OSとは?オペレーティングシステム、Operating Systemって何?基本ソフトの機能と役割、種類

スポンサーリンク
コラム

この記事の親記事は以下です。

IT、ソフトウェア、インターネット業界で必要な知識 (プログラマ、システムエンジニア)
以前、次のようなコラムを書きました。 今回は、IT業界で必要な知識について、より具体的な内容をまとめてみました。 IT業界で必要な知識 IT業界で必要な知識を1枚のスライドにまとめると、ざっ...

 

OS、オペレーティングシステムって知っていますか?

OSは、日本語では基本ソフトと呼ぶことがありますが、パソコンやスマホを起動したときに最初に起動するいわば、プラットフォームとなるソフトウェアです。

 

OSとは?オペレーティングシステムの役目、仕事

OSは、以下の役割を持つソフトウェアです。

 

  • タスクの管理
    タスクを実行する順番を管理し、その順番にあわせてタスクに必要な資源(CPU、メインメモリ、ファイル、入力装置など)を割り当てる機能。

 

  • メモリの管理
    プログラム開始時にメインメモリを割り当て、プログラムの終了でメインメモリを開放する機能です。仮想記憶なども行います。

 

  • ファイルの管理
    補助記憶装置の空いている領域にファイルを書き込んだり、補助記憶装置からファイルを読み込んだりする機能です。

 

  • 周辺機器の管理
    各インターフェイスに接続している入力装置、モデム、プリンタなどの周辺機器の制御を管理する機能です。

 

  • API(アプリケーションプログラミングインターフェース)の提供
    アプリケーションソフトが共通して利用できるインターフェイスを提供します。

 

世界最初のOS、オペレーティングシステム

世界初の実用化されたOSと言われているものは、ゼネラルモーターズの研究部門が IBM704 向けに1956年に開発したGM-NAA I/Oです。

当時は、汎用のOSは存在せずに、GM-NAAはユーザーが独自に作ったオペレーティングシステムでした。

 

一方で、世界最初の汎用のOSは、IBMが1964年に発表したメインフレーム(汎用大型コンピューター) System/360用のオペレーティングシステムである、OS/360(オーエスさんろくまる)です。

 

OS/360は、次のような特徴を持っていました。

  • 文字コードとしてEBCDICを採用
  • 磁気ディスク装置(DASD)を採用
  • プログラム用のAPIを用意
  • オペレータ用システムコマンド(JCL)を用意

これらは、現在のコンピューターの運用形態に近いものになっています。

現在のIBMメインフレームOS(z/OS)も、OS/360の思想を受け継いでいます。

上位互換性があり、当時のアプリケーションがそのまま動作するのは驚くべきことです。

 

現在、OS/360はIBMからフリーでダウンロードすることが可能です(http://www.ibiblio.org/jmaynard/)。

 

UNIXの歴史

一方、オープン系のオペレーティングシステムのほとんどは、UNIXとその起源であるMultics(マルティックス)を源流に持ちます。

UNIXの歴史は次の図を見るとわかりやすいです。

 

(出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Unix_history-simple.fr.svg)

 

UNIX(ユニックス)は、マルチタスク・マルチユーザーのオペレーティングシステムです。

Unixは1969年、AT&Tのベル研究所にて、ケン・トンプソン、デニス・リッチー、ブライアン・カーニハン、ダグラス・マキルロイ、マイク・レスク、ジョー・オサンナらが開発を開始しました。

当初アセンブリ言語のみで開発されたが、1973年にほぼ全体をC言語で書き直したことで、その後の開発が容易になり、異なるハードウェアへの移植性も向上しました。

 

現在、商用のワークステーション、パソコンサーバー、スマホ、タブレットで動作している多くのオペレーティングシステムはUNIXをその起源に持っています。

UNIXを起源に持つ代表的なオペレーティングシステムとして以下のものがあります。

 

HP-UX

HP-UX (Hewlett-Packard UNIX) は、ヒューレット・パッカード社 (HP社) 製のUNIXオペレーティングシステムです。

HP製のPA-RISCの上で動作します。

 

AIX

AIX (Advanced Interactive Executive、エーアイエックス)は、IBMのUNIX オペレーティングシステムです。

ちなみに、AIXはバクロニムです。

再帰的頭字語(recursive acronym)とバクロニム(bacronym)
再帰的頭字語とバクロニムについての話です。 再帰的頭字語は、主にIT業界で使われる用語と言っていいでしょうか。 ある頭文字の名称の中にその名称自体が含まれている単語のことを言います。 まず、再帰とい...

