パソコンのハードディスク 復元できないデータ消去ソフト おすすめ

ITで知っておくべき知識

パソコンを廃棄する際にやっかいなのが、ハードディスクですね。

何か個人情報が入っていると、中々捨てられないものです。

そんな時に役立つのが、ハードディスクで復元できないように出来る消去ソフトですね。

そこで、ハードディスク消去ソフトをまとめてみました。

スポンサーリンク

ハードディスク消去ソフト ランキング

No.1 完全ハードディスク抹消17

OSに依存することなく、Cドライブを含む全てのドライブをまるごと抹消。

BIOSレベルで処理を行うため、メモリ32MBの低スペックパソコンでも抹消することが可能です。

また、ドライバを介さずに直接アクセスするため、超高速で安定した抹消が行えます。

抹消方式は高速なゼロライトから高度なグートマン方式まで6つのグレードを用意。

初めての方でも安心のウィザード形式を採用。

選択していくだけで迷わずに抹消できるので安心。

更にWindows上でUSBメモリなどフラッシュメモリ向け抹消「NIST800-88」方式に対応し、外部メディアの抹消にも利用できます。

 

↓完全ハードディスク抹消17

 

No.2 ターミネータ10plus データ完全抹消 BIOS/UEFI版

BIOSとUEFIに対応し、CDブート時にBIOSかUEFIかを自動判別して、それぞれに対応したプログラムが起動します。

また、CD-ROMドライブのないパソコンの場合は、Web上から起動用USBメモリの作成が可能です。

パソコン内のHDDやSSD以外に接続された外部記憶媒体のデータも抹消できるため、情報漏洩を防ぐことができます。

個人のお客様は台数制限ありませんが、法人のお客様は3台まで抹消可能です。

 

 

↓ターミネータ10plus データ完全抹消 BIOS/UEFI版

 

No3. DESTROY (フリーソフト)

DESTROY はハードディスク( HDD )の中身のデータをまるごと消去するDOS ユーティリティです。

  • ディスクの中身を見ることもできます。
  • 米国国防省標準 DOD 5220.22-M に準拠した消去もできます。
  • NSA(米国国家安全保償局)の勧告に準拠した消去もできます。
  • Gutmann の論文に基づいた消去もできます。
  • Serial ATA の HDD も消去できます。
  • USB のドライバを入れると USB 接続の HDD の消去をすることもできます。
  • JEITA( 社団法人電子情報技術産業協会)推薦のログ(消去記録)を取ることができます。

 

↓DESTROYをダウンロード

https://www.vector.co.jp/soft/dos/util/se196626.html

 

グートマン(Gutmann)方式 とは?

データ消去ソフトには、さまざまな末梢のグレードがあるようです。

 

例えば、「完全ハードディスク抹消17」では以下の6個のレベルが用意されています。

  • グレード1 ゼロライト
  • グレード2 ランダムライト
  • グレード3 現NSA方式 ランダムゼロライト
  • グレード4 米国国防省準拠方式 DoD5220-22-M
  • グレード5 ドイツ標準方式 VSITR
  • グレード6 グートマン推奨方式 (Peter Gutmann)

 

この中で、当然、グレード6のグートマン推奨方式が一番安全だろうと思いますが、必ずしもグートマン方式を使えばよいわけではありません。

 

ハードディスクなどの記録媒体からデータを消去する際に、データが残留しないように完全削除するための規格の一つ。1996年にデータ消去の世界的権威であるPeter Gutmann氏によって定められたため、この呼称が付いている。削除対象となるデータの記録領域(クラスタ)に、「乱数を4回 → 固定値を27回 → 乱数を4回」の計最大35回データを上書きすることによって、理論上どのような高性能な解析機を使っても復元不可能にしてくれる。現在規格化されているデータ抹消法の中では、最も強力な抹消方式。

35回の上書きを行うが、もちろん実際にはデータを完全抹消するためにそこまで多くの回数の書き込みを行う必要は全くなく、単に数学的な確立上の理論値の問題であり、実際には3回程度の上書きだけで、どれほど高度な磁気力顕微鏡を用いてもデータの解析は不可能になると言われている(実際に、米国国防総省準拠規格やNSA方式でも上書き回数は3回であるように、国家機密情報を取り扱う公的機関や一般の企業でも3回の上書きで「完全消去」としたものとして扱っている)。

フリーソフトとして利用できるファイル完全削除ソフトの中には、グートマン方式によるデータ抹消法が搭載されているものも多く存在するが、上書き回数が多い(35回上書き)ため、その分だけ処理に非常に時間がかかる。なお実際には、そこまで厳重にデータ上書きを施さなくても、3回の上書きだけでは不安な場合はNATO標準方式(7回上書き)やブルース・シュナイアー方式(7回上書き)などで十分であり、処理に時間がかかったりディスクに耐久上の大きな負担をかけることから、実用性の観点から現在ではグートマン方式は時代遅れの方式とされている。

https://freesoftlab.com/word/gutmann-method/

 

一般的には、

グレード4 米国国防省準拠方式 DoD5220-22-M

で十分です。

 

 

ITで知っておくべき知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うらしたをフォローする
スポンサーリンク
urashita.com 浦下.com (ウラシタドットコム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました