Opolar LC06の使い方、レビュー、冷却ファンの性能、Switchでも

VR

グラフィックボード付きノートパソコンやNintendo Switchなどの外部クーラー、吸引ファンとしてよく使われているOpolar LC06を買ったので、使い方、レビュー、冷却ファンの性能について調べてみた。

スポンサーリンク

OPOLAR LC06吸引式ノートPC冷却ファン

OPLAR LC06冷却ファンには

  • 温度が表示されるタイプ
  • 温度が表示されないタイプ

の2種類がありますが、温度が表示されるタイプの方が断然におすすめです。

やはり客観的に、どの程度の温度なのか?下がったのかどうなのかを知りたくなりますからね。

 

↓OPOLAR LC06吸引式ノートPC冷却ファン 任天堂 Nintendo Switch冷却ノートクーラー pcクーラーファン コンパクト 静音 温度が表示され ファンスピード調整ができ ノートPCの冷却台 ニンテンドースイッチの冷却

 

  • 優れた放熱効果:吸引式によりPC放熱口の温度を自動的に測定し、最大5000RPMの回転数で風量も格段にアップ!PCの温度上昇を軽減し快適に動作させます。数十分以内でpcの熱を7〜10℃程度下げることができます。
  • 新しいデザイン:スマートな外観、LEDディスプレイ、PCの温度が表示され、ファンスピードが調整でき、適正なファンスピードをお選びください。
  • 二つの操作モード:自動モード:温度センサーがPC通気口の温度を自動的に測定し、ファンスピードでPCの温度を調整します。 手動モード:13階段のスピード調節で様々な要求に応えることができます。
  • サイズ:約9x8.5x3.5㎝のコンパクトサイズ、重さ114g、持ち運びも便利でPC作業時にも使えます。
  • 耐久性:日本製モーター、ABSプラスチック、そして通常5000時間以上の使用が可能です。

 

OPOLAR LC06の外観レビュー、使い方

OPOLAR LC06の外観は次の通りです。

 

 

 

左側に装着したのは、一時的に使うときの吸盤です。

恒久的に設置するには、右側の銀板にパソコンを接着します。

 

 

 

 

使い方は、OPOLAR LC06をノートパソコンのグラフィックボードの通気口に設置するだけです。

通気口から空気を吸引するため、USB電源が必要です。

ノートPC内部の空気を吸って、センサーで温度を測って表示します。

 

ノートPCで冷却台を使っている場合は、OPOLAR LC06を安定して設置できるように少しずらして場所を確保します。

 

下部分は吸盤でパソコンに接着します。

冷却ファンの性能レビュー

冷却ファンとしてよく使われるのは、冷却台でしょう。

 

CoolerMaster製が、最もよく使われているのではないでしょうか。

↓CoolerMaster ノートパソコン用クーラー NOTEPAL X-SLIM2 (型番:R9-NBC-XS2KJ-GP)

ただ、冷却台だけではグラフィックボード付きのノートパソコンは十分冷えません。

そこで、OPOLAR LC06の登場となります。

 

 

OPOLAR LC06の優れている点として、グラフィックボードの通気口に直接取り付ける吸引式であり、排気口に装着させ、直接内部からの熱を吸い出すことが可能となります。

5000RPMの回転数、風量も格段にアップ、PCの温度上昇を軽減、快適に動作させます。

回転させると、1分間以内で、熱を7〜10℃程度下げることができました。

 

OPOLAR LC06の冷却効果については、コチラにも書いてありました。

http://www.pertsovka.com/entry/2017/07/28/032942

PS4やSwitch、MacBook Proで使えるか?

OPOLAR LC06は、グラフィックボード付きのノートパソコン用ですが、ノートパソコンだけでなく

  • 任天堂 Nintendo Switch
  • ソニープレイステーション4、PS4
  • MacBook Pro

で使用可能です。

 

これらで熱が気になる人は、使ってみるとよいでしょう。

 

↓OPOLAR LC06吸引式ノートPC冷却ファン 任天堂 Nintendo Switch冷却ノートクーラー pcクーラーファン コンパクト 静音 温度が表示され ファンスピード調整ができ ノートPCの冷却台 ニンテンドースイッチの冷却

 

 

VR
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うらしたをフォローする
スポンサーリンク
urashita.com 浦下.com (ウラシタドットコム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました