コンピューターの管理者がローカルでTeredoを無効にしています。

外出時には、スターバックスコーヒーのネット を使って仕事をすることが多いのですが、今回あるスタバでネットを使ってみて見慣れぬエラーに遭遇しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コンピューターの管理者がローカルでTeredoを無効にしています

表示されたエラーは以下の通りです。

image

見つかった問題
コンピューターの管理者がローカルでTeredoを無効にしています。
コンピューターの管理者に問い合わせてください。

???

ちなみにブラウザに表示される以下の文言は、試してもほとんど意味が無いことを経験的に知っているので何もしません。

ネットワークに接続されていません

  • すべてのネットワーク ケーブルが接続されているか確かめてください。
  • 機内モードがオフになっていることを確認してください。
  • ワイヤレスのスイッチがオンになっているか確かめてください。
  • モバイル ブロードバンドに接続できるかどうか確かめてください。
  • ルーターを再起動してください。

Teredoとは

Teredoとは、Windows Vista以降の端末からIPv6インターネットへの接続を試せる技術の一つです。
IPv4のネットワーク経由でIPv6パケットを転送するトンネル技術を使ってIPv6インターネットへ接続します。
IPv4のインターネット接続環境からIPv6インターネットへ接続する手段として覚えていれば十分です。

Teredoを有効にするには

Teredoを有効にする手順は以下の通りです。

1. Windowsの[スタートメニュー]から[アクセサリ]⇒[コマンドプロンプト]を選んで、マウスの右クリックを押して「管理者として実行」を押します。

2. 以下のコマンドを実行します。

3. 以下のコマンドで結果を確認します。

あれれ?インターフェースが実行されてOKとなっているので、Teredo Tunneling Pseudo-Interface が追加されているはずが、うまくいきませんでした??

Teredoを無効にするには

ちなみに、Teredoを無効にする手順は以下の通りです。

1. Windowsの[スタートメニュー]から[アクセサリ]⇒[コマンドプロンプト]を選んで、マウスの右クリックを押して「管理者として実行」を押します。

2. 以下のコマンドを実行します。

3. 以下のコマンドで結果を確認します。

これでTeredo Tunneling Pseudo-Interfaceが削除されます。

まとめ:それでどうなったか?

上記の通り、私のパソコンでは、Teredo Tunneling Pseudo-Interfaceが有効にならずスタバのネットワークに接続できませんでした。
まぁ、直接的な原因はTeredoとは無関係なんでしょうが。。。
仕方なくこの日は、テザリングを使ってインターネットに接続しました。

ちなみに、セキュリティ上、Teredoは無効にしている方が無難そうです。

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

[関連書籍]

本書は,Cisco,AlaxalA,YAMAHAの各社が現在出荷しているルータを実際に用いて,ハンズオン(実習)を中心として体験的にIPv6を学ぶことができるテキスト。
クラウドコンピューティングやデータセンターを中心として,IPアドレスへの需要は世界的に高まっている。しかしIPv4は既に枯渇しており,売買の対象にまでなっている。
そのため,今後IPv6の知識は必須になるものと考えられる。
筆者らはそれぞれの所属組織で何らかのネットワークを構築し,また教育した経験があるが,その経験上,机上の知識だけでは不十分で,実際に設定して動くところを確認すると知識の定着も良くなる。
その経験を活かし,IPv6アドレスの実装を通じて,ネットワーク技術の実際を学ぶことを目的とした実習用教材を企画した。