MSIのP65 Creator (8RE-015JP) は薄型でかっこいい グラフィックボード Max-Q GTX 1060搭載

スポンサーリンク
パソコン・スマホ・タブレット

MSIは、台湾のパソコンメーカーです。

グラフィックボート付きのゲーミングパソコンメーカーとしては定評があり、日本でも量販店のゲーミングPCコーナーでよく見かけます。

今回、MSIのP65 Creator (P65-8RE-015JP) を使う機会があったので、レビューします。

 

↓MSI (エムエスアイ) ゲーミングノートPC P65-8RE-015JP [Win10 Home・Core i7・15.6インチ・SSD 512GB・メモリ 16GB・GTX 1060]

MSI P65 8RE-015JP は1.8kg薄型15インチ

MSIは、本当にたくさんのグラフィックボード付きのノートパソコンを出しているので、どれがどれだか型番からは分かりにくいです。

ほとんどの筐体は黒色で、独特のドラゴンのロゴが特徴的です。

 

そんな中で、P65 Creatorシリーズは、クリエイター向けスリムノートです。

ラインナップは、

  • GeForce GTX 1060を搭載したシルバーモデル「P65 8RE-015JP」
  • GeForce GTX 1070やリフレッシュレート144Hz対応ディスプレイを搭載したホワイトモデル「P65 8RF-777JP」

です。

P65 8RF-777JPは、台数限定モデルなので、パソコンショップアーク、ツクモ、アプライド一部店舗、ワンズでしか発売されていないようです。

 

P65 Creatorは筐体が銀色または白色なので、MSIの中では特徴的です。

また、薄くて、グラボノートしては軽くベゼルが細いのも特徴です。

GTX1060搭載で1.8kgの軽いノートはほかには見当たりません。

MSI P65 Creatorシリーズのスペック

MSI P65 Creatorシリーズのスペックは次の通りです。

P65 CREATORには2つのバリエーションモデルがあります。

名称 MSI P65 8RE-015JP (シルバー)
MSI P65 8RF-777JP (ホワイト)
OS Windows 10 Home
CPU Intel Core i7-8750H
GPU 8RE-015JP: NVIDIA GeForce GTX 1060 Max-Q (6GB)
8RF-777JP: NVIDIA GeForce GTX 1070 Max-Q (8GB)
メモリ RAM 16GB (最大32GB)
ストレージ 512GB SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 15.6インチ(1920 x 1080)
8RF-777JPのみリフレッシュレート144Hz
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5
入出力 USB Type-C (8RF-777JPのみThuderbolt 3)
USB 3.1 Gen1 x 3、ヘッドホン出力、マイク入力
HDMI、Mini Display port、有線LAN(RJ45)
カメラ インカメラ搭載
バッテリー 5.280mAh (約7-8時間)
サイズ 357.7 mm x 247.7 mm  x 17.9 mm
質量 1.88kg

 

 

CPUはCoffee Lake世代のCore i7-8750Hで、最新ゲーミングノートではよく使われている高性能なものです。

GPUは777JPがGTX1070、015JPがGTX1060で、クリエイター向けのみならず、ゲーマーも納得できる上位型番が搭載されます。

いわゆるMax-Qデザインです。

 

Max-Qデザインについては以下をご覧ください。

NVIDIAのMax-Q Designとは?性能、静音、GTX1080, 1070, 1060, 1050の薄型ゲーミングノートPC対応
最近、NVIDIAから発表されるGPUにMax-Q Designという表記をよく目にするようになりました。 Max-Q Designとは何なんでしょうか? Max-Q Designとは 「Max-Q Design」は、薄型ゲーミン...

 

RAMは16GBで、最大32GBまで増設可能です。

MSIの指定販売店でのみ可能となっています。

自分で増設すると保証が切れてしまいます。

 

ストレージは512GB SSDです。

 

ディスプレイは15.6インチのFHD解像度、IPS相当ですが、777JPのみリフレッシュレートが144 Hzなので高速な画面遷移に対応します。

 

ネットワーク関係も両モデルで差がつけられています。

有線:
777JP:Qualcomm Atheros AR8171 GbLAN
015JP:Realtek RTL8111H GbLAN

 

無線:
Intel Wireless-AC 9560(両モデル共通)

 

さらに、入出力ポートでも777JPのみがThunderbolt 3を搭載していて、ここでも差別化がなされています。

 

サイズは、15.6インチとしてはかなり小さめです。

横幅360 mmを切る製品はそんなに数が多くないですが、これだけのハイスペックマシンで357.7 mmという横幅、1.8kgの質量は他のメーカーでは見当たりません。

 

また、薄型軽量とはいえ、冷却まわりにもしっかり力が入っています。

この製品のために再設計された「Cooler Boost Trinty」は4本のヒートパイプと3基のファンで構成され、CPUとGPUをしっかり冷やします。

MSI P65 8RE-015JP (シルバー) の外観

P65 8RE-015JPを箱から開けた時の外観。

台数限定のP65 8RF-777JPの方は木箱に入っていてプレミアム感があるらしいが、P65 8RE-015JPの方も、まあまあかっこいい。

 

 

箱から出してみました。

アダプターは大きめです。少し重い。

説明書系は薄いのが一冊あるだけです。

 

 

左側から見たところです。

左側にあるのは、有線LANポートとUSB 3.1 x 2、ヘッドホンとイヤホンジャックです。

 

 

右側から見たところです。

右側にあるのは、USB 3.1、USB Type C、ミニディスプレイポート、HDMI、電源ポートです。

 

 

上から見たところです。

白色で書かれたMSIのロゴがうっすら見えます。

 

 

下から見てみたところです。

滑り止めがしっかりしている感じがあります。

 

 

日本向けだけあって、日本語キーボードですが、キータッチは慣れないと少し違和感を感じます。

 

 

キーボードは単色の白に光ります。

ゲーミングキーボードのような派手な色にはならないです。

 

 

OSはWindows 10 Homeです。

 

オフィス用途でWindows 10 Professionalに有償アップグレードは可能です。

Windows 10 S モードとは?Home/Proとの違い、アップグレード、解除する料金
Surface GoとかSurface Laptopが欲しいなと思って調べてみると、使われているOSがWindows 10 Sモードというものらしい。 Windows 10 Sって何なんでしょうか? windows 10 S と W...

アップグレードにかかる費用は13,824円です。

クリエーター向けMSI P65 Creatorのまとめ

クリエーターという名称がついている通り、MSIの想定ユーザーは、ゲームユーザーではなくて、グラフィックデザイナーとかクリエイターを想定しているのでしょう。

 

従来の黒いゲーマー向けのMSI製品と異なり、P65 Creatorはおしゃれでかっこいい感じがします。

また、軽くと薄いので持ち運びが可能です。

アダプターが大きくて重いのが難点。

 

とは言え、持ち運び可能なグラフィックボード付きノートパソコンとしては、めっちゃお勧めできますね。

 

↓MSI (エムエスアイ) ゲーミングノートPC P65-8RE-015JP [Win10 Home・Core i7・15.6インチ・SSD 512GB・メモリ 16GB・GTX 1060]


 

コメント

  1. […] MSIのP65 Creator (8RE-015JP) は薄型でかっこいい グラフィックボード Max-Q GTX 1060… […]

タイトルとURLをコピーしました