史上最低の戦闘シーン スタートレック 宇宙大作戦 怪獣ゴーンとの対決を見て検証してみた

宇宙

私は、昔から、スタートレック 宇宙大作戦 というアメリカのSFテレビドラマ、SF映画が好きです。

で、何やら、初代スタートレック (アメリカでは1966年から1969年まで放送) の「怪獣ゴーンとの対決」が、「史上最低の戦闘シーン」と言われているらしいですね。

そういえば、この話自体は、かなり昔見たことがあるのですが、本当に史上最低の戦闘シーンかどうか確かめるべく改めて見てみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スタートレック (Star Trek) とは

スタートレック、Star Trek はアメリカのSFテレビドラマ、SFテレビ映画です。

1966年~1969年が初代作品ですが、後続には、2017年にいたるまで、様々な続編が作成されています。

初代のスタートレックの舞台は、2264年から2269年まで。

USSエンタープライズ号に乗る船長 ジェームス・カーク (ウィリアム・シャトナー) 、ヴァルカン人で論理的な思考をするミスター・スポック (レナード・ニモイ) 、船医であるドクター・マッコイ(デフォレスト・ケリー) が、宇宙船でさまざまな星を探検するストーリーです。

怪獣ゴーンとの対決 (ARENA) とは

「怪獣ゴーンとの対決」(ARENA) は、初代スタートレックのシーン1、第19話です。

https://en.wikipedia.org/wiki/Arena_(Star_Trek:_The_Original_Series)

(Episode #18, Production #19の違いは。。。。?)

あらすじは次の通りです。

惑星連邦の前哨基地を破壊して、そこにいた人々を虐殺した異星人”ゴーン人”の宇宙船を追跡していたエンタープライズ号。

エンタープライズ号の船長カークは、人類の警察として報復のためにゴーン人とその宇宙船を破壊するつもりです。

しかし、ある星系に侵入した途端、両宇宙船は”メトロン人”を名乗る未知の異星人に拘束されます。

メトロン人は、両宇宙船を勝手に遠隔で調査します。

その結果、地球人とゴーン人を共に「遺伝的に暴力行為を好む」と断じたメトロン人は、両者の紛争を解決する手段として、「両宇宙船の船長を決闘させ、負けた側の宇宙船を乗員ごと破壊する」という方策を提案、一方的に実行させます。

かくして未知の惑星上に転送されたカーク船長は、爬虫類のようなゴーン人船長との決闘を強いられます。

ゴーン人は動きが鈍く知能も低いが、地球人よりも頑強な肉体を有しており、肉弾戦では勝ち目がありません。

カーク船長が勝つ為には、メトロン人が惑星上に配置したという”武器”を探し出さねばならない。。。

さて、カーク船長の運命は。。。

こちらは、ニコニコ動画。

こちらは、YouTubeです。

怪獣ゴーンとの対決 (史上最低の戦闘シーン) の感想、ネタバレ

突っ込みどころは山ほどあるけれど。。。

例えば、

・ゴーン人ってなんで人類と同じ空気を吸って生きているの?大丈夫なの?

・ゴーン人ってそんなに馬鹿なの?立派にワープ8で航行する宇宙船作ってるじゃん?

・硝酸カリウムとかダイヤモンドと竹筒で簡単に大砲が作れるの?

・メトロン人もゴーン人と人類のどちらか負けた方を宇宙船ごと破壊するって結構、残虐じゃん?人のこと言えるの?

・何もメトロン人に言われた通り、カーク船長とゴーン人は殺し合わなくてもいいんじゃねぇ?

とは言え、メトロン人が、人類が遺伝的に暴力行為を好むと断じたのは、言い得て妙。

また、人類が勝手にゴーン人の星を荒らしたのかもしれないっていう点も、まるでアメリカの原住民と白人の関係を示唆しているようですね。

最期に、カーク船長がゴーン人にお情けをかけるところを見て、メトロン人も両者にお情けをかけることに。

さて、史上最低の戦闘シーンと呼ばれているカーク船長とゴーン人との戦いですが。。。

・全体的に確かにスローでのろい

・動きがぎこちない

・カーク船長は、素手で勝てないとわかるや否や逃げ回って、武器を探すのみ

・戦闘シーンはほとんどない。逃げるカーク船長、追うゴーン人。

そんな訳で、1966年の作品だし、そんなにひどくない。

普通じゃねぇ?って思ったのですが。。。

↓スタートレック Star TrekのDVD、映画はコチラ

スタートレック