パナソニックのノートパソコンにUbuntu (Linux) 日本語版をインストールする方法、手順

ITで知っておくべき知識

マイクロソフトによるWindows 7 のサポートは 2020 年 1 月 14 日で終了しました。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4057281/windows-7-support-ended-on-january-14-2020

 

そこで、Windows 7が稼働していたパナソニックのノートパソコン(Let’s note CF-LX3 JEAWR)を引退させることにした。

https://urashita.com/archives/722

 

このパソコンですが、Windows 7では満足に使っていたので、捨てるのはもったいないです。

そこで、この度、Ubuntu(Linux)をインストールしてみたので、手順をまとめてみました。

スポンサーリンク

USBメモリからブートできるようにBIOS設定

ノートパソコンをUSBメモリからブートできるように設定します。

 

BIOS画面を起動します。

パナソニックの場合は、起動時にロゴが表示されたタイミングでF2を押します。

https://urashita.com/archives/28940

 

 

起動オプション優先度を

  1. USBハードディスク
  2. USB光学ドライブ
  3. USBキー
  4. USBフロッピー
  5. ハードディスク
  6. 光学ドライブ
  7. LAN

に変更してみました。

 

ただ、これだとブートできるUSBメモリからブート出来ませんでした。

 

仕方なく色々と試してみたところ、UEFIを有効にするとUSBメモリからブートできるようになりました。

 

 

UEFIの仕様はイマイチ分かりませんが、ブートできるようになったので、よしとします。

https://urashita.com/archives/28938

UbuntuのISOイメージをダウンロード

UbuntuのISOイメージをダウンロードします。

 

Ubuntuの日本語版には、以下の2種類があります。

  • jp.ubuntu.comのダウンロードページ
  • 日本語Remixイメージのダウンロード

 

日本語Remixイメージでよいでしょう。

 

以下のサイトを開きます。

https://www.ubuntulinux.jp/download/ja-remix

 

ubuntu-ja-18.04.3-desktop-amd64.iso

をダウンロードするとよいでしょう。

Ubuntu ISOイメージをUSBメモリに焼いてライブCD作成

Ubuntu ISOイメージをUSBメモリに焼いてライブCDを作成します。

UNetbootinで焼くとダメだった

最初はUNetbootinを使ってみました。

https://unetbootin.github.io/

 

 

この後、このUSBメモリをノートパソコンに挿してブートさせてみます。

 

 

GNU GRUB version2.02

Minimal BASH-like line editing is supported.For the first word. TAB lists possible command completions. Anywhere else TAB lists possible device or file completions

 

となって、これ以上進めなくなりました。

 

Rufusで焼くとOK

次に、Rufusを使ってみました。

https://rufus.ie/

 

 

この後、このUSBメモリをノートパソコンに挿してブートさせてみると、無事にUbuntuのインストール画面へと進みました。

USBからブートしてUbuntuをインストール

USBからUbuntuのライブCDをブート出来たら、そのままインストールします。

 

 

基本的に、次へ次へと「続ける」を押すだけでOKです。

 

最後に、再起動するとインストールが完了です。

 

ITで知っておくべき知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うらしたをフォローする
スポンサーリンク
urashita.com 浦下.com (ウラシタドットコム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました