ERROR 2006 (HY000) at Line 19418: MySQL server has gone away

MySQL

MySQLで

ERROR 2006 (HY000) at Line 19418: MySQL server has gone away

という発生したエラーの回避方法をメモしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ERROR 2006 (HY000) at Line 19418: MySQL server has gone away

WordPressでバックアップしたデータベースのファイルをリストアしようとしたときに下記のエラーが表示されました。

仕方がないので、mysqlのコマンドラインからデータベースのバックアップファイルを読み込むことにしました。

うーん、やっぱりエラーが出ます。

どれも似たような問題なんでしょうか。

以下の単語から調べてみます。

ERROR 1231 (42000)
Variable 'time_zone' can't be set to the value of 'NULL'
Variable 'sql_mode' can't be set to the value of 'NULL'
Variable 'foreign_key_checks' can't be set to the value of 'NULL'
Variable 'unique_checks' can't be set to the value of 'NULL'
Variable 'character_set_client' can't be set to the value of 'NULL'
Variable 'collation_connection' can't be set to the value of 'NULL'
Variable 'sql_notes' can't be set to the value of 'NULL'

解決策:my.cnfにmax_allowed_packet = 32Mを追加

調査した結果、/etc/my.cnfの[mysqld]の中でmax_allowed_packetのサイズを変更するだけで修正できるようです。

この後、MariaDBを再起動します。

今度は、データベースファイルをリストアするとエラーがなくなっていることがわかります。

魔法のようです。

プログラミングの無料レッスン体験

約8,000名の受講生と80社以上の導入実績のあるプログラミングやWebデザインのオンラインマンツーマンレッスンCodecamp

<Codecampの特徴>

1 現役エンジニアによる指導

2オンラインでのマンツーマン形式の講義

3大手企業にも導入されている実践的なカリキュラム

↓無料体験レッスン実施中です。

プログラミングのオンラインスクールCodeCamp