鳥取砂丘、安蔵森林公園、浦富海岸、すなば珈琲に行ってみた ランチ、アクセスなど口コミ情報

鳥取砂丘

このたび、鳥取砂丘、安蔵森林公園、浦富海岸、すなば珈琲に行ってみました。

どんなところだったんでしょうか。

口コミ情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鳥取砂丘とは

鳥取と言えば、鳥取砂丘ですね。

鳥取に観光に行くのには絶対に外せない場所です。

鳥取砂丘の情報サイト:鳥取砂丘完全ガイド

所在地: 〒689-0105 鳥取県鳥取市福部町湯山 2164-661

電話: 0857-22-0581

Googleマップで見てみました。

鳥取砂丘は、山陰道265号沿いにあります。

鳥取市内に入れば、道路の至る所に鳥取砂丘までの方向と距離が書いてあるのでほとんど迷うことはありません。

IMG_7277

ここは鳥取砂丘の南側です。ここから砂丘を見る人はほとんどいません。

砂丘は海岸沿いにあって、思ったよりも小さかったのですが、それでも、どこから砂丘を見ればいいんだろう?

実は、砂丘の東側あたりは観光地になっていて、あちこちにお土産屋さんとか無料の駐車場があるので、砂丘の東側にあるお店の駐車場なら、どこでもいいです。

砂の美術館

で、入ってみたのが「砂の美術館」です。

砂の美術館公式サイト

駐車場は無料でした。ここが車を止めるにはベストでした。

美術館への入場料は大人600円、小中高生は300円ですが、中に入る価値がありました。

砂の展示物が超迫力で、よそでは見られないものばっかりです。

砂の美術館前のお土産物屋さんと鳥取砂丘情報館です。

ここは美術館の後で入ってみました。

IMG_7281

さて、砂の美術館に入ります。

IMG_7290

結構、豪華で綺麗な建物でした。

IMG_7292

今年は南アメリカを題材にした、砂で作った作品・造形物の展示です。

各作品は、世界中から芸術家・アーティストが作っているようです。

毎年、新しいものを作っているようです。

展示館に入ってみて、最初の展示物。

IMG_7303

これ結構すごいんです。

遠近法を使って、街並みが作らています。

IMG_7304

砂で作ったとは思えない精度と美しさ。迫力あります。

IMG_7307

IMG_7316

大きな展示場です。

IMG_7369

これはイエス・キリストです。

IMG_7321

あのリオデジャネイロにあるコルコバードのキリスト像をモチーフにしたものですね。

遠くから見ると、キリストが両手を広げているのがわかります。

IMG_7343

美しい滝です。

IMG_7344

砂とは思えない臨場感と表情があります。

IMG_7342

IMG_7347

子供の表情も正確に創られています。これは珈琲の実のようです。

IMG_7354

細かな模様も描かれています。

IMG_7352

個人的には一番気に入ったヒョウがワニを食べるところです。

IMG_7357

すごく迫力を感じました。

IMG_7359

IMG_7361

イエス・キリストの右手です。

IMG_7366

表情がいいですね。

IMG_7377

これ、表情がいいと思ったら、リオのカーニバルなんですね。

IMG_7383

これ、空中都市、マチュピチュなんです。各オブジェはそれぞれ制作者が違って下にこのように書かれています。

IMG_7378

マチュピチュにいる羊です。

IMG_7381

マチュピチュを上の階から眺めてみました。

この通り、中もちゃんと作られていますね。

IMG_7385

マチュピチュの正面から見た展示場の前景です。迫力あるし、見る価値あります。

IMG_7389

IMG_7392

いやぁ。これはスゴイ。

IMG_7393

IMG_7396

IMG_7398

IMG_7397

IMG_7402

歴代の砂の創造物の写真が飾られていました。

2013年は東南アジア編だったんですね。

IMG_7403

2014年はロシア編だったようです。

IMG_7405

やっぱり、写真と実物では迫力が違いますね。

本物は「スゲェ」の一言。

外に出てみます。

この建物が展示物が飾られていたところ。プレハブの作りながらエアコンも聞いたし綺麗な建物でした。

IMG_7421

外にも飾られていたガラパゴスの動物たちです。

IMG_7423

鳥取砂丘が遠くに見えます。

IMG_7436

これは、リオオリンピックをイメージしているのでしょうか。

IMG_7442

ミニ砂像体験ができるようです。

IMG_7458

という訳で、砂の美術館をあとにします。

鳥取砂丘のランチ

このあたりは観光地になっているので、レストランも沢山ありました。

IMG_7569

海鮮問屋 村上水産に入ってみます。

IMG_7470

リゾート価格の1,200円のステーキ丼でした。味は普通です。

IMG_7465

鳥取砂丘に行ってみた

ランチが終わったらそのまま鳥取砂丘まであるきます。

IMG_7476

鳥取砂丘は国指定の天然記念物です。

遊泳は禁止だし、砂の採取も禁止です。もっとも帰りは運動靴は砂だらけになしましたが。

膨大、雄大な景色が見えます。これが鳥取砂丘。

IMG_7490

ラクダがいました。ラクダに乗るには1人1,300円です。

そのあたりを数分歩いてくれます。

聞けばモンゴル産とアフリカ産?中東産?のラクダがいるとか。

IMG_7492

これが、あの鳥取砂丘の有名な景色だとか。

IMG_7513

これ、けっこうきつそう。

IMG_7518

裸足になっている人も多い中、靴を履いたままで果敢に挑戦してみました。きつい。

IMG_7525

後ろを振り返るとこんなところです。実は緑も結構あるんです。

IMG_7527

砂丘の山の梺あたりで除草をしていました。

ボランティアに参加すると多少の恩恵があるようです。

IMG_7765

砂丘の丘の上まで来ました。向こう側は日本海ですね。

IMG_7529

パラグライダーをやっている人もいます。

IMG_7553

今度は海側からこの丘を登ってみます。

IMG_7560

かなりきつい。

靴を履いていると砂に足がうもって砂だらけになります。

IMG_7562

リフト上がると、砂丘観光センターだとか。

砂丘観光センターに車を止めた人用ですね。

IMG_7565

砂丘と砂漠の違い

鳥取砂丘と砂漠は異なります。

鳥取砂丘は、風の運搬した砂が堆積(たいせき)してできた小さな丘です。

例えば、鳥取砂丘は年間2,000mmもの降水量があります。そのため地表面が乾燥していても、少し掘ると湿っています。

一方、砂漠は、年間降水量の少ない乾燥した地域なので砂を掘っても深いところまで乾燥しています。

雨量が極端に少ないため植物がほとんど育たず、岩石や砂礫(されき)からなる地域のことです。

安蔵森林公園(オートキャンプ場)に行ってみた

安蔵森林公園にやってきました。

公式サイト:安蔵森林公園

住所:鳥取県鳥取市河内1462−36

電話:0857-56-0888

宿泊施設は、バンガローとオートキャンプ場がありますが、今回はバンガローを利用しました。

バンガローは1泊/12,960円 (1棟)です。

設備は次の通りです。

台所関係(6人分)

包丁、まな板、鍋(大)(中)各1つ、フライパン、やかん、ざる、ボール、おたま、しゃもじ、へら、栓抜き、缶切り、炊飯器、湯沸かしポット、台所用洗剤、スポンジ、たわし、コップ、皿各種、茶碗、おわん、湯呑み、おぼん、冷蔵庫、フォーク、スプーン、ガスグリルコンロ

浴室洗面関係

シャンプー、リンス、ボディシャンプー(タオル・洗面用具等はありません)、三面鏡付き洗面台、洗濯機、洗濯洗剤(浴衣、パジャマ等はありません)、ウォシュレット、ウォームレット付

