Oculus GOの価格 購入、セットアップ、レビュー、使い方、スペック、アプリ

スポンサーリンク
VR

Oculus GOを買ってみたので、レビューします。

Oculus GOとは

Oculusは、HTCと並んでVR機器の代表的なメーカーの一つ。

Oculus RiftとHTC Viveが最もハイエンドな機種です。

 

以下の記事でまとめました。

VR (バーチャルリアリティ)製品の種類 Google CardBorad, Gear VR, HTC Vive, Oculus Rift, Play Station VR
VR元年と呼ばれている今年ですが、 VRのヘッドセットは大きく2種類、5製品あるのをご存知でしょうか。 今回、これらのVRのヘッドセット5種類を整理してみました。 VRのヘッドセットとスマホのみでOK ...
VRの3DoF 6DoFとは?読み方は?違いは何?Oculus, HTC, PSVRのHMDを分類
VRの機器のレビューでよく見かける3DOFと6DOF。 これって何なんでしょうか? 3DoFとは?読み方、いらすとや 「いらすとや」の画像がわかりやすいですね。 3DoF (three degrees of free...

 

Oculus GOは、パソコンが不要で3DOFの廉価版VRヘッドセットです。

Oculus GOの読み方は、オキュラスゴーです。

Oculus GOのスペック、性能

Oculus GOのスペック、性能は次の通りです。

Oculus GO本体のスペック

名称 Oculus GO
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 821
本体サイズ 190mm×105mm×115mm
質量 468g
解像度 2560x1440
インチ 5.5インチ
液晶 WQHD液晶パネル
PPI 538ppi
トラッキング ヘッドトラッキングのみ、3DOF
リフレッシュレート 60Hz、72Hz (コンテンツにより変化)
ストレージ 32GB、64GB
バッテリー 1時間半〜2時間(ゲームプレイ時)
2時間〜2時間半(動画視聴時)
充電時間 3時間、10W(5V 2A)ACアダプター使用時
ボタン 電源ボタン、音量調節ボタン
USB端子 マイクロUSBポート
同梱物 ・VRヘッドセット
・コントローラー
・マイクロUSB-USBケーブル
・眼鏡スペーサー
※米国用パッケージには電源アダプターが付属しますが、日本向けには付属しません。機器を充電する際には10W(5V 2A)のACアダプター(要別途購入)が必要となります。

 

Oculus GOは一言で言えば、Android端末です。

 

コントローラーのスペック

ボタン トラックパッド
Returnボタン
Homeボタン
トリガーボタン
トラッキング 回転のみ(3DoF)
サイズ 111mm×37mm×57mm
質量 65g
バッテリー 単3電池1本(付属)

 

Oculus GOのクーポンはあるか?

Oculus GOを購入する際にクーポンコードを入力数欄が表示されるかもしれません。

ただ、現時点ではクーポンは配布されていないようです。

 

Oculus GOの値段、購入、Amazonでは?

Oculus GOには、32GBと64GBの2種類あります。

 

Oculus Go - 32 GB

 

Oculus Go - 64 GB

値段は大して変わらないために64GB版でよいと思います。

 

値段は確かに安いね。

スマホ本体並み。

Oculus GOの開封

これが、Oculus GO本体の箱を開けたところ。

 

これが電源とボリュームボタンです。

 

これがコントローラーです。コントローラーは1個だけです。

 

これが付属品の一覧です。

  • HeadSet ヘッドセット
  • Controller コントローラー
  • Lanyard ストラップ
  • Eyeglass Spacer 眼鏡スペーサー
  • Charger/Cable 充電器
  • AA Battery 単三乾電池
  • Lens Cloth レンズ拭き

 

 

Oculus GOってどうやってセットアップするんだろう?って思っていたらなんと。。

 

Grab your phone to get started

 

スマホにアプリをダウンロードしてセットアップしろって?

 

Oculus GOのセットアップ、使い方

気を取り直して、Oculus GOのセットアップを行います。

 

以下のURLを開きます。

https://www.oculus.com/app

 

スマホにOculus GOのアプリをインストールします。

 

インストールは簡単なので、「次へ」で進んでいけばOKです。

途中で、Oculusのアカウントを作成する必要があります。

 

 

ヘッドセットの選択では「Oculus GO」を選択します。

 

 

ここからのセットアップは言われた通りに行うだけ。

 

 

最後、「安全に関するご注意」に同意します。

同意しないと進められません。

 

ちなみに、開封直後はヘッドセットのバッテリがーほとんど充電されていないので、十分充電してからセットアップを行いましょう。

 

Oculus GOのレビュー、感想、Amazon、日本語、バッテリー

Oculus GOを使ってみてのレビュー、感想など。

Amazon Prime Videoは、権利のエラーで見れない?

まず、使ってみたのは、アマゾンプライムビデオでの映画鑑賞。

VRなら映画館風に鑑賞できるだろうって期待を胸に見てみる。

 

アマゾンプライムビデオを再生してみて、最初の障壁は「デジタル権利エラー」というメッセージが表示され、再生されませんでした。

 

更に調べてみると、「デスクトップをリクエスト」を確認しろというページが見つかりました。

 

次のようにすると、Amazon Prime Videoが再生されます。

 

  1. ブラウザの右のタブの設定より、「閲覧データのクリア」を選択
  2. 「サイト設定」にチェックをいれ、「データを削除」をクリック
  3. 任意のPrime Videoを再生
  4. 動画再生前に画面下部にアクセスの許可を求めるメッセージが表示されるため、「許可」をクリック
  5. この手順ですが、選択する前に次の状態に進んでしまうと上記のエラーが発生してしまいます。
  6. この手順がうまく行かなかった場合は1からやり直してみてください。
    動画が再生されます

この方法でなんとか、アマゾンプライムビデオが再生できました。

 

最大化すると、映画館での鑑賞っぽく見ることが出来るのですが、最大化ボタンは再生開始後、10秒程度で消えて押せなくなります。

よって、再生開始後、すぐに最大化を押すようにします。

アマゾンプライムビデオで早送りできない

アマゾンプライムビデオを再生すると、早送りとか、戻すとか、進行中を表す画面を表示することは出来ません。

 

そこで、すでに偉い人が作ったブックレットを使わせていただきます。

以下の

「AMAZON PRIME VIDEO表示コントロールUI表示」

「AMAZON PRIME VIDEO表示コントロールUI非表示」

です。

 

Oculus Go用 ブックマークレット
  1. 上記ボタンのいずれかをクリックして画面遷移します。
  2. ブックマークボタンを押してください。
  3. URL欄の「http://commitorbit.com/oculusgo/」を削除し、「javascript@」の@を:に変更して先頭にスペースの追記を行い、「 javascript:」に編集して保存してください。
  4. 保存したブックマークを開くことで動作します。

 

これを使うと、なんとか、早送りとか巻き戻しが可能になります。

ただし、最大化表示しているときは、ブックレットが押せないので使えません。

 

日本語入力できない

Oculus GOでは日本語の入力が出来ません。

 

これも既に先人が作ってくれた

「Oculus Go ブラウザ 日本語変換ブックマークレット」

を使います。

 

以下を使います。

Oculus Go ブックマークレット

これを使うと、かろうじて日本語変換を使うことが出来ます。

少し使いにくいですが。

 

バッテリーがすぐになくなる

Oculus GOのバッテリーは2時間程度無くなってしまいます。

充電しながら、動画の視聴を試してみたのですが、やっぱり充電よりも消費の方が速いようですぐにバッテリがー無くなります。

 

満タンに充電していても2時間の映画を見るのが精いっぱい。

そして、空の状態からフル充電まで3時間ぐらいかかります。

これはちょっと残念な仕様。

 

コントローラーの位置がずれる、おかしい

コントローラーは、インサイドアウト方式をつかっていて、ヘッドセットからの信号で検知していると思われます。

時々、実際とは全く異なっている場所にあったり、違う方向を示していることがあります。

ただ、だいたいはリセットして、スクリーンの位置を決め直せば修正されます。

 

コントローラーを持つ手を右手にするか左手にするかの設定がありますが、右手に設定しておけば、だいたいそれっぽい位置になります。

スピーカーの音声はまずまず、イヤホンは非対応

Oculus Goは、Bluetoothイヤホン・ヘッドホンに標準対応していません。

Bluetoothトランスミッターなどを使用する方法はあります。

そのため、有線でイヤホンやヘッドホンを接続する必要があります。

 

ただ、イヤホンを使わなくても、ヘッドセット本体のスピーカーから音声が出力されます。

耳の近くにスピーカーがあるので、ちゃんと聞こえます。

ただ、常に音が漏れている状態なので、周りに人がいれば、聞こえてしまいます。

 

Oculus GOでSteamVRを使う?VR ChatやGoogle Earthは使えるか?

Oculus GOはスタンドアロン版のVRヘッドセットなので、STEAMのアプリケーションは使えません。

 

PC向けハイエンドVRのヘッドマウントディスプレイとして使えるツール「Air Light VR」(ALVR)というものが公開されており、これを使うとSteamVRを使うことができます。

 

グラボの付いたVR Readyのパソコンを用意して、「Air Light VR」(ALVR)をインストールしましょう。

Oculus GOで、Google EarthやVR Chatを使うことが出来るようになります。

 

コメント

  1. […] Oculus GOの価格 購入、セットアップ、レビュー、使い方、スペック、アプリ… […]