独自ドメインにZOHO(Google Appsの代替)使い方と日本語化は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

独自ドメインにZOHO(ゾーホー)を使う

Google Appsの無料版が2012年12月で終了しました。
私はそれから、新しいドメインでは、ZOHOを使っています。
ZOHOは日本ではあまり知名度はありませんが、1996年に創業のアメリカの企業で、ユーザー数は世界中で600万人以上いるようです。
日本では一握りの人にGoogle Appsの代替として注目されていますが、もともとはクラウドCRMやユーザーアプリケーションを提供している企業です。
以下の表は、ZOHOメールhttp://www.zoho.jp/mail/pricing.htmlからの引用です。

プラン名 スタンダード
10GBプラン
スタンダード
15GBプラン
無料プラン
利用料金 (※1) 年間2,880円/ユーザー 年間4,320円/ユーザー 無料
ユーザー数 無制限 無制限 3ユーザー
ストレージ 10GB/ユーザー 15GB/ユーザー 5GB/ユーザー
POP/IMAP対応
インポート/エクスポート
時の容量
(※2)
無制限 無制限 無制限
ドメイン数 無制限 無制限 1
グループ数(※3) 無制限 無制限 3
連絡先管理機能
スケジュール管理
(カレンダー)機能
タスク管理機能
メモ機能
迷惑メール/ウイルス
防止機能
モバイル対応
メールによるサポート

1ドメイン3ユーザーと少ないですが、個人でドメインメールを管理するには使えます。

スポンサードリンク

ZOHOの設定と使い方

ZOHOの設定と使い方は以下の通りです。
image
まず、https://zoho.jp/signup.html からZOHOのアカウントを作成します。

image
アカウントを作成したら、ZOHOのコントロールパネルにログインします。
「ドメインの追加」でドメインを追加します。
image

ドメインの認証方法として、CNAMEを使用する方法、TXTレコードを使用する方法、HTMLを利用する方法の3種類あります。
私は、ドメインを管理しているレジストラで設定できるCNAMEを使用する方法を選択して、CNAMEをレジストラのコントロールパネルで設定しました。
認証はすぐに行われます。

スポンサードリンク

ZOHOの日本語化は?

ほぼ日本語化されているように見えます。
日本語になっていない場合は、ZOHOアカウントへログインして開いた「Accounts」ページの上にある「profile」タブを開き「Personal Information」の項目の「Personal Details」の右にある「Edit」のリンクを開きます。
https://accounts.zoho.com/
開いたページの「Locale Details」にある「Language:」の窓に「日本語」を選択表示して、ページ下の「save」ボタンを押します。
日本語では困りません。

 

ZOHOのまとめ

無料版については基本は個人ユースだと思います。
個人でドメインメールを管理するには、簡単に使えると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です