リビング関係

テレビ、エキストラベッド(ソファー兼ベッド)2台、2階にはベッド4台

Googleマップで見てみました。

鳥取市内からは30kmぐらいの距離があります。

こちらが安蔵森林公園の入口です。

IMG_7642

これは、体験交流センターみやま荘です。

IMG_7583

施設のメンテナンスは行き届いている感じがします。

IMG_7613

これが今回泊まったバンガローです。

IMG_7614

新しいためか比較的きれいで清潔な感じです。

バルコニースペース。

晴れならバーベキューが出来ますが、雨模様なのでやめました。

IMG_7611

IMG_7610

中は風呂、トイレ完備です。

IMG_7591

IMG_7592

キッチンに食器もあります。

ただ、食器は使わなかったです。

IMG_7594

2Fのロフトがベッドスペースになっています。

IMG_7602

バンガローはなんだかんだ言ってキャンプよりも準備が少なくて楽でしたね。

木工制作やいも堀りなどのアクティビティも用意されています。

浦富海岸(うらどめかいがん)

次の日、所変わって浦富海岸に海水浴に行ってみました。

住所:〒681-0003 鳥取県岩美郡岩美町大字浦富
電話番号:0857-73-1411

浦富海岸は、鳥取市内から東に20kmぐらいの距離があります。

大きな駐車場があって1日1,000円です。

温水シャワーも1回100円で使えるところがありました。

IMG_7692

普通に大きな海水浴場です。

IMG_7650

IMG_7652

水上オートバイ、水上バイクと引っ張られる人たち。楽しそうだけど事故には注意しよう。

IMG_7666

海岸の真ん中あたりは工事中でしたが、海の家もたくさんあって、駐車場も近く、ほどよく混み合っているいい海岸でした。

すなば珈琲(砂場コーヒー)に行ってみた

その後、すなば珈琲に行ってみました。

スタバがまだ鳥取にないときに、「スタバはないけれど砂場はある」っていうフレーズで有名になった、コーヒーショップです。

公式サイト:すなば珈琲

住所:〒680-0834 鳥取県鳥取市永楽温泉町152

電話番号:0857-27-4649

営業時間:8時00分~20時00分

すなば珈琲は全部で4店舗あるようです。

すなば珈琲 鳥取駅前店:鳥取県鳥取市永楽温泉町152

すなば珈琲 賀露店: 鳥取県鳥取市賀露町西3-27-1

すなば珈琲 国府店:鳥取県鳥取市 国府町庁391

すなば珈琲 湖山店:鳥取県鳥取市湖山町東1-117-40

今回行ってみたのは、鳥取駅前店です。

Googleマップで見てみました。

駅前にあるので駐車場がありませんが、お店のすぐ隣にタイムズがあります。

夕方4時ぐらいです。

夕飯時ではありませんが、噂を聞きつけた観光客らしき人で行列が出来ていますね。

IMG_7759

すなば珈琲のなかのモチーフです。

IMG_7738

メニューはごく普通ですが、飲み物は大きめ。

こちらは、キャラメルウィンナー珈琲540円です。

IMG_7752

すなば珈琲のケーキセットは540円でした。

IMG_7753

大人気という、すなばパンケーキです。

これはミニサイズの方で486円です。通常サイズは918円です。

IMG_7756

喫煙席が個室的になっておらず、喫煙席も禁煙席も隣同士になっていて完全分煙されていなかったのが少し残念でした。

これだとタバコの煙がそのまま禁煙席まで流れてきます。

まとめ

大阪から鳥取までは中国自動車道と鳥取自動車道を使って約200km、3時間程度の距離で行けます。

鳥取砂丘が観光のメインになりますが、他にもいろいろと穴場スポットがあるでしょう。

あと忘れてはいけないのが二十世紀梨でしょうか。

鳥取県産の梨の8割が二十世紀梨だとか。

確かに至る所で梨農園を見かけました。


二十世紀梨(20世紀梨)5kg詰(16玉前後入/L~3Lサイズ) 鳥取県産 訳あり(ご自宅用) …

鳥取県は、のんびり過ごすには、また行ってみたいと思うような場所でした。


↓日本国内を観光するならクラブツーリズム

クラブツーリズム 国内旅行