MobaXterm (WindowsのX11 SSHクライアント) の日本語化、ダウンロード、使い方

スポンサーリンク
Windows

Windowsで使える sshターミナルソフト MobaXterm の日本語化、使い方についてまとめてみました。

MobaXterm (モバックスターム) とは

MobaXtermは、WindowsやMacで動くターミナルエミュレーターです。

BusyBoxベースでXサーバーの機能を持っています。

 

↓MobaXtermの公式サイトはコチラ

https://mobaxterm.mobatek.net/

 

 

MobaXtermの読み方は、モバックスタームです。

MobaXtermには有料版と無料版がありますが、無料版あってもかなり機能豊富です。

 

 

無料版の設定画面を見てみました。

SSH、Telnet、Rsh、Xdmcp、RDP、VNC、FTP、SFTP、Serial、File、Shell、Browser、Moshの機能があると書かれています。

 

 

MobaXtermが、他のターミナルエミュレーターと比べて優れている点として、X11のサーバー機能を持っている点にあると思っています。

また、sshのポートフォワード機能を使って自動的に接続しているようなので、WindowsパソコンからLinux端末ににsshでログインして、そのままで、LinuxのXクライアントを実行することが出来ます。

 

このようなことは、コンソールベースのターミナルエミュレーターでは、明示的にsshのポートフォワードを使って接続しないと出来ませんでした。

↓sshのポートフォワーディングについては以下にまとめました。

https://urashita.com/archives/859

 

私は、これまでは、TeraTerm、Poderosa というターミナルエミュレーターを使っていたのですが、MobaXtermを使い始めてからは、こちらを主に使うようになりました。

 

MobaXtermのダウンロード、インストール

MobaXtermは、以下のサイトからダウンロードしてインストールします。

日本語版のインストーラーはありません。

 

↓MobaXtermのインストーラーのダウンロード

https://mobaxterm.mobatek.net/download-home-edition.html

 

zip形式のインストーラーをダウンロードしてから、unzipで解凍します。

unzip後、実行形式のインストーラーをそのまま実行するだけで、インストールされます。

MobaXtermではUTF-8のみ、Shift JIS、EUCは使えない

MobaXtermで使える文字コードはUTF-8のみです。

Shift JIS、EUCは使えません。

 

Shift JISやEUCを使いたい場合は、MobaXterm の代わりに Teraterm や Poderosa を使うしかありませんね。

MobaXtermの日本語化、日本語入力

MobaXtermは、Mobatekというフランスの会社の製品のようです。

 

↓Mobatekの公式サイト

https://www.mobatek.net/

 

メニューの日本語化はされておりません。

また、ローカルの IME を使ってリモートに日本語を書き込むことは出来ません。

ただ、日本語フォントは普通に表示出来ます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました