岐阜のダイナランドの口コミ、評判、更衣室、レストラン食事、託児所、クレジットカードは使える?大日荘は?

12月30日から1月1日までダイナランド、高鷲スノーパークにスキーに行ってきました。

ダイナランド、高鷲スノーパークは岐阜県にある、関西から行ける最大のスキー場です。

2014年、ソチオリンピックの男子ハーフパイプで銅メダルをとった平岡卓選手は高鷲スノーパークで練習していたそうです。

今回は雪不足のため、閉鎖されていたコースは多かったものの、意外に雪景色でした。

高鷲スノーパークについては、以下にまとめました。

高鷲スノーパークにスキーに行ってきました

今回は、ダイナランドについてまとめました。

以下の画像はGoogleマップの航空写真で見てみたダイナランドと高鷲スノーパークです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイナランドへのアクセス

ダイナランドへのアクセス

住所:〒501-5305 岐阜県郡上市高鷲町西洞3035−2
公式サイト:ダイナランド

ダイナランドは、岐阜県郡上市の大日ヶ岳山麓にあるスキー場である。総面積165haのゲレンデに、バラエティにとんだ全19コースを展開するが、これは中京地区以西では最大級の規模である。1972年に開設。開設当時の名称は「大日岳国際スキー場」。1993年に人工降雪機を導入。

東海北陸自動車道「高鷲IC」より10分、「ひるがの高原スマートIC(ETC専用)」より15分です。

ダイナランドのスキー場マップは以下の通りです。

image

ダイナランドの営業時間、料金

営業時間

平日 8:00〜16:30
土日祝・年末年始 5:00〜16:30(12/5〜13、3/26〜4/3の土日祝は8:00〜・1/1は7:00〜)
サンライズ営業 12/19〜3/20の土日祝
ナイター営業 18:00〜23:00(最終乗車22:45)12/26〜3/20(予定)の毎日

ダイナランド、高鷲スノーパーク共通のリフト料金

ダイナランドと高鷲スノーパークは途中でつながっており、同じリフト券が使えます。

料金は以下の通りです。

券種 区分 料金 利用可能時間
1日券 全日 大人 4,900円 平 日 8:00~16:30
土日祝 5:00~16:30
子供
4歳以上中学生以下
2,000円
ハイティーン割(16〜18歳)
シニア割(55歳以上)
土日祝   3,900円 平 日 8:00~16:30
土日祝 5:00~16:30
※身分証明書の提示が必要です。
 平日 3,100円
午後券 全日 大 人 3,600円 12:00〜16:30
11ポイント券 全日 共 通 4,000円 平 日 8:00〜16:30
土日祝 5:00〜16:30
ナイター 18:00〜:23:00
※ナイター営業は、
ポイント券の販売はしておりません。
※ナイターでの使用は可能です。
1ポイント券 全日 共 通 400円
帰路券(チャンピオンQ)
帰路券(ベータライナー)
全日 共 通 400円 ※ダイナランドからの帰りは
βライナーの利用となります。
2日券 全日 大 人 8,000円 平 日 8:00〜16:30
土日祝 5:00〜16:30
ファミリー1日券 全日 大人1名+子供1名 5,500円 平 日 8:00〜16:30
土日祝 5:00〜16:30
障がい者割引
(ご本人様のみ)
全日
1日券のみ
大人 2,450円 平 日 8:00~16:30
土日祝 7:30~16:30
※手帳提示要。
他割引券との併用不可。
子供 1,000円

リフト券はカード式になっており、この料金以外にデポジット500円が必要です。

500円は、帰りにカードを返却したら戻ってきます。
駐車場料金所以外のほとんどでクレジットカードが使えます。

ほとんどのクレジットカード会社がご利用になれます。

また、「クイックペイ」「ID」などもご利用頂けます。

ダイナランドへ行ってみた

ダイナランド行ってみました。

IMG_3596

ダイナランドのセンターハウスです。

センターハウスの後ろに駐車場が見えますが、駐車場からセンターハウスまでシャトルバスが出ています。

IMG_3567

センターハウスのリフト券売り場です。

IMG_3585

この日、動いていたαライナーと第一ペアリフトです。

滑れるのはダウンヒルコースと第一ゲレンデです。

IMG_3593

リフトに乗るのは、ハンズフリーでOKです。

IMG_3602

αライナーから見た駐車場とまだ営業していないレストラン「パーブ」、第6ゲレンデ。

IMG_3615

αライナーの終点。ここより上に行くためのβライナーはまだ営業していません。

IMG_3628

ダウンヒルコースを降りると途中で右側にγライナーが見えます。

IMG_3657

γライナーから見たダウンヒルコース。

IMG_3654

左側のパラダイスBコースはまだ営業していません。

IMG_3643

ダウンヒルコースの途中から左側には、神中Bコース(上級)、神中回転バーンコース(上級)がありますが、まだ営業していません。

IMG_3669

第一ゲレンデからセンターハウスを見たところです。

アイスバーンが激しいのと所々、うっすら地面が見えます。

IMG_4038

第一ゲレンデ、人工雪をまいています。

IMG_4030

ダウンヒルコースの最後の方にはジャンプスポットもあります。

センターハウス レストラン

1Fレストラン ルアール

センターハウスの1Fレストラン ルアールに行ってみました。

IMG_3560

ポテトは盛り放題です。

IMG_3545

全体を見渡したところ。

IMG_3542

この日食べたのは、マルゲリータ 1,100円。焼き立てでおいしい。

2Fレストラン ベルーナ

センターハウスの2Fレストラン ベルーナに行ってみました。

IMG_4071

IMG_3712

味は普通でした。

IMG_3711

全体を見渡したところ。

IMG_3713

DJステーションもあります。ここでの放送がゲレンデ中に聞こえます。

おみやげもの屋さん以外に託児所、ロッカーもあるセンターハウス

IMG_4084

センターハウスにはお土産物屋さんもあります。

そのほか、センターハウスにはクレープ屋さん、サーティーワン、たい焼き屋さん、コインロッカー、託児所、更衣室、スノーボードスクール、スキーレンタルなどの施設があります。

託児所があるのはさすがです。

ダイナランドの設備のレベルは関西では最高レベルと考えてよいでしょう。

ダイナランド近くの民宿 大日荘に泊まった

今回は、ダイナランドまで車で5分の大日荘に泊まりました。

気軽で、安くて、料理のおいしい宿 “大日荘”!
大日荘はダイナランドや高鷲スノーパークにのすぐそばにあり、
シャトルバスが宿の前に止まるので、スキーウェアのままお出かけいただけ便利です。
宿に入ると、玄関には薪ストーブがあります。
夏におじいちゃん、おばあちゃんが木を切っておいた自家製の薪です。手作りの暖かさが味わえます。
広〜い階段には、マンガがたくさんおいてあります。主人がマンガが大好きなので、いろいろあります。たいくつな夜もこれでOK!
お風呂は男女別です。その横のところにローラーマシンがあります。自分でコンセントを挿して、自由に使ってください。

IMG_4021

大日荘はレトロな雰囲気でアットホームな民宿です。

IMG_4008

夕食も豪華です。

1泊2食付きで、6,500円/人 (消費税込7,020円/人)程度です。

ローチケHMVでリフト券を買うと安い

あらかじめローソンHMVエンタテイメントが運営・管理するローチケHMVでリフト券を買うと安いです。

http://l-tike.com/ski/tokai_dynaland.html

ダイナランド&高鷲スノーパーク 特日券
通常価格5,900円のところ、販売価格5,600円
【パック内容】リフト1日券(4,900円)+食事券(1,000円)ダイナランド&高鷲スノーパーク 平日券
通常価格4,900円のところ、販売価格3,500円
【パック内容】リフト1日券(4,900円)ダイナランド単独7時間券 特日券
通常価格5,300円のところ、販売価格4,900円
【パック内容】リフト7時間券(4,300円)+食事券(1,000円)ダイナランドナイター券
通常価格2,500円のところ、販売価格2,300円
【パック内容】ナイターリフト券(2,500円)

最後まで読んでいただきありがとうござました。

この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。