びわ湖バレイにスキーに行ってきました 口コミ情報

2月11日、日帰りでびわ湖バレイにスキーに行ってきました。

どんなところだったでしょう。

logo

スポンサーリンク

びわ湖バレイへのアクセス・営業時間

びわ湖バレイの住所は次の通りです。

〒520-0514
滋賀県大津市木戸1547-1

お問い合わせ
TEL:077-592-1155

びわ湖バレイのゲレンデマップです。

image

小さいですが、初級から上級までコースがあります。

Googleアースで見てみるとこんな感じです。

image

琵琶湖のすぐそばに、山麓がありますね。

ここから、びわ湖アルプスゴンドラ(ロープウェイ、ケーブル)で打見山の山頂へ行って滑ります。

打見山と蓬莱山の2つの山の山頂周りを滑るって感じです。

さらに、Googleマップで見てみました。

びわ湖バレイのロープウェイ代金・リフト代

びわ湖バレイの営業日は次の通りです。

営業日:2015年12月30日~2016年4月3日

営業時間は日によって異なります。

image

(画像: 公式サイトより)

びわ湖バレイに行くには必ずロープウェイで山頂に行く必要があります。

ロープウェイ

15分間隔運行:毎時00分・15分・30分・45分です。

料金は次の通りです。

  • 大人  1,900円
  • 小学生 900円
  • 幼児  500円

リフト

びわ湖バレイのリフト代金は次の通りです。

券種 時間 大人 子供 シニア 備考
1日券(平日) 8:30~17:00 3900円 3100円 3100円 シニアは50歳以上。子供は小学生。幼児は1,100円。
午前券(平日) 8:30~13:30 3100円 2500円 2500円 シニアは50歳以上。子供は小学生。幼児は1,100円。
午後券(平日) 12:00~17:00 3100円 2500円 2500円 シニアは50歳以上。子供は小学生。幼児は1,100円。
1回券 8:30~17:00 300円 300円 300円 リフト券開始・終了時間は平日の場合です。
回数券(12回) 8:30~17:00 3100円 3100円 3100円 シーズン中有効。リフト券開始・終了時間は平日の場合です。
1日券(土日祝日) 8:00~17:30 4100円 3300円 3300円 シニアは50歳以上。子供は小学生。幼児は1,100円。
午前券(土日祝日) 8:00~13:30 3600円 2900円 2900円 シニアは50歳以上。子供は小学生。幼児は1,100円。
午後券(土日祝日) 12:00~17:30 3600円 2900円 2900円 シニアは50歳以上。子供は小学生。幼児は1,100円。

びわ湖バレイで滑ってみた

国道161号沿いにびわ湖バレイが見えてきました。ロープウェイ山頂駅が見えます。

IMG_4239

国道161号沿いを走るとびわ湖バレイの看板が見えるので、登って行くとびわ湖バレイの駐車場があります。

駐車料金は1,000円で、Rebullをもらいました。
駐車場からはシャトルバスが出ています。

IMG_4253

シャトルバスで5分ほど乗るとロープウェイ乗り場につきます。

ここで、ロープウェイ代金とリフト代金を払います。

IMG_4273

これがロープウェイです。120人乗りだとか。乗ってみると満員電車のようです。

IMG_4280

ロープウェイは2台で運航しているのでしょうか。
下の方は雪がないのに上がるに連れて雪が見えてきます。

IMG_4587

ロープウェイで5分ほど乗るとロープウェイ山頂駅です。打見山(1,108m)の山頂です。
レンタルストックがおいてありますが、自由に使えるようです。

IMG_4562

びわ湖アルプス山頂です。

IMG_4303

打見山から蓬莱山を望む。前にあるのが打見山ペアリフトで右側がジャイアントクワッドリフトです。

この日は快晴でいい天気でした。

IMG_4309

取り急ぎ、蓬莱山を目指します。左側にあるのが打見ペアリフトで前に見えるのがホーライクワッドリフトです。
なだらかなコースです。
見た目、スノーボードの人が多いように見えますが、スキーヤーとスノーボードの比率は6:4ぐらいで、スキーヤーがが多かったです。
スキーヤーにはありがたいです。

IMG_4316

ホーライクワッドに乗ってみました。左側がホーライパノラマゲレンデです。

IMG_4323

蓬莱山の山頂に着きました。琵琶湖を眺めてみますが、遠くの山々が幻想的に見えます。
この景色は圧巻でした。

IMG_4349

ホーライパノラマゲレンデに併設のジャンプコース?ここではジャンプの練習ができるようです。

IMG_4361

蓬莱山からチャンピオンコースを見たところです。
チャンピオンコースはびわ湖バレイ最長で1,400mあります。

IMG_4368

チャンピオンコースを降りると白谷という渓谷に着きますが、そこからチャンピオン第二ペアリフトとチャンピオン第一ペアリフトの2台のリフトを乗り継ぎます。
これはチャンピオン第二ペアリフトからチャンピオンコースを眺めたところです。
ところどころ地面がうっすら見えています。
今日は祭日ですが、混んでいません。

IMG_4391

場所は変わって、ホーライパノラマゲレンデを降りて左側を見たところです。
右側に滑るとアルペンコースで左側にすべるとダイナミックコースです。

IMG_4393

ダイナミックコースを降りると白谷の渓谷に到着します。

IMG_4396

アルペンコースです。

IMG_4453

アルペンコースを降りると汁谷という渓谷につきます。どんぐりハウスという山荘ががありますが、閉まっていました。

IMG_4455

ジャイアントクワッドリフトからジャイアントコースを眺めたところです。

IMG_4462

ジャイアントコースです。ここは所々斜度があって面白い。

IMG_4486

ロマンスコースは、唯一閉鎖されていました。

IMG_4489

スキッズキャンプは子供用のアクティビティか。

IMG_4554

びわ湖バレイのランチ

びわ湖バレイでランチしたのは、打見山と蓬莱山の間にある「バードキャッスル」です。
他にも、打見山には「スカイカフェ」と「レイクビュー」というレストランがあります。
ゲレンデ脇やレストランで外でタバコを吸っている人を普通に見かけました。
ここは禁煙ではないのかな?
IMG_4447

レストランは混んでいますが、比較的きれいです。メニューも豊富でした。

IMG_4398

ハーフ&ハーフカレーが900円で、ケーキが450円、合計1350円です。
まぁ、スキー場価格です。

IMG_4423

まとめ

いかがでしょうか?
びわ湖バレイは小さいですが、関西からは近いので便利です。

ロープウェイを必ず使わないといけないので、ロープウェイ代金がかかります。
私的にはタバコをゲレンデで平然と吸う人がいるのが違和感を感じました。

まぁ近くて便利を取るかどうか、というところです。

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Translate »