ポケモンGOをやっていると、どうしてもバッテリーが足りなくなります。http://urashita....

 

 

 

dsc01179

 

 

左側が、キャセイトライテックのarp as01m、右側が今回購入したMoto G3です。

dsc01180

同じ5インチディスプレイなのですが、Moto G3の方が少し小さ目に感じます。

 

 

同じく、左側がarp as01m、右側がMot G3です。arpはツルっとしていますが、Motoはザラザラしています。

dsc01184

 

 

上がarp as01m、下がMoto G3です。arpがスリムなのに対して、Moto G3は少し太った感じです。

Moto G3のマイクロUSB 電源口は下側についています。

dsc01195

 

 

Moto G3の裏蓋を開けてみました。

dsc01196

マイクロSIMが2個とマイクロSDカード1枚がささります。

 

この機種の特徴として防水仕様になっています。

裏蓋をキッチリ絞めると、多少の水に使っても大丈夫なようです。

 

 

スポンサードリンク

Moto G3が使える格安スマホ

Moto G3を格安スマホで使うなら、OCNモバイルONEが一番のおすすめです。

NTTコミュニケーションズが運営しているので安心感があります。
月額972円(税込)からのLTE「OCN モバイル ONE」【NTTコミュニケーションズ】

 

OCN以外なら、iijもよいです。
IIJmio(みおふぉん)

 

私はインターネット回線がiijだったので、iijmioの方を使うことにしました。

 

Moto G3を使ってみた レビュー

さっそく、マイクロSIMを1枚 Moto G3に挿して使ってみます。

 

左側がarp as01m、右側がMoto G3です。

dsc01204

画面のタッチ感や明るさなどは大きく変わりません。

どちらも見やすいです。

 

 

arpは、ボタンの配列が少し変わっていてキャンセルが右下ボタンでしたが、Moto G3は普通にキャンセルボタンは左下でした。

 

 

 

おや。防水カバーエラーがでました。

screenshot_2016-11-09-12-36-53

これ、よく出来ているなと思った機能の一つで、防水カバーのチェック機能。

ちゃんと裏蓋をしめていないとエラーが出ます。

 

水に落としてスマホがダメになった経験のある人には、おすすめ出来る機種です。

 

 

あと、購入時のAndroidのバージョンは5.1.1(ロリポップ)でしたが、6.0(マシュマロ)にバージョンアップ可能です。

screenshot_2016-11-09-12-41-31

 

 

 

screenshot_20161109-134529

 

Android 6.0を安く試したい人にもおすすめ出来ます。

 

Moto G3ケース

格安スマホで悩ましいのは、スマホカバー、ケース類が少ないことですね。

ヨドバシカメラとか大手の量販店にはiPhone用のケースは大量にありますが、数ある格安スマホ用のケースはなかなか見つかりません。

 

 

↓のようにAmazonなどで見つけるしかないようです。

 

Moto G3 ケース

 

売れているのはこのタイプです。

 

 

モトローラ Moto G4とは

ところで、モトローラ Moto G4は2016年7月に発表されて販売されています。

 

モトローラG4のスペックは以下の通りです。

製品名 Moto G4 Plus
カラー ブラック / ホワイト
OS Android™ 6.0
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 617(MSM8952) 1.5GHz Octa core
ROM/RAM 32GB / 3GB
外部メモリ micro SD(最大128GB)
サイズ 約152.9mm x 76.5mm x 7.87mm(カメラ部:9.78mm)
重量 約157g
ディスプレイ 5.5インチ、1920×1080(Full-HD)
CORNING® GORILLA® GLASS3
バッテリー 3,000mAh TurboPower™ ※1
カメラ アウトカメラ1,600万画素 / インカメラ500万画素 (広角84°)
ネットワーク LTE:B1 / B3 / B5 / B7 / B8 / B19 / B20 / B28 / B40
W-CDMA:B1 / B2 / B5 / B8 / B19
GSM:850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
SIM マイクロSIM × 2
※本体装着済みの純正SIMアダプタによりナノSIMも利用可能
※デュアルSIMスロット(両スロットLTEサポート)
※デュアルSIM同時待受け対応、両者LTEサポート
※LTEは同時に1つのSIMスロットのみ利用可能
WiFi 802.11a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Bluetooth® 4.1LE+EDR
センサー 指紋認証、加速度計、ジャイロスコープ、環境光センサー、
近接センサー、センサーHub

 

価格は3万5800円ですが、価格の割には性能はよいと思います。

 

 

まとめ

格安スマホを格安で買うには、アマゾンとか量販店よりもグーシムセラーがおすすめです。

↓半額ぐらいで買えます。
goo SimSeller

 

 

最後まで読んでいただきありがとうござました。

この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です