xargs awk find egrep などを使って複数のリポジトリをコマンドラインから自動作成

スポンサーリンク
ITで知っておくべき知識

SubversionでStandard Layout(標準構成)のリポジトリを100個作らなくてはならなくなったので、作成方法をメモします。

Subversionの標準構成(Standard Layout)のリポジトリ

標準構成のリポジトリとは次の通りです。

Subversion、Git リポジトリの標準レイアウト (standard layout) における trunk, branches, tags
Subversion、Git リポジトリの標準構成 (standard layout) における trunk branches, tagsのレイアウトと開発の進め方についてまとめてみました。 リポジトリの標準構成 (Standard La...

 

具体的には、以下のようなフォルダ構成のリポジトリをaa1からaa100まで100個作成します。

 

100個のリポジトリの自動作成手順

手順は次の通りです。

1.
まず、aa1からaa100までのリポジトリをサーバーで作成します。

 

2.
100個のリポジトリをチェックアウトします。

 

すると、aa1からaa100までのフォルダが作成されます。

 

3.
標準構成 (Standard Layout) にします。

 

4.
各フォルダの trunk, branches, tags をSubversionでaddします。

絶対パスで

のようにしたいので、egrepやawk、xargs を駆使します。

 

以下のようにすると一気に自動で svn add 出来ます。

 

5.
svn commit します。

 

まとめ

Linuxでコマンドラインの処理をする際は、ls, find,  xargs, awk, grep/egrep を知っておくと、とても便利です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました