ホームネットワーク、社内ネットワーク、パブリックネットワークの違い、変更、Windows

スポンサーリンク
Windows

空港やカフェでインターネットに接続すると、以下のように表示されます。

これらの違いは何でしょうか?

ホームネットワーク

一番セキュリティ的に緩い設定です。

ネットワーク上のすべてのコンピューターが自宅にあり、全機が認識されている場合、そのネットワークは信頼されているホームネットワークです。

 

家庭内もしくはそれに準ずるような、閉じた環境のネットワーク向きの設定です。

ネットワークの探索(エクスプローラの[ネットワーク]アイコンの下など)によって、ほかのコンピュータを見つけることもできるし、自分自身の存在がほかのコンピュータからも見つけられるように、周囲に「アナウンス」します。

社内ネットワーク

ネットワークのすべてのコンピューターが職場にあり、全機が認識されている場合、そのネットワークは信頼されている社内ネットワークです。

ホーム・ネットワークとほぼ同じで、セキュリティ的にインターネットなどとは隔離された、比較的安全な閉じたネットワーク向きの設定です。

自分自身のアナウンスや周囲のコンピュータの探索機能などが有効です。

ワークグループのほか、ドメイン形態でも運用されます。

パブリックネットワーク

一番セキュリティが厳しい設定です。

ネットワーク上のすべてのコンピューターを認識しているわけではない場合(コーヒーショップや空港にいる場合や、モバイルブロードバンド通信をしている場合など)、そのネットワークはパブリックネットワークであり、信頼されていません。

インターネットや公衆ネットワーク、無線LAN環境など、最も高いセキュリティが求められる環境向けの設定です。

自分自身の存在を外部へアナウンスしないし、ほかのコンピュータを探索することもしません。

また可能な限り、多くのネットワーク・ポートを閉じ、外部からアクセスされないようにします。

 

例えば、リモートデスクトップなどは使えなくなります。

「ホームネットワーク」「社内ネットワーク」「パブリックネットワーク」の違い

「ホームネットワーク」「社内ネットワーク」「パブリックネットワーク」は、この順番で安全性が高くなっています。

 

選択したネットワークの場所によって、いくつかのネットワーク機能が自動的に切り替わるようになっています。

ホームネットワーク 家庭内LANへの接続などで使用 ネットワーク探索 オン ホームグループ 有効
社内ネットワーク 社内ネットワークへの接続などで使用 ネットワーク探索 オン ホームグループ 無効
パブリックネットワーク 公衆無線サービスへの接続などで使用 ネットワーク探索 オフ ホームグループ 無効

「ホームネットワーク」と「社内ネットワーク」には、それほど大きな違いはありません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました