LPS リポポリサッカロイドを摂取する方法 イミニ リペアセラム

本日、テレビで「日本一受けたい授業」を見ていたら、LPS、リポポリサッカロイドという聞きなれない言葉を知ったので調べてみました。

リポポリサッカロイド(LPS)研究の第一人者は杣源一郎先生です。

WS000407

(imini公式オンラインショップより引用)

スポンサーリンク

LPS、リポポリサッカロイドとは?

Wikipediaには以下の説明が書いてありました。

リポ多糖(リポたとう、英: Lipopolysaccharide, LPS)は、グラム陰性菌細胞壁外膜の構成成分であり、脂質及び多糖から構成される物質(糖脂質)である。LPSは内毒素(エンドトキシン、英: Endotoxin)であり、ヒトや動物など他の生物の細胞に作用すると、多彩な生物活性を発現する。LPSの生理作用発現は、宿主細胞の細胞膜表面に存在するToll様受容体 (Toll-like Receptor、TLR) 4 (TLR4) を介して行われる。

うーん、よくわからないですね。。。。

さらに調査すると次の記述を見つけました。

自然界において、LPSは腸内細菌に由来するほか食用植物や漢方薬にも付着している。経口・経皮のLPSの自然摂取では毒性はなく、むしろ免疫系の成熟・調節に寄与していることを示す報告もある。たとえば、乳幼児期におけるLPSの自然摂取が、アレルギー体質になることを防いでいること、生体内抗菌物質を誘導することで抗生物質耐性菌の繁殖を予防すること、マウスにおける実験でLPSをインフルエンザの舌下ワクチンに添加することでIgGのほかIgA抗体の産生を高め予防効果が高いこと、皮膚では、LPSのシグナル伝達が皮膚の創傷治癒やアレルギー抑制に必須であることなどが報告されている。さらに、炎症を抑制的に制御する制御性T細胞(Treg細胞)はLPSの刺激を受けることで、好中球の炎症誘導を抑制することが報告されている。尚、外界との接点に存在する腸管マクロファージや皮膚のランゲルハンス細胞はLPSで刺激しても炎症性サイトカインを誘導しないことが報告されており、LPSは生理的作用として生体恒常性維持に働く側面がある。

ほぉ、リポポリサッカロイドを摂取することは体の免疫によい影響を与えるようです。

リポポリサッカロイドを積極的に摂取することにより免疫力が高まり病気になりにくい体を作ることが出来ます。

リポポリサッカロイドを多く含む食材ベスト5は次の通りです。

  1. 玄米
  2. メカブ
  3. レンコン
  4. ヒラタケ
  5. イワノリ

また、「そば」も外皮以外がすべて含まれた全粒粉のそば粉を使ったつなぎなしの十割そばを使うとリポポリサッカロイドがかなり摂取できることが分かっています。

これだけの成分、なんで今まで注目されなかったのでしょうか?

肌本来の力を強く引き出すパントエア菌LPS(リポポリサッカライド)は、東京大学名誉教授(元東京大学副学長)水野傳一薬学博士らにより、30年以上に渡り研究が進められてきました。
2011年には米国、仏の研究者がLPS(リポポリサッカライド)等による自然免疫の仕組みを明らかにし、ノーベル生理学医学賞を受賞。
現在日本では、香川大学医学部統合免疫システム学プロジェクト研究を発端に、産官学の連携で、美容、医療など様々な視点から、更なる研究が進められています。

なんだ、ノーベル医学生理学賞を取っているのですね。なんか納得。

LPS(リポポリサッカライド)はさまざまな食品に含まれています。

私たちが食している素材にも含まれているLPS(リポポリサッカライド)。

その中でも、特に和漢成分にLPS(リポポリサッカライド)含有が高いことが分かっています。

それは和漢成分の製法が、余計なことをせず、素材をそのまま乾燥しているからなのだと考えられています。

【 食用・薬用植物中のLPS(リポポリサッカライド)含量(μg/g) 】

明日葉 13.8
ゴーヤチップ 0.2
桑の葉(粉末) 1.1
大麦若葉(粉末) 0.5
ケール(粉末) 0.2
ほうれん草(粉末) 1.3
ワカメ(乾燥) 21.2
メカブ(粉末) 42.8
クロレラ(市販健食) 0.2
キノコ菌糸体抽出物(市販健食) 0.8
蕎麦外層粉 5.9
小麦フスマ(市販健食) 8.8
小麦胚芽(市販健食) 7.5
シイタケ末(市販健食) 2
発芽大麦ファイバー(市販健食) 3
渋柿(発芽食品) 17.1
ドクダミ(乾燥) 5.5
鬱金(和漢) 30
人参(和漢) 50
柴胡(和漢) 40
甘草(和漢) 30
葛根(和漢) 30

参考文献:Chem.Pharm.Bull.40,998-1000(1992)/ジャパンフードサイエンス52:55-59(2013)

なんとなく苦手な食材が多いなぁ。 

LPS、リポポリサッカロイド配合の化粧品、スキンケア ボディクリーム

更に調べてみると、すでにリポポリサッカロイド配合の化粧品、スキンケアボディクリームがあります。

調べる限り化粧品に応用しているのはココぐらいです。

以下の商品です。

株式会社ディノス・セシール
パントエア菌LPS化粧品 imini(イミニ)リペアセラム

です。

TVで今話題の「LPS(リポポリサッカライド)」は、菌のちからで年齢肌へアプローチ。

パントエア菌LPS化粧品でハリ・弾力。

1本5役(化粧水+美容液+乳液+クリーム+化粧下地)
オールインワン しっとり潤う乳液タイプ

イミニ リペアセラム 50ml 初回半額 2,500円(税抜)

【ここがすごい!パントエア菌LPSの実力】
その1 年齢肌に必要なヒアルロン酸をサポート
その2 肌本来の力を引き出すパワーがスゴイ!
その3 肌なじみが良く、しっかり浸透
その4 シリコンを使わない製法へのこだわり
その5 たったこれだけでスキンケア完成!1本5役オールインワン

【定期お届けサービス嬉しい特典】
特典1 2回目以降も20% OFF
特典2 毎回送料無料
特典3 いつでもお休み、解約OK
LPS研究の第一人者「杣 源一郎(そま げんいちろう)博士」が日本テレビ「世界一受けたい授業(2/20)、(4/2)」へ出演。

肌本来の力を強く引き出すパントエア菌LPSは、美容と医療の両面から注目され更なる研究が進められています。

パントエア菌LPSとはこんなものなんです。

肌本来の力を強く引き出すパントエア菌LPS(リポポリサッカライド)は、東京大学名誉教授(元東京大学副学長)水野傳一薬学博士らにより、30年以上に渡り研究が進められてきました。
2011年には米国、仏の研究者がLPS(リポポリサッカライド)等による自然免疫の仕組みを明らかにし、ノーベル生理学医学賞を受賞。
現在日本では、香川大学医学部統合免疫システム学プロジェクト研究を発端に、産官学の連携で、美容、医療など様々な視点から、更なる研究が進められています。

今話題のLPSを配合した「イミニ リペアセラム」です。

他詳細は公式サイトへ・・・
公式サイトはコチラ

0214024006



最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Translate »