Subversion、Git リポジトリの標準構成 (standard layout) の考え方と開発の進め方

スポンサーリンク
Git

Subversion、Git リポジトリの標準構成 (standard layout) の考え方と開発の進め方についてまとめてみました。

リポジトリの標準構成 (Standard Layout)

リポジトリには標準構成 (Standard Layout) と呼ばれる構成が存在します。

 

 

Subversionの場合、慣習的に standard layout として

  • trunk
  • branches
  • tags

というフォルダに分けて識別します。

これは、機能ではなくて慣習ですが、必ずこのようにして置きましょう。

 

一方、Gitの場合、ブランチとタグが機能として備わっています。トランクという機能はありません。

Gitでは、Subversion の trunk に相当するのが masterブランチになります。

 

commit は 任意のタイミングで、自分が作業している trunk か、またはブランチに対して行います。

 

Version 1やVersion 2のようなリリース作業を行う場合は、適宜、ブランチを作成して、開発のtrunk とは分けて管理します。

このようにすることで、Version 1や Version 2の各ブランチついては、不必要な commit を行わず、安定化、リリース作業に専念できるようになります。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました