シャープのポケコン、ポケットコンピューター PC-1360K

ポケコン

本棚を整理してみると、何やら古いポケコンが出てきました。

シャープのポケコン PC-1360K です。

これは何でしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポケコンとは

ポケコンは、ポケットコンピューターの略です。

ポケコンという言葉は、もはや死語に等しいですね。

最近のスマホ世代の人は見たこともないでしょう。

1980年代、パソコンが高価だったころに、パソコンに出が出せなかった人が、ポケコンを使うと簡単に、安価にコンピューターに触れられて、プログラムを楽しむ(学習する)ことが出来ました。

主に、カシオ計算機とシャープから発売されていました。

パッと見た目は、関数電卓と変わりませんが、BASICのプログラミングを行うことが出来ました。

シャープのPC-1360K

シャープのPC-1360K のスペックは次の通りです。

カテゴリ
メーカー シャープ
機種名 PC-1360K
CPU SC61860
 本体RAM容量 0KB
 最大RAM容量 64KB

標準 :RAMカードスロット2基搭載
(8KB RAMカード CE-212Mと
32KB RAMカード CE-2H32M)

ROM 136KB
LCD (半角文字) 24桁 x 4行 / 18桁 x 2行
LCD (グラフィック) 150 x 32ドット
カタカナ
漢字
BASIC
機械語
BEEP音 BASICコマンドで、255段階の音程をサポート
大きさ 182 x 72 x 16mm
220g (電池 CR-2032 x 2個含む)
オプション CE-211M (4KB RAMカード)
CE-212M (8KB RAMカード)
CE-2H32M (32KB RAMカード)
CE-2H64M (64KB RAMカード)
CE-130T (RS-232Cインタフェイス)
CE-135T (RS-422インタフェイス)
CE-140T (RS-232Cインタフェイス)
CE-124 (カセットインタフェイス)

PC-1360KのKは漢字と言う意味です。

PC-1360は漢字を扱えなかったのに対して、PC-1360Kは漢字を扱うことが出来ます。

PC-1360Kの外観

PC-1360Kの外観をまとめてみました。

こちらが、懐かしの名機、シャープの1360Kです。

箱を後ろから見たところです。

RS-232Cへの変換とか様々なインターフェースを搭載しています。

こちらがマニュアル、中身はほとんどがBASICの解説でした。

マニュアルの中にあるBASICのサンプルプログラム。

スキージャンプというゲームです。

ポケコンにしては、大きなディスプレイで遊べるので、そこそこ面白かった。

電源を起動したところです。

まだまだ動きます。

後ろから見たところです。

8KBのメモリが1枚挿さっています。

最大32KBのメモリが2枚挿さります。

つまり、最大64KBですね。

今、売っているポケコン

↓今、売っているポケコンはコチラ
ポケコン