 

IBM System p(従来のRS/6000、POWER系)で動作します。

 

Solaris

Solaris(ソラリス)はサン・マイクロシステムズによって開発され、UNIXとして認証を受けたオペレーティングシステム (OS) です。

オラクルによるサン買収に伴い、現在の開発はオラクルが行っています。

 

サン・マイクロシステムズについては以下をご覧ください。

消滅、倒産したIT企業たち (サイリックス Cyrix、シリコングラフィックス、サンマイクロシステムズ、トランスメタ)
IT業界では、一時代に注目されたけれど消え去ってしまった企業が沢山あります。 そんなこんなで、IT業界のパラダイムのシフトについては以下にまとめました。 ところで、私の思い出に残っている消え去ってしまった...

 

XENIX

XENIX(ジーニックス・ゼニックス)は、マイクロソフトによって開発されたUNIXです。

安価なマイクロコンピュータで動作することから、1980年代半ばから1990年代初頭にかけて大きなシェアを誇りました。

 

マイクロソフトがUNIXの開発を行っていたことは、今となっては驚くべきことですね。

 

NeXTSTEPとMacOS

NeXTSTEP(ネクストステップ)は、スティーブジョブズが創業したNeXTコンピュータのオブジェクト指向マルチタスクオペレーティングシステムです。

もともとは同社独自のコンピュータ NeXTcube (ネクストキューブ) 上で動作するよう開発されました。

NeXTSTEPは商業的にあまり成功しなかったものの、技術面やユーザインターフェース面で後世に与えた影響は大きく、現在のOS XやiOSはNeXTSTEPの後身です。

 

NeXTについては以下にまとめました。

消滅、倒産したIT企業たち (サイリックス Cyrix、シリコングラフィックス、サンマイクロシステムズ、トランスメタ)
IT業界では、一時代に注目されたけれど消え去ってしまった企業が沢山あります。 そんなこんなで、IT業界のパラダイムのシフトについては以下にまとめました。 ところで、私の思い出に残っている消え去ってしまった...

 

Minix

Minix(ミニックス)は、1987年にオランダ・アムステルダム自由大学の教授であるアンドリュー・タネンバウムが、オペレーティングシステム (OS) の教育用に執筆した著書 Operating Systems: Design and Implementation の中で例として開発したUnix系のオペレーティングシステム(OS)です。

後にLinuxを開発するリーナス・トーバルズに影響を与えたと言われています。

 

また、1992年にタンネンバウムがLinuxについて批判した「Linuxは時代遅れだ(Linux is obsolete)」という発言は大きな議論を巻き起こしました。

 

当時の時代背景としては、タンネンバウムの主張は理解できるものの、その後の歴史はリーナス側、Linuxの勝利と言ってよいでしょう。

 

Linux

Linuxは1991年にフィンランド大学の学生だったリーナス・トーバルズによって開発が開始されました。

Linuxについては以下にまとめました。

Linux(リナックス)とは何か?ペンギン、ディストリビューションの種類とシェア
最近よく聞くオペレーティングシステムであるリナックス(Linux)についてまとめました。 Linuxとは Linuxとは、UNIX互換のオペレーティングシステム(OS)です。 UNIXは1969年に登場した...

