Windows 10 SACT(旧CB) SAC(旧CBB) LTSC(旧LTSB) の違い

Windows

Windows 10のアップグレード頻度、考え方の違いによるモデル

  • SACT(旧CB)
  • SAC(旧CBB)
  • LTSC(旧LTSB)

の違いについて、まとめてみました。

スポンサーリンク

Windows 10 SACT(旧CB) SAC(旧CBB) LTSC(旧LTSB) の違い

Windows 10

  • SACT(旧CB)
  • SAC(旧CBB)
  • LTSC(旧LTSB)

の違いをまとめると、次の通りです。

定義 主な利用者 特徴 対応エディション
Windows Insider
Preview Branch
事前
検証用
Windows Insider
Programを利用
している開発者や
IT管理者など
正式リリース前に
いち早く新機能を
試せる
Semi-Annual
Channel Targeted
(SACT)
最新化
モデル
個人ユーザー、
一部企業
ユーザー、
BYOD
最新リリースが
自動的に適用
される
Home、 Pro、
Education、
Enterprise、
Mobile
旧名称
Current Branch
(CB)
Semi-Annual
Channel
(SAC)
企業向け
最新化
モデル
企業・組織内
ユーザー
リリース後、
しばらく時間を
置いてから
適用できる
Pro、
Education、
Enterprise、
Mobile Enterprise
旧名称
Current Branch
for Business、
(CBB)
Long-Term Servicing
Channel
(LTSC)
固定化
モデル
基幹システム
利用端末、
特定用途端末など
特殊業務ユーザー
機能アップ
グレードを
適用しない
Enterprise LTSB
(要インストール)
旧名称
Long Term
Servicing Branch、
(LTSB)

Semi-Annual Channel Targeted (SACT)
(旧 Current Branch、CB)とは

個人向け。

常にアップデートされて最新になります。

「CB」(Current Branch)は、Current Branch for Consumer(CBC)とも呼ばれ、常に最新リリースが自動で適用される提供モデルです。Windows 10 Homeを使っている個人のユーザーなどが利用可能な提供モデルは、この「CB」のみとなります。また、企業での利用においては、新しくリリースされた機能の内容や業務システム/アプリケーションとの互換性を検証するために、「CB」を使用する使い方もあります。
また、Windows 10では、機能アップグレードの配布サイクルをより短くするために、「Windows Insider Program」という手法が採用されています。Windows 10 の新しい機能の更新プログラムの開発中に、Windows Insider Program 参加者に対して、事前検証用の「Insiderプレビュービルド」が配布され、これに寄せられたフィードバックをもとに完成度が高められた正式ビルドがリリースされ、まずは「CB」として提供が開始されます。

オリックス・レンテック | 【Windows:その3】3つの提供モデル「CB」「CBB」「LTSB」とは? - IT機器玉手箱 | ORIX Rentec Corporation
基礎的な知識や業界のトレンドに関する情報が満載です。

Semi-Annual Channel (SAC)
(旧 Current Branch for Business、CBB) とは

企業向け。

アップデート頻度は、SACTとLTSCの間です。

 新しいビルドの検証のための猶予がほしい、より安定したビルドを待ちたいといった理由で、最新リリースの自動適用は避けたいという場合には「CBB」(Current Branch for Business)を利用します。Windows 10 Pro、Windows 10 Enterpriseでは、前述のとおり「アップグレードを延期する」をオンにしたり、グループポリシー設定を使用することで、「CB」から「CBB」への切り替えが可能です。「CBB」に設定されたPCは、機能アップグレードのリリース時に自動適用されることはなくなり、「CB」へのリリースから約4カ月にわたって適用が延期されます。また、「Windows Update for Business」で更新処理を管理すれば、さらに8カ月延期することも可能です。これにより、IT管理者が展開前に検証を行い、また、最新リリースが安定したうえで適用可能になります。

Long-Term Servicing Channel (LTSC)
(旧 Long Term Servicing Branch、LTSB) とは

基幹業務向け。

機能をアップグレードしません。

基幹業務システムなどのミッションクリティカルな用途、あるいは工場の制御システム、POS、ATMといった特殊業務・専門デバイスについては、最新機能の追加はあまり必要なく、むしろ、安定性を確保するために、OSに対する変更は極力行いたくないというケースも多々あるでしょう。そうしたニーズに対応するのが、「LTSB」(Long-Term Servicing Branch)という提供モデルです。
「LTSB」は、「CB」「CBB」からの設定変更はできず、ボリュームライセンスを通じてのみ購入可能な「Windows 10 Enterprise」向けに提供されるもので、しかも「Windows 10 Enterprise LTSB」のISOイメージをクリーンインストールする必要があります。
「LTSB」では、最初から機能制限が施されているうえ(Microsoft Edge、Cortana、Windows ストアなどは含まれない)、機能アップグレードを行わず、更新プログラムのみを適用できます。Windows 10 Enterprise LTSBは数年ごとにリリースされ、5年間のメインストリームサポートに加えて、5年間の延長サポートがあるため、10年間という長いライフサイクルが実現されます。

 

 

Windows
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うらしたをフォローする
スポンサーリンク
urashita.com 浦下.com (ウラシタドットコム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました