高鷲スノーパークにスキーに行ってきました 口コミ情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月30日から1月1日までダイナランド、高鷲スノーパークにスキーに行ってきました。
ダイナランド、高鷲スノーパークは岐阜県にある、関西から行ける最大のスキー場です。
2014年、ソチオリンピックの男子ハーフパイプで銅メダルをとった平岡卓選手は高鷲スノーパークで練習していたそうです。

ダイナランドについては、以下にまとめました。
ダイナランドにスキーに行ってきました

今回は、高鷲スノーパークについてです。

スポンサードリンク

高鷲スノーパークへのアクセス

高鷲スノーパークへのアクセス

住所:〒501-5305 岐阜県郡上市高鷲町西洞3086−1
公式サイト:http://www.takasu.gr.jp/

高鷲スノーパーク(たかすスノーパーク)は、岐阜県郡上市高鷲町の大日ヶ岳山麓にあるスキー場である。

東海北陸自動車道「高鷲IC」より10分、「ひるがの高原スマートIC(ETC専用)」より15分です。

ダイナランド、高鷲スノーパークのゲレンデマップは次の通りです。
高鷲スノーパークは右側半分です。

image

スポンサードリンク

高鷲スノーパークの営業時間、リフト代金

営業時間

平日 8:00〜16:30
土日祝・年末年始 7:30〜16:30

リフト代金

券種 区分 料金 利用可能時間
1日券 全日 大人 4,900円 平 日 8:00~16:30
土日祝 7:30~16:30
子供:4歳以上中学生以下
子供 2,000円 平 日 8:00~16:30
土日祝 7:30~16:30
ハイティーン割(16〜18歳)
シニア割(55歳以上)
土日祝   3,900円 平 日 8:00~16:30
土日祝 7:30~16:30
身分証明書の提示が必要です。
平 日   3,100円
午後券 全日 大 人 3,600円 12:00~16:30(11:30より販売開始)
11ポイント券 全日 共 通 4,000円 平 日 8:00~16:30
土日祝 7:30~16:30
1ポイント券の販売はしておりません。
11ポイント券をお持ちの方が追加可能です。
1ポイント券 全日 共 通 400円
帰路券(チャンピオンQ)
帰路券(ベータライナー)
全日 共 通 400円 ※ダイナランドからの帰りは
βライナーの利用となります。
2日券 全日 大 人 8,000円 平 日 8:00~16:30
土日祝 7:30~16:30
ファミリー1日券 全日 大人1名+子供1名 5,500円 平 日 8:00~16:30
土日祝 7:30~16:30
初心者応援チケット 全日 大人のみ 2,500円 平 日 8:00~16:30
土日祝 7:30~16:30
※パノラマリフトのみ乗車可能。
1日券に差額アップも可能です。

リフト券はカード式になっており、この料金以外にデポジット500円が必要です。
500円は、帰りにカードを返却したら戻ってきます。

スポンサードリンク

高鷲スノーパークに行ってみた

高鷲スノーパークに行ってみました。

image

高鷲スノーパークは駐車場の前がセンターハウスになっていて歩いて行けます。

 

IMG_3818

センターハウスを抜けてゲレンデ前に。チケットはここで売っています。

 

IMG_3834

15人乗りのSPゴンドラでゲレンデ山頂に行きます。

 

IMG_3867

ゲレンデ山頂にある山頂カフェ ポポロです。

 

IMG_3873

山頂から下るダイヤモンドコースです。ビギナーコースはまだ営業していませんでした。

 

IMG_3883

ダイヤモンドコースを下ると、途中でリフト ダイヤモンドクワッドに遭遇します。

 

IMG_3936

ダイヤモンドコースからビギナーコースに合流します。

高鷲スノーパークのレストラン

センターハウス レストラン「モンテローザ」

IMG_3989

ちょっと色合いが変だけど、ゴージャスな作り。

 

IMG_3999

メニューも豊富。

 

IMG_3959

スイーツ類も意外と安い。これで400円と500円で合わせて900円。

 

IMG_4000

DJステーションもありました。

山頂カフェ ポポロ

ゴンドラで行ける山頂カフェ ポポロです。

IMG_3921

メニューはシンプル。

 

IMG_3892

センターハウスに比べるとのどかな雰囲気。

ダイナランドと高鷲スノーパークの比較

ダイナランドと高鷲スノーパークはスキー場が交差しており、相互乗り入れできます。
リフト券も共通です。
ただし、駐車場は別々で車で行くと10分ぐらいはかかります。

私的な感想ですが、ダイナランドに比べて高鷲スノーパークの方が次の点で好感が持てました。

  • 高鷲スノーパークの駐車場はセンターハウス真ん前で歩いて行けます。ダイナランドはシャトルバスがあるものの歩くには少し遠い。
  • 高鷲スノーパークはセンターハウスがゴージャスで大きい。メニューもダイナランドよりも豊富なようです。ダイナランドはレストランが1Fと2Fに別れています。
  • 高鷲スノーパークのセンターハウス レストランは2Fにあるけれど、エスカレーターがあります。ダイナランドは2Fのレストランにスキーブーツを履いて行くには少し不便。
  • 高鷲スノーパークは山頂までゴンドラのみで行けます。その後は最長4800mのコースがあります。

総じて高鷲スノーパークは少し気がきいているなと感じました。

ただ、スキー場は互いに同じリフト券で行き来できるので、1日あれば全コース制覇出来ます。

ローチケHMVでリフト券を買うと安い

あらかじめローソンHMVエンタテイメントが運営・管理するローチケHMVでリフト券を買うと安いです。

http://l-tike.com/ski/tokai_takasu.html

高鷲スノーパーク&ダイナランド共通1日リフト券 平日 大人通常価格4,900円のところ、販売価格3,500円
【パック内容】
リフト1日券4,900円
高鷲スノーパーク&ダイナランド共通1日リフト券お食事券付 特日 大人通常価格5,900円のところ、販売価格5,600円
【パック内容】
リフト1日券4,900円+食事券1,000円

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です