SQLiteでオートインクリメント(AUTOINCREMENT)をリセットする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SQLiteはMySQLやOracleなどと違って、クライアントサーバー型ではなくてファイル単位でDBを扱える簡易データベースです。

簡易ながらもリレーショナルデータベースの機能を持ち、データ構造が必要なアプリケーションと共に配布するにはとても便利です。

スポンサードリンク

ユニークキーをAUTOINCREMENTで指定

SQLiteでこんな感じでテーブルを設計したとします。

CREATE TABLE "DateTable" (
Id    INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT UNIQUE,
Date    DATE NOT NULL
);
DateTableにDateが挿入されるたびに、ユニークキーIdは自動的に更新されます。

ここで、オートインクリメントされるキーは、SQLiteがシステムで持つsqlite_sequenceというテーブルに格納されます。

スポンサードリンク

オートインクリメントのリセット

テストなどを行う都度、オートインクリメントをリセットします。

リセットするには以下のようにします。

sqlite> delete from sqlite_sequence where name='DateTable';

 

最後まで読んでいただきありがとうござました。

この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です