ssh port forwarding(sshポートフォワード)を使って直接アクセス許可のないLinuxサーバーのXクライアントを起動する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

ssh port forwarding(sshポートフォワード)はすばらしい

たまに、インターネット上にある直接アクセス許可のないLinuxサーバーのXクライアントを起動したい時があります。
例えば、外部にホスティングされているお客さんのLinuxサーバーにOracleをGUIでインストールしたい時です。
ローカルにあるLinuxサーバーなら、Gnome端末などから、

とすれば、そのままインストールできます。ところが、

  • ローカルWindowsからはTARGETサーバーにsshでアクセス許可がない
  • ローカルWindowsからはTARGETサーバーにsshアクセス許可のあるサーバーにはアクセス可能である

というケースの場合、TARGETサーバーにOracleをGUIインストールしたい場合、「さて、どうしたものか?」ということになってしまいます。

こういったときに、自身はTARGETサーバーにアクセス許可はなくても、TARGETサーバーにsshアクセス許可のあるサーバーを踏み台にして、Xクライアントを起動することができます。
これが、sshのport forwardingというテクニックです。
sshのport forwardingを使えば、ローカルのWindows端末にTARGETサーバーのXクライアントを起動することができます。

スポンサードリンク

ssh port forwarding(sshポートフォワード)を使って直接アクセス許可のないLinuxサーバーのXクライアントを起動する方法

次のようなことを実現します。

image

以下のものを事前にインストールしておきます。

  • ローカルWindowsにCygwinをX Serverも含めてインストール(Windowsで動作するX Serverであれば何でもいいと思います)

Windows端末から、「スタートメニュー」 → 「Cygwin-X」 → 「XWin Server」を起動します。

image

その後、X端末から以下のコマンドでアクセス許可のあるサーバーににssh port forwardingを使ってログインします。

次に、その端末から、TARGETサーバーにログインし、DISPLAY環境変数を設定します。
その後、TARGETのサーバーのXクライアントを起動します。

アクセス許可のないTARGETサーバーのXクライアントアプリがローカルのWindows端末で起動することを確認できます。

GW-00714

 

これはすばらしいかも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です