SynologyのNASを使っていて、Dropboxで"_DiskStation_日付_conflict"というファイルが作成されてしまう

Synology

SynologyのNASでCloud SyncというDropboxのクライアントを使っています。

Windows側でDropboxで同期しているExcelのファイルを保存すると、必ず、"_DiskStation_日付_conflict"というキモいファイルが作成されてしまいます。

今回、これまでの経緯と原因を調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SynologyのNAS、DSMとCloud Syncのバージョンアップ

Synology NASのOSであるDiskStation Manager(DSM)のこれまでのバージョンは5.2でした。

最新版である6.0は、2016年3月24日にリリースされました。

現時点での最新は、DSM 6.0-7321です。

5.2から6.0へはかなり大きな変更が行われたようです。

主な変更点は次の通りです。

  • 64bitアーキテクチャへの対応
    4GB以上のメモリを利用可能。処理速度も向上

  • Btrfsのサポート(バターエフエス)
    クォータ、スナップショットなどに対応。データ整合性も自動的にチェックする最新ファイルシステム

  • モジュラー化
    一部のビルトインアプリをモジュラー化。メンテナンスとアップデートの柔軟性を向上

  • バックアップ機能の強化
    ブロックレベルの差分保存でストレージを有効活用。65535バージョンの保持。低負荷のスナップショット。クラウドへのバックアップ/レプリケーションに対応

  • スナップショットと複製
    共有フォルダーのスナップショットが可能に。ほかのサーバーへの共有フォルダーやLUNの複製にも対応。フェイルオーバーも可能

  • 2種類の仮想化に対応
    コンテナ型のDocker DSM、完全仮想化のVirtual DSMに対応。ライブマイグレーションもサポート

  • MailPlus/MailPlus Server
    Synology NASをプラットフォームとしたプライベートクラウドメールサービス。ロードバランスやSpamフィルターに対応。スマートフォン向けアプリも提供

  • スプレッドシート
    Synology NASをプラットフォームとしたプライベートクラウドオフィスアプリ。表計算シートを社内で共有。ラベル管理なども可能

  • File Station
    700以上のファイル、メタデータに対応した高度かつ高速な全文検索機能。ドキュメントビューアーも備えるうえ、オンラインでファイルを収集するリクエストも可能に

  • Video Station 2.0
    インターフェイスを刷新。オンライン/オフライントランスコーディングに対応。アプリもWindows 10 Mobileなど多彩なプラットフォームに対応。Chromecastへの動画配信に対応

  • Cloud Station
    2段階認証のサポート。バージョニングアルゴリズムの刷新。同時ファイル転送数を1万に増強。パフォーマンスの向上。任意の同期フォルダーの選択が可能に。ダウンロードのみのタスクを追加

  • セキュリティ機能
    有線での802.1x認証サポート。ファイアウォールルールをポート単位で構成可能

  • パフォーマンス
    最大12ドライブのSSDキャッシュに対応

DSM 5.0から6.0への変更に伴い、多くのアプリケーションがそのままで動かなくなりました。

アプリケーションの方もバージョンアップが必要になります。

例えば、Dropboxなどのクラウド系のストレージとの同期ソフトであるCloud Syncは1.0から2.0へのバージョンアップが必要になります。

Cloud Syncの方も大きく変更が行われました。

変更点は以下の通りです。

Version: 2.0-0716

(2016/03/24)

  1. Synchronize a specified folder on the public cloud with a folder on Synology NAS.
  2. Configure multiple sync tasks in a single connection.
  3. Sync a folder to multiple public cloud destinations.
  4. Choose never to remove the data on the destination.
  5. Supports read-only shared folders.
  6. Supports encrypted shared folders.
  7. You can now customize the number of files to be concurrently uploaded/downloaded.
  8. You can now convert Google Docs to Microsoft Office or jpeg formats in download-only tasks to keep an offline backup copy.
  9. Last modified time of synced files will be updated to Dropbox.
  10. Now advanced consistency check can be disabled.
  11. Supports creating a new remote folder during task creation.
  12. Supports application privilege settings by group and IP.
  13. Added support for:
    • Microsoft OneDrive for Business and Office 365
    • Microsoft OneDrive’s new API
    • HiDrive
    • Amazon S3 Standard - Infrequent Access storage class
    • Amazon S3 Seoul region
  14. Reorganizes the order of public cloud services by device location.
  15. Supports OpenStack keystone v3.
  16. Now offers Windows and Linux decryption tools for data recovery.
  17. Optimized memory usage.

DSMとCloud Syncのバージョンアップ後、"_DiskStation_日付_conflict"というファイルができる

私は、WindowsでDropboxのクライアントを使っています。

また、Synology NAS側でもDSMのCloud SyncでDropboxのファイルを同期しています。

この場合、Windowsで同期されたExcelファイルを保存すると、割とすぐに、NAS側にも同期されます。

DSM 5.2とCloud Sync 1.0を使っていた頃は、ファイル数が多くなったりすると同期が滞ったり、なんか遅かったりするのですが、DMS 6.0とCloud Sync 2.0になってからは、速くなったように感じます。

一方で、WindowsでExcelを保存すると、

必ず、"_DiskStation_日付_conflict"というファイルが作成されるようになってしまいました。

単なる一時ファイルのようですが、保存するたびに作成されるので、毎回、消さないといけません。

同じ問題らしきものを調べてみると、以下の現象を見つけました。

https://forum.synology.com/enu/viewtopic.php?f=235&t=116606

Re: CloudSync renaming all my local files with "...conflict."

Postby pabby » Mon Apr 04, 2016 11:04 am

Similar problem here.
Linked a share to sync with Amazon Cloud Drive and after each file is uploaded the local file got renamed to filename_DiskStation_[date]_Conflict.
Turning off "Enable advanced consistency check" appears to fix it for Amazon Cloud Drive tasks.

どうやら、Cloud Sync 2.0から導入された「advanced consistency check」(高度な整合性チェックを有効にする)が影響しているようです。

高度な整合性チェックを有効にしない方がよさそうです。

image

注意点として以下の点があります。

「高度な整合性チェックを有効にする」オプションはデフォルトで有効になっています。

また、一度、この設定のまま接続を作成すると、後から変更できないようです。

変更するには、接続を削除して、再作成が必要になります。

なかなか面倒ですが、仕方ないです。

追記:Google Driveと異なり、Dropboxにはこの設定がなかった。どうしよう。。。?

SynologyのNASを買うには

↓SynologyのNAS製品を買うにはコチラ

Synology