CentOS 7の時刻同期chronyd (ntpdの代替)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

chronydとは

chronydはNTP(NTP、ネットワークタイムプロトコル)のクライアントの一つです。
NTPサーバーに接続して、chronydが動いているサーバーの時刻を補正します。
これまでCentOSに慣れ親しんできた私には時刻同期のクライアントと言えば、ntpdでした。
CentOS 7では時刻同期にはntpdに代わりchronydを使います。
NTPはUDPのポート123番を使用します。

スポンサードリンク

chronydの設定とインストール

chronydのインストールはyumで行います。

chronydの設定ファイルは、/etc/chronyd.confです。

server 0.centos.pool.ntp.org iburst
server 1.centos.pool.ntp.org iburst
server 2.centos.pool.ntp.org iburst
server 3.centos.pool.ntp.org iburst

のところが同期すべきサーバーですが、個人サーバー運用ではデフォルトのままで問題ありません。

 

chronydをサービスに登録して起動します。

スポンサードリンク

chronydとntpdの比較

chronydはntpdと比べると利点がある一方欠点もあります。

  • chronydのntpdに対する利点
    • メモリ使用量が圧倒的に少ない
    • ntpdは1秒おきにプロセスが起きるのに対して、chronydは起きる必要はない。このためCPUや電源に優しい。
  • chronydのntpdに対する欠点
    • chronydはadjtime()関数を用いてオフセットを修正するために、多少の誤差が生じる
    • Autokey認証のような優れたNTPの拡張機能はサポートされない

 

chronydを使った時刻同期の実験

 

おまけ:タイムゾーンの設定

タイムゾーンについては、timedatectlコマンドを使って設定します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です