Windows 2008 Server 64bit版にApache、Java、Tomcatをインストールしてみました

Apache

Windows 2008 Server 64bit版にApache、Java、Tomcatをインストールしてみました。

今回は安定した実績のある環境を構築するために少し古いバージョンをインストールしてみました。

インストール方法は次の通りです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Apache 2.2.25のインストール

最近のApacheは2.4系が主流になりつつありますが、実績の点で、まだまだ、2.2系を使っている人は多いと思います。

今回は、安定で実績のある環境を構築するという趣旨のために、Apache 2.2.25をインストールしてみました。

Windows 2012 Serverは64bitですが、Apacheの公式サイトにはWindows版の正式インストーラーは32bit版しか存在しないようです。

今回は、公式版を使いたいのでApacheは32bitを使います。

Apacheは32bitですが、WindowsのWOW(Windows On Windows)で動作するので問題ありません。

64bitでなくて大丈夫かと不安になる人もいるようですが、32bitのApacheを使っても、速度が遅くなるとか、機能が低いとかいうことはありません。

ApacheのWindows版のインストーラーにはopensslがつくものとつかないものがありますが、基本的にはopensslつきのインストーラーを使ってよいと思います。

openssl版ではSSLでのログインに対応しているようです。

httpd-2.2.25-win32-x86-openssl-0.9.8y.msiを実行しました。

Apache

上記の画面にて「Next」を押下しました。

Apache

上記の画面にて「Next」を押下しました。

Apache

上記の画面にて「Next」を押下しました。

Apache

上記の画面にて「Next」を押下しました。

Apache

上記の画面にて「Next」を押下しました。

Apache

上記の画面にて「Next」を押下しました。

Apache

上記の画面にて「Install」を押下しました。

Apache

上記の画面にて「Finish」を押下しました。

以上の作業で

C:\Program Files (x86)\Apache Software Foundation\Apache2.2

以下のフォルダにApacheが正常にインストールされました。

Windowsの64bit版に32bitのアプリケーションをインストールすると

C:\Program Files (x86)

にインストールされますが、特に問題ありません。

Javaのインストール

TomcatはJavaで動いているのでTomcatよりもさきにJREをインストールします。

JavaのサイトからJREのインストーラーをダウンロードします。

Javaについても最近の主流はJRE7ですが、今回は実績のあるJRE6をインストールします。

インストーラーとしてjre-6u22-windows-x64.exeを実行しました。

Java

上記の画面にて「実行」を押下しました。

Java

上記の画面にて「インストール(I)」を押下しました。

Java

Java

上記の画面にて「閉じる」を押下しました。

以上の作業でC:\Program Files\Java\jre6以下のフォルダにJavaが正常にインストールされました。

Pathの設定

Windowsのコントロールパネルから新しいユーザー変数JAVA_HOMEを設定しました。

Path

上記のように設定し「OK」を押下しました。

システム変数Pathを編集し、%JAVA_HOME%binを追加しました。

Path

上記のように設定し「OK」を押下しました。

Tomcatのインストール

apache-tomcat-6.0.35.exeを実行しました。

Tomcat

上記の画面にて「実行」を押下しました。

Tomcat

上記の画面にて「Next」を押下しました。

Tomcat

上記の画面にて「I Agree」を押下しました。

Tomcat

上記の画面にて「Next」を押下しました。

Tomcat

上記の画面にて「Next」を押下しました。

Tomcat

上記の画面にて「Next」を押下しました。

Tomcat

上記の画面にて「Install」を押下しました。

Tomcat

以上の作業で

C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 6.0

以下のフォルダにTomcatが正常にインストールされました。

httpd.confの設定

C:\Program Files (x86)\Apache Software Foundation\Apache2.2\bin

にてコマンドラインから

C>httpd –l

を実行しhttpdの静的モジュールを確認しました。

httpd

C:\Program Files (x86)\Apache Software Foundation\Apache2.2\conf\httpd.conf

を以下のように修正しました。

mod_headers.so、mod_proxy.so、mod_proxy_ajp.so

のコメントを外し有効化しました。

D:\Apache\logsというフォルダを作成しました。

ログの出力先を修正しました。またログをローテートするように修正しました。

CGIを使用出来ないように既存の設定をコメントアウトしました。

httpd-mpm.conf、httpd-info.conf、httpd-default.confのコメントを外し有効化しました。

C:\Program Files (x86)\Apache Software Foundation\Apache2.2\conf\extra\httpd-default.conf

を以下のように修正しました。

KeepAliveTimeoutを10秒に設定しました。

C:\Program Files (x86)\Apache Software Foundation\Apache2.2\conf\extra\httpd-mpm.conf

を以下のように修正しました。

ThreadsPerChildを1200に設定しました。

Tomcatの設定

Apache Tomcat 6.0 Tomcat6 Propertiesを起動しました。

Tomcat

Startup typeを「Automatic」に変更し「適用」を押下しました。

Tomcat

Log pathを「D:\Tomcat\logs」に変更し「適用」を押下しました。

Tomcat

Tomcat

Java Optionsに
-Djava.awt.headless=true
-Xms4096m
-Xmx4096m
-Xmn896m
-XX:MaxPermSize=1024m
-XX:PermSize=1024m
-Dsun.nio.cs.map=x-windows-iso2022jp/ISO-2022-JP

を追加し「適用」を押下しました。

C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 6.0\conf\server.xml

を以下のように修正しました。

簡易サーバーの無効化設定を行いました。

デフォルトでは動作しているため、コメントアウトを行いました。

ajpコネクタの定義を記述しました。デフォルトで存在する定義に記述を追記しました。

C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 6.0\conf\tomcat-users.xml

を以下のように修正しました。
Tomcat Managerログインの設定を行いました。

C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 6.0\conf\ logging.properties

を以下のように修正しました。
ログの出力先の変更を行いました。

以上で、Apache、Tomcatのインストールと設定が完了しました。

Apache Tomcat についてのおすすめの本

↓ApacheやTomcatについてのおすすめの本はコチラ

Apache Tomcat