Synology DiskStation Manager (DSM)でコマンドラインから一括でユーザーやグループを追加、削除する方法

スポンサーリンク
Synology

先日から、このNASを使っています。

Synology(読み方はシノロジー) NAS (ネットワークアタッチトストレージ) DS215jのレビューと使い方 価格など (DS218j出ました)
皆さん、NAS(ネットワークアタッチトストレージ)を探していて、どれがよいかわからなくて困ったことありませんか? 私は、Synology(シノロジー) DiskStation NAS DS215jを飼って使ってみた...

 

 

このNASには、DiskStation Manager(DSM)というLinuxベースのOSが付属するのですが、基本、GUIでの操作になります。

 

GUIは便利で分かりやすいですが、例えば、一括で100人ユーザーを作るとか、100個のグループを追加するといった操作には不便です。

 

今回、DiskStation Manager(DSM)にてコマンドラインからユーザーやグループを追加、削除する方法を調査してみました。

 

DiskStation Manager(DSM)にsshでポート22から接続する

まず、DiskStation Manger(DSM)のコントロールパネルから、

「SSHサービスを有効化する」

にチェックを入れます。

 

image

 

ユーザー名をroot、パスワードをadminと同じものを使ってsshで接続してみます。

 

私は、Poderosaというsshのクライアントソフトを使っているのですが、接続してみると以下のエラーが出ました。

 

WS000256

 

Server does not support diffie-hellman-group1-sha1 for keyexchange

 

原因はわかりませんが、キー交換で失敗しているようです。

 

やむをえず、Cygwinのコマンドラインからsshで接続してみます。

 

 

今度は接続できました。

 

DiskStation Manager(DSM)でコマンドラインからユーザー、グループの追加

 

ユーザーの追加は、synouserというコマンドを使います。

 

 

このコマンドを使えば、バルクで(=一括で)ユーザー追加が可能になります。

以下のような感じのコマンドをつなげればよいです。

 

 

 

グループの追加は、synogroupというコマンドを使います。

 

 

 

このコマンドは以下のようにして使います。

 

このコマンドを使えば、グループの追加もグループへのユーザーの追加もコマンドから一括でバルクで行うことが可能です。

 

 

パスワードの変更は次の通りです。

 

まとめ

DiskStation Manager(DSM)はベースがLinuxなので、lsやcdなどの基本的なLinuxコマンドは使えます。

 

mkuserやadduserなどは使えませんでした。

 

 

SynologyのNASを買うには

 

↓SynologyのNAS製品を買うにはコチラ

Synology

 

 

コメント