PVC(ポリ塩化ビニル, polyvinyl chloride)のソファが劣化したので日本製人工レザー(PU素材)を買った

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅のPVC(ポリ塩化ビニル)のソファが劣化してきました。
見るも無残な以下のような状況です。

DSC09394

新品で買っておよそ3年でこんな姿となり買い換えることにしました。

スポンサードリンク

本革と合成皮革(PVC, PU)の長所

買ったものが安かろう、悪かろうだったのでしょうか。
そこで本革と合成皮革であるPVC(ポリ塩化ビニル, polyvinyl chloride)、PU(ポリウレタン, Polyurethane)を比較してみました。
まずはそれぞれの長所は以下の通りです。

本革
長寿命で使い込むほどに、革本来の風合いや良さが出てきます。
使い方さえ誤らなければ、柔軟性、耐久性、吸湿性、通気性がよく、長く使える丈夫な素材です。
引っ張りに強いので破れにくいです。
耐燃性があり、燃えにくく、耐アレルギー効果があります。
表面はアレルギーの原因になる、埃やチリを内部に通さない構造になっており、表面に付いた埃やチリも簡単に掃除機で吸い取れます。

PVC(ポリ塩化ビニル)
光沢がありクールで無機質な感じを持つ素材です。
水や中性洗剤で汚れを拭く事ができるため、手入れが非常に簡単であり、耐汚染性に優れています。
水にも強いので拭き取ればよいです。
革のようにカビの心配はなく、抗菌作用など、様々な加工がしやすいです。
背、座、肘を革張りでそれ以外をPVCにするなど、他の素材と組み合わせる事も可能となります。

PU(ポリウレタン)
しなやかで、弾力性に富んだ素材で折り曲げするソファにも適しています。
PVCより柔らかく肌触りが良く通気性も良いです。
PVCに比べて経年劣化がしにくいです。
撥水性が高いです。

スポンサードリンク

本革と合成皮革(PVC, PU)の短所

一方、それぞれの短所は以下の通りです。
本革
水に濡れるとひび割れの原因になります。
専用のクリーナーを使うなど、メンテナンスが面倒です。
熱に弱いため高温、多湿の場所での使用は禁物です。

PVC(ポリ塩化ビニル)
通気性が良くないので、湿度の高い季節は肌にべたつきます。
熱に弱く、約60度の熱で表面が溶けてしまいます。
耐久性が良くなく、時が経つと表面のコーティングが割れてきます。
滑りやすいです。

PU(ポリウレタン)
本革に比べ多少耐久性が劣ります。

スポンサードリンク

さっそく買い換え

自宅近くのある有名な卸売を行っている家具店を訪れました。
この店は、いわゆる小売りへ卸を行っている店なので、一見では行けない店で誰かの紹介で会員になる必要があるようなお店です。
ただし、販売しているものは他の量販店よりかなり安くなっています。

詳しくお店の人に聞いた場合、中国などで扱っているようなPUやPVCは加工方法の関係で加水分解、つまり劣化が激しいとのことです。
店員さんは「人工レザー」という表現をされていましたが、日本で人工レザーで加工したもので、材料としてPU(ポリウレタン)を使っているものは長持ちするということです。

要は単純に、本革、PVC、PUという比較は出来ないようです。

とういわけで悩んだ末、POLO(ポロ)という製品を買うことにしました。
同様のサイズのものは5万円以下で買えるもの物多いですが、POLOは、日本製、人工レザー(PU使用)で耐久性がよい、メンテナンスが楽ということが決め手になりました。

image

欲しい家具が見つかる通販サイト

ところで、欲しい家具が見つかる通販サイト知っていますか?
私のおすすめは、AKAYAオンラインショップ です。

商品点数が業界最大級です。
「欲しい家具が必ず見つかる」がコンセプトで、膨大な商品群は価格だけでなく、色やサイズで欲しい家具を検索できます。
中でもこたつは500種類以上の取り扱っており業界最大の販売台数です。
高単価な商材にもかかわらず、シーズン中は注文が殺到します。
またリアル店舗も8店舗運営しており、関西圏ではTVCMも放送しています。
創業60年の老舗家具屋という安心のブランド力もあります。

買う商品が決まってからならAmazonや楽天もよいですが、まだどんな商品かあるかわからない状態で、いろいろと比べたい時には、AKAYAオンラインショップ で探すのがおすすめです。

まとめ

今回の調査で分かったことはPVCは安いですが安い分、劣化も早いです。
一方、耐久性に優れた本革はそれなりに手入れが必要です。
今回買い換えるにあたり、人工レザー(PU使用)の場合、手入れが簡単で耐久性がよいようです。
古いボロボロのソファはさっそく捨てました。

私が買ったソファとほぼ同じ仕様なのが以下のものです。

結論として、本革(メンテ大変、コスト高) >= 人工レザー(PU、メンテまし、コストは本革より安い) >> PVC(ポリ塩化ビニル、安かろう、悪かろう)
という訳で、人工レザー(PU)を使って、人工レザー用のクリームでメンテして過ごすことにします。

2015.5.14 追記

その後、人工レザーのソファーが届きました。

DSC09520

新品はやっぱりすべすべでいい感触がします。
座るのがもったいない感じです。
新しいPUのソファを触ってみた感触として、以前のPVCのソファに比べてちょっと硬いという印象です。
ただ、これは単にソファの質とか、経年劣化とかの影響でPUがPVCより硬いとかいうことはないようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 新しいPUのソファを触ってみた感触として、以前のPVCのソファに比べてちょっと硬いという印象です。 PU(ポリウレタン)しなやかで、弾力性に富んだ素材で折り曲げするソファにも適しています。 ただ、これは単にソファの質とか、経年劣化とかの影響でPUがPVCより硬いとかいうことはないようです。 [紹介元] PVC(ポリ塩化ビニル)のソファの劣化 | urashita.com […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です