 

Android

Android(アンドロイド)は、2003年にスマートフォンやタブレットなどの携帯情報端末を主なターゲットとして設立されたAndroid社が開発したOSです。

Android社はその後、2005年にGoogleに買収されました。

Androidは、カスタマイズ版Linuxカーネル、ライブラリやフレームワークその他のミドルウェア、ART仮想マシン、主要なアプリケーションからなるソフトウェアスタック(集合)パッケージで構成されています。

スマートフォン用のオペレーティングシステム(OS)としては、世界シェア1位です。

 

Windowsの歴史

マイクロソフトは、1981年にIBM PC向けにDOSというCUIベースのオペレーティングシステムを作っていました。

以下も参照してください。

デスクトップOS(Windows, Android, iOS)のシェアの推移と歴史、パラダイム
どのような世界にも栄枯盛衰はあります。 特に、コンピュータ、パソコン業界、インターネット業界の動きは激しい業界です。 日々新しい企業が生まれては消えていきます。 動きを止めたり、道を間違えるとすぐに衰退して...

 

その後、1985年に、最初のWindows 1.0がリリースされました。

Windowsは、もともとはMS DOSという16ビットOSにかぶせられたGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)でした。

 

その後、1987年にWindows 2.0がリリースされ、1990年にリリースされたWindows 3.0は初めて商業的に成功しユーザーに認知されるようになります。

その後、1992年にリリースされたWindows 3.1、1993年にサーバー向けにリリースされたWindows NT 3.1と着実に進歩し、クライアントのみならず、サーバー系でもUNIXの牙城に挑むようになります。

 

1995年にリリースされたWindows 95は、インターネットの普及とあいまって、商業的には大成功を収めデスクトップOSでの地位を決定的なものとします。

このWindows 95は、同時期に販売されるようになったワープロソフトであるWord、スプレッドシートであるExcel、プレゼンソフトであるPowerPointをセットで抱き合わせたいわゆるマイクロソフトオフィスと共に、マイクロソフトをパソコン業界のデファクトスタンダードへと導きました。

 

以下にWindowsとIntelの頭文字を取った、いわゆるWintelのシェアをまとめました。

デスクトップOS(Windows, Android, iOS)のシェアの推移と歴史、パラダイム
どのような世界にも栄枯盛衰はあります。 特に、コンピュータ、パソコン業界、インターネット業界の動きは激しい業界です。 日々新しい企業が生まれては消えていきます。 動きを止めたり、道を間違えるとすぐに衰退して...

 

1990年代後半から2000年代前半まで、Intel系のCPUを使い、OSとしてWindowsを載せたパソコンのシェアが90パーセントを超えていたことが分かります。

 

 

その後のWindowsのリリース状況は次の通りです。

1998年 Windows 98のリリース

2000年 Windows 2000、Windows MEのリリース

2001年 Windows XPのリリース

2006年 Windows Vistaのリリース

2009年 Windows 7のリリース

2012年 Windows 8のリリース

2013年 Windows 8.1のリリース

2015年 Windows 10のリリース

 

Android, iOSなどのスマホ、タブレット勢に押されているとはいえ、パソコンに限るといまだにWindowsのシェアは90%を超えると言われています。

 

003l

(出典: http://news.mynavi.jp/photo/news/2016/07/03/035/images/003l.jpg)

 

GUIとCUI

OSの機能そのものとは直接関係ありませんが、OSと関連してよく引き合いに出される言葉です。

 

GUI = Graphical User Interface、グラフィカルユーザーインターフェース、グラフィックによる入力インターフェースのことです。

最近のOSは、ほとんどGUIベースのインターフェースを持っています。

 

CUI = Character User Interface、キャラクターユーザーインターフェース、コマンドによる文字ベースの入力インターフェースのことです。

Windows以前のDOSでは、CUIでした。

 

 

広義のOSは、ユーザーインターフェースまで含んでOSと呼びます。

昔はきれいなGUIであることを含んで優れたOSと呼ばれた時代もありました。

一方、狭義のOSは、今も昔もカーネル部分のみでユーザーインターフェースとは無関係です。

 

まとめ

 

  • OSとは基本ソフトのことです。
  • オープン系のOSは、ほとんどはUNIXをその源流に持ちます。
  • パソコンでは昔も今もWindowsのシェアが90%を超えています。

 

 

OSの仕組みを理解するにはこちらの本がおすすめです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうござました。

この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]