Synology DiskStation Manager (DSM)でコマンドラインからユーザーやグループを追加、削除する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日から、Synology DiskStation NAS DS215jを使っています。
このNASには、DiskStation Manager(DSM)というLinuxベースのOSが付属するのですが、基本、GUIでの操作になります。
GUIは便利で分かりやすいですが、例えば、一括で100人ユーザーを作るとか、100個のグループを追加するといった操作には不便です。
今回、DiskStation Manager(DSM)にてコマンドラインからユーザーやグループを追加、削除する方法を調査してみました。

スポンサードリンク

DiskStation Manager(DSM)にsshでポート22から接続する

まず、DiskStation Manger(DSM)のコントロールパネルから、「SSHサービスを有効化する」にチェックを入れます。

image

ユーザー名をroot、パスワードをadminと同じものを使ってsshで接続してみます。

私は、Poderosaというsshのクライアントソフトを使っているのですが、接続してみると以下のエラーが出ました。

WS000256

Server does not support diffie-hellman-group1-sha1 for keyexchange

原因はわかりませんが、キー交換で失敗しているようです。

やむをえず、Cygwinのコマンドラインからsshで接続してみます。

今度は接続できました。

スポンサードリンク

DiskStation Manager(DSM)でコマンドラインからユーザー、グループの追加

ユーザーの追加は、synouserというコマンドを使います。

このコマンドを使えば、バルクでユーザー追加が可能になります。
以下のような感じのコマンドをつなげればよいです。

 

グループの追加は、synogroupというコマンドを使います。

このコマンドは以下のようにして使います。

このコマンドを使えば、グループの追加もグループへのユーザーの追加もバルクで行うことが可能です。

スポンサードリンク

まとめ

DiskStation Manager(DSM)はベースがLinuxなので、lsやcdなどの基本的なLinuxコマンドは使えます。
mkuserやadduserなどは使えませんでした。

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です