Windows 10 ローカルでテスト用のSMTPメール送信サーバーを構築する方法

ITで知っておくべき知識

Windows 10でメール送信を行うプログラムの開発を行っていて、テスト用のSMTPメール送信サーバーが欲しいことがよくあります。

そんな時に簡単にSMTPサーバーを構築する方法を探してみました。

もっとも簡単なのは、WSL2 ( Windows Subsystem for Linux 2) で Postfixをインストールして動かすことです。

スポンサーリンク

Windows版のPostfixは存在しない

SMTPサーバーのデファクトスタンダードはPostfixでしょう。

 

↓Postfixの公式サイトはコチラ

http://www.postfix.org/

 

PostfixについてはCentOSやRedhat Enterprise Linuxであれば、yumまたはdnfでインストール可能です。

ただ、Windowsのネイティブで動くWindows版のPostfixは存在しないようです。

 

VirtualBox等の仮想環境にCentOSをインストールして、その中でPostfixを起動させる方法もありますが、少し面倒ですね。

XAMPPのMercuryを使う

WindowsにXAMPPをインストールします。

 

↓XAMPPの公式サイトはコチラ

https://www.apachefriends.org/jp/index.html

 

 

Mercuryの正式名称は、Mercury Mail Transport Systemです。

XAMPPに含まれており、Windowsのnativeで使えるメール送受信サーバーです。

SMTP にもPOP3 にも対応しています。

 

ただ、Mercuryの設定はかなり難しくて断念しました。

 

調べてみると送信できた人もいるようですが、設定は大変そうです。

https://helog.jp/xampp/mercury-mail/

WSL2 (Windows Subsystem for Linux 2) でPostfixを使う

WSL2(Windows Subsystem for Linux 2) を使うと、Windows環境でLinux (Ubuntu) コマンドを使用することができます。

WSL2 のインストール

管理者で PowerShell または Windows コマンド プロンプトを起動します。

 

以下のコマンドを入力します。

 

パソコンを再起動します。

WSL2でPostfixのインストール

WSL2を起動し、WSL2のコマンドラインからPostfixをインストールします。

 

WSL2はRed Hat系ではなくてUbuntu系のLinuxなので、インストールにはyumではなくてaptを使います。

 

 

以下の画面が表示されます。

「インターネットサイト」を選択して「了解」を押してインストールを行います。

 

WSL2でPostfixの起動

WSL 2でPostfixを起動します。

 

これで、Windows 10のローカルでPostfixが起動しました。

 

 

ITで知っておくべき知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うらしたをフォローする
スポンサーリンク
urashita.com 浦下.com (ウラシタドットコム)

コメント

  1. x より:

    hMailServer ならセットアップも簡単で、意外と必要なものがそろっていますよ

タイトルとURLをコピーしました