UWPのメリット、デメリット、将来性、Windows 7やC#で開発できるか?

Windows

Windows 10からUWPっていう開発プラットフォームが使えるらしい。

UWPについて調べてみました。

スポンサーリンク

UWPとは?開発はVisual Studio

UWPとは、ユニバーサル Windows プラットフォーム のことです。

Windows 10と共に登場したもので、異なるデバイス向けに提供されるMicrosoft Windows用のアプリケーションソフトウェアを共通の基盤上で動作させることのできる、統合されたプラットフォームのことです。

ここで、異なるデバイスとは、IoT、パソコン、モバイルPC、Xbox、Surface Hub、HoloLensのことです。

開発はVisual StudioのC#やC++で行います。

 

↓公式サイトはコチラです。

ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリとは - Windows UWP applications
Windows 10 を搭載するさまざまなデバイスで実行できるユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリについて説明します。

 

 

WindowsやLinuxなど異なるOSでも動作することを目指したJavaとは異なり、UWPはあくまでWindows用のプラットフォームです。

 

  • UWP = Windowsプラットフォーム
  • Java = マルチプラットフォーム

です。

 

Javaについてはコチラをご覧ください。

Java言語とは?ダウンロード、過去の古いバージョン、アップデート(リビジョン) Java Archive
コンピューターにおけるJavaとは何なんでしょうか? 初心者にもわかりやすく解説してみました。 Java言語とは何か?意味は?初心者にもわかりやすく Javaは、狭義ではコンピューターにおけるプログラミング言語のひとつです。 ...

 

 

また、WindowsのVisual Studioから、iOS、Android向けのバイナリを作成できるXamarinとも異なりますね。

Xamarinについてはコチラをご覧ください。

Xamarin(ザマリン)でVisual Studioを使ってiOSアプリを作る方法
Xamarinは、Visual StudioのC#を使ってAndroidやiOSアプリを作ることが可能なクロスプラットフォーム開発環境です。 Xamarinに関しては日本語に関していい本がなかなか見つか...

 

UWPはWindows 7、Windows 8.1で使えるか?

Windows 10で、C#とUWPを使って作ったプログラムは、Windows 7やWindows 8.1で動くのでしょうか?

UWPはWindows 10のOSと統合された技術であるため、Windows 7やWindows 8.1で動かすにはかなり制約があります。

 

Windows 8.1

アプリケーションをローカルで実行することはできません。

Visual Studio でエミュレーターを使用できますが、シミュレーターを使用することはできません。

 

Windows 7

アプリケーションをローカルで実行することはできません。

Visual Studio では、エミュレーターとシミュレーターのいずれも使用することはできません。

 

UWPのメリット

UWPのメリットは次の通りです。

セキュリティ

高いセキュリティ。

UWP アプリはアクセスするデバイス リソースとデータを宣言します。

ユーザーは、そのアクセスを承認する必要があります。

共通のAPI

Windows 10 を実行しているすべてのデバイスで共通の API を使用できます。

デバイス固有の機能を使用して、異なるデバイスの画面サイズ、解像度、DPI に合わせて UI を調整することができます。

1つのストアですべてのデバイスに対応

Windows 10 を実行するすべてのデバイス (または指定したデバイスのみ) で Microsoft Store から入手できます。

PC、タブレット、Xbox、HoloLens、Surface Hub、IoTデバイスなどの windows 10 デバイスで利用可能です。

様々な言語を使用可能

C#、C++、Visual Basic、Javascript でプログラミング可能です。

UI 用に、XAML、HTML、または DirectX を使用します。

 

UWPのデメリット

UWPのデメリットは次の通りです。

ローカルリソースの制限

セキュリティと裏腹な関係にありますが、UWPアプリはローカルリソースの利用が制限されています。

ストアはマイクロソフトのみ

UWPアプリはAPPXパッケージを使います。

したがってマイクロソフトのWindowsストアでしか配布できません。

 

UWPの将来性

UWPの将来性は不透明です。

デスクトップアプリケーションを制覇したマイクロソフト、Windowsですが、スマートフォンのiOSやAndroidなどに比べれば、絶対数が少ない。

マイクロソフトのOfficeを含めてUWPに対応したアプリケーションが少ないために、今後どうなるかは分からないです。

 

 

Windows
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うらしたをフォローする
スポンサーリンク
urashita.com 浦下.com (ウラシタドットコム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました