ソニー プレイステーションVR (PlayStation VR、PSVR) の価格、ソフト

PlayStation VR

(公式サイトから引用)

ソニーのプレイステーションVRが2016年10月に44,800円で販売されるようです。

VR、ヴァーチャルリアリティ製品は、さまざまな製品がありますが、以下にまとめました。

VR (ヴァーチャルリアリティ)製品の種類 Google CardBorad, Gear VR, HTC Vive, Oculus Rift, Play Station VR
VR元年と呼ばれている今年ですが、 VRのヘッドセットは大きく2種類、5製品あるのをご存知でしょうか。 ...

そんな中で、PSVRがどんなものか調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレイステーションVRとは?

PlayStation VR(プレイステーション ブイアール)は、

ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE) が開発している仮想現実ヘッドセットです。

PlayStation 4とPlayStation VRを接続することにより、VR、ヴァーチャルリアリティを体感できます。

PlayStation 4のアタッチメントとして動作するので、必ず、PlayStation 4が必要です。

PlayStation VR単体で買っても何も出来ません。

PlayStation VRは、2015年のGame Developers Conferenceにて試作機が披露され、

仕様は、有機EL(OLED) 1920x1080ディスプレイ

(それぞれの目に960x1080、ピクセルアスペクト比2:1)、

RGB部分画素配列で、コンテンツを120fpsで表示することができます。

↓PlayStation VR トレーラー動画

PlayStation VRのスペックと発売されるセット内容は次の通りです。

【PlayStation VRのスペック】

型番:CUH-ZVR1シリーズ

サイズ:VRヘッドセット 約187×185×277mm(幅×高さ×奥行き)
プロセッサーユニット 約143×36×143mm(幅×高さ×奥行き)

質量:VRヘッドセット 約610g(ケーブル含まず)
プロセッサーユニット 約365g

ディスプレイ方式:OLED

ディスプレイサイズ:5.7インチ

ディスプレイ解像度:1,920×RGB×1,080(左右の目それぞれに960×RGB×1,080の映像を表示)

リフレッシュレート:120Hz、90Hz

視野角:約100度

搭載センサー:6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度)

接続端子:VRヘッドセット:HDMI端子、AUX端子、ステレオヘッドフォン端子

プロセッサーユニット:HDMI TV端子、HDMI PS4端子、USB端子、HDMI端子、AUX端子

プロセッサーユニット機能:3Dオーディオプロセッシング、ソーシャルスクリーン(ミラーリングモード/セパレートモード)、シネマティックモード

【PlayStation VRのセット内容】

VRヘッドセット×1

プロセッサーユニット×1

VRヘッドセット接続ケーブル×1

HDMIケーブル×1

USBケーブル×1

ステレオヘッドフォン(イヤーピース一式)×1

電源コード×1

ACアダプター×1

image

image

(画像は公式サイトから引用)

PSVR用のソフト、ゲームタイトル

発売から2016年末までにサードパーティタイトル含め、50本以上のタイトルを発表する予定となっています。

230社以上が参入を表明しており、スクエニやセガゲームスに加えコロプラなども参入するようです。

現在開発中のタイトルとしては、

「Eagle Flight」(ユービーアイソフト)、

「EVE: Valkyrie」(CCP Games)、

「Headmaster」(Frame Interactive)、

「Rez Infinite」(Enhance Games)、

「Wayward Sky」(Uber Entertainment)、

「RIGS: Machine Combat League」、

「つみきBLOQ VR」、

「Until Dawn: Rush of Blood」、

「PlayStation VR WORLDS」(SCE WWS)です。

さらに、EA (Electric Arts, エレクトロニック・アーツ) はPSVR用の

「Star Wars バトルフロント」

の発売を予定しています。

SCE WWSが開発中の

パーティゲーム「THE PLAYROOM VR」

は、PSVRの発売と同時に無料配信される予定です。

値段は高い?

値段は44,980円です。

決して高くはないと思います。

599ドルするOculus Riftに比べると、こんなもんかなと言う気がします。

↓カメラ同梱タイプをこちらから買うことができます。

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

↓カメラ同梱しないタイプをこちらから買うことができます。

PlayStation VR

それにしてもこれ、流行ったらみんな装着するようになるんでしょうか?

最近、電車ではみんなスマホをいじっていますが、そのうち、VRを装着して電車でニヤニヤしたり、叫んだりする人が出て来そうですね。

気持ち悪い。

最後まで読んでいただきありがとうござました。

この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。