ハチ北スキー場に行ってみた アクセス、雪、天気、リフト券情報

ski

このたび、ハチ北高原スキ場でスキーに行ってきました。

ハチ北高原スキー場はどんなところだったんでしょうか。

スポンサーリンク

ハチ北高原スキー場のアクセス、住所

ハチ北スキー場は、兵庫県美方郡香美町にあるスキー場です。

ハチ北の愛称で親しまれており、隣接するハチ高原スキー場と合わせてハチ・ハチ北と呼ばれます。

ハチ北高原スキー場は、頂上の鉢伏山でハチ高原と同じリフト券を使って往来できます。

ハチ北高原スキー場の住所は次の通りです。

住所: 〒667-1344 兵庫県養父市丹戸字西横角909-1

TEL:079-667-8036

Googleマップで見てみました。


ハチ・ハチ北高原のリフト券

ハチ・ハチ北高原のリフト券代金は次の通りです。

鉢伏山頂上に積雪が確保されハチ高原スキー場との行き来が可能な場合ハチ高原スキー場も滑走できます。

種 別 料 金 有効日 備 考
1日券 大 人 4,500円 発売日  
シニア 3,500円 発売日 60才以上(年齢を証明できるものが必要です)
子 供 3,500円 発売日 4歳~小学6年生まで
2日券 大 人 8,300円 発売日とその翌日  
子 供 6,300円 発売日とその翌日 4歳~小学6年生まで
午前券 大 人 3,800円 発売日 リフト営業開始より13時まで有効
子 供 3,000円 発売日 リフト営業開始より13時まで有効
4才~小学6年生まで
午後券 大 人 3,500円 発売日 12時よりリフト営業終了まで有効
子 供 2,800円 発売日 12時よりリフト営業終了まで有効
4歳~小学6年生まで

ハチ北高原スキー場に行ってみた

こちらが、ハチ北高原スキー場のゲレンデマップです。

gerendemap

(公式サイト: http://www.hachi-hachikita.co.jp/hachikita/slope.html)

車でなんとかハチ北高原スキー場の駐車場に着きました。

IMG_20170107_101603867

雪、少ねぇ。。

雪不足の為、この日はまだまだ、全面滑走可能となっておりません。

チケット売りばの奥が、ファミリーゲレンデと言われてるゲレンデですが、雪不足なので、取り敢えずリフトで上がってみます。

IMG_20170107_102306676

この雪の少なさ、大丈夫かぁ?

上までやってきました。

IMG_20170107_102539503

左側が、キッズファンコース、前が中央ゲレンデです。

ところどころ土が見えているものの、かろうじて滑ることが出来そうです。。

中央ゲレンデリフト付近まで来て、元いた場所を振り返ってみたところです。

IMG_20170107_102834457

IMG_20170107_162817284

このあたりが、お店、レストランがあって、いわばハチ北高原スキー場の中心地です。

中央ゲレンデのクアッドリフトに乗ってみます。

IMG_20170107_103524483

ご覧のとおり、やっぱり、土と言うか芝が見えますね。

かろうじて滑れるか。。。

IMG_20170107_103748379

右側が、スカイロードコースです。

左側が、チャレンジコースです。

パノラマゲレンデまでやってきました。

IMG_20170107_104833690

こちら、パノラマゲレンデの上から下を見下ろしてみました。

IMG_20170107_105341445

これより上の上級者モーグルトレーニングコースは、閉鎖されていました。

IMG_20170107_140654657

ここは、チャレンジ迂回コース。

「雪不足の為、滑走注意」と書かれているだけあって、この先は、土が至る所で見えていました。

IMG_20170107_162451230

中央ゲレンデを降りるところです。

これは、ナイターのための照明なんでしょうか?

IMG_20170107_162939134

これは、人工雪を作る機械かな?

ハチ北高原スキー場のランチ

ハチ北高原スキー場にはゲレンデコンビニとかあって、レストランは沢山あります。

今回は、クリスタKAZAOという所にやってきました。

IMG_20170107_113122695

最近、オープンしたためか、中はキレイ。

トイレも清潔で掃除がいきわたっていました。

IMG_20170107_142540649

今日は土曜日ですが、雪不足の為かお客さんも少ない。

IMG_20170107_114034966

定番のカレー、味は普通です。

まとめ

ハチ高原スキー場、ハチ北高原スキー場は、雪さえあれば頂上で結ばれているし、かなり大きなスキー場と言えるでしょう。

一日リフト券は、係員が目視で確認するタイプです。

最近、多くのスキー場では、一日リフト券がカードタイプの自動改札方式になっていることを考えれば、少し設備は古いかな。

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Translate »