CentOS 7(Linux)にDrupal 6 (ドルーパル)をインストールする手順

サーバー

Drupal(ドルーパル)は、フリーでオープンソースな高機能なコンテンツマネジメントシステム(CMS)です。

このたび、CentOS 7にDrupalをインストールしてみましたので、インストール手順をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Drupalとは

Drupalは一般人には馴染みが薄いですが、

WordPressが、個人向けのブログ用CMSなのに対して

Drupalは、企業サイト、会員サイトではよく使われているようです。

以下の記事でCMSの世界シェアを載せています。

世界のコンテンツマネジメントシステム(CMS)のシェアを調べて比較
今日はコンテンツマネジメントシステム、CMSのシェアの話題です。 コンテンツマネジメントシステム(CMS)とは?C...

Drupalは、WordPressの次に多く使われているCMSと言ってよいでしょう。

Drupalの公式サイトは、

https://www.drupal.org/

です。

Drupal日本の公式サイトは、

http://drupal.jp/

です。

Drupalをインストールしてみた

CentOS 7にDrupal 6をインストールしてみました。

Drupalの最新バージョンは7のようですが、日本の公式サイトではバージョン6と書いてあるので今回は、バージョン6をインストールしてみました。

CentOS 7にMariaDBとPHP関連の必要なソフトをインストールします。

# yum install -y mariadb mariadb-devel mariadb-server
# yum install -y php php-devel php-pecl-apc php-pear php-gd php-dom

MariaDBでDrupal用のデータベースを作成します。

# mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MariaDB monitor. Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 3
Server version: 5.5.41-MariaDB MariaDB Server
Copyright (c) 2000, 2014, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.
Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.
MariaDB [(none)]> create database drupal_db;
MariaDB [(none)]> grant all privileges on drupal_db.* to drupal@localhost identified by 'drupal';
MariaDB [(none)]> flush privileges;
MariaDB [(none)]> exit;

これで、Drupal用のデータベースが作成されました。

Apacheをインストールして、サービスに登録して起動します。

# yum -y install httpd
# systemctl enable httpd.service
# systemctl start httpd.service

Drupal 6を公式サイトからダウンロードします。

image

drupal-6.34-japanese_034.tgz というファイルがダウンロードされました。

展開してデプロイします。

# tar -zxvf drupal-6.34-japanese_034.tgz
# mv drupal-6.34 drupal
# mv drupal /var/www/html

/var/www/html/drupal

というディレクトリにDrupal 6が展開されたました。

次にブラウザで、http://(サーバーのIPアドレス)/drupal を開いてみます。

下記の画面が表示されます。

このまま順番にインストールを進めます。

最初の

「Select an installation profile」

では「日本語プロフィール」を選択して「save and continue」を押します。

image

順にインストールを進めると、下記のデータベースの設定画面に移ります。

データベース名: drupal_db
データベースのユーザ名: drupal
データベースのパスワード: drupal

と入力して「保存して次へ」を押します。

image

インストールを続けると「サイトの環境設定」に移ります。

サイト名、

サイトのメールアドレス、

管理アカウントのユーザー名、

メールアドレス、

パスワードを入力します。

image

そのままインストールを続けるとインストールが正常に完了します。

image

WordPressと変わらないぐらい簡単にインストール出来ました。

たくさんあるプラグイン

Drupalには、数多くのサードパーティ製のプラグインが存在します。

以下のサイトから検索できます。

https://www.drupal.org/project/project_module

今回、会員サイトを作ろうと、

「Oraganic groups」

というプラグインをインストールしてみます。

プラグインは、

https://www.drupal.org/project/og

からダウンロードします。

image

ダウンロードしたファイルを展開して、

/var/www/html/drupal/sites/all/modules

に配置します。

その後、

「管理セクション」⇒「サイトの構築」⇒「モジュール」

で「update.php」を押してみます。

image

「Views」とか一部不足モジュールが見つかるので、今度は「Views」をプラグインから見つけてインストールしてみましたが、以下のエラーが出てしまいうまくいきません。

strict warning: Non-static method view::load_views() should not be called statically in /var/www/html/drupal/sites/all/modules/views/views.module on line 1076

今回のOrganic groupsの調査は

いったんここまでにすることにしました。

Drupalのファーストインプレッション

Drupalは、会員サイトやEコマースなどには向いていると思います。

プラグインも多数あり、やりたいことを満たすプラグインは見つけやすいと思います。

NASAやFirefox、ホワイトハウスでも使われていることから、信頼がおけるCMSと言えるでしょう。

月100円(税抜き)から使える格安の

ロリポップ! レンタルサーバーでは、Drupalのインストールガイドもあります。

http://lolipop.jp/manual/blog/drupal/

Drupalはサイト構築の候補として考慮する価値のあるCMSです。

さくらのVPSサーバー

↓月額685円からの低価格&高パフォーマンスのVPS、さくらのVPSはコチラ

SSDプランが月々685円から使える!さくらのVPS