インターネットの歴史をわかりやすく簡単に年表でまとめ (アメリカ、日本)

インターネットの歴史をわかりやすく簡単に年表でまとめてみました。

インターネットの起源は、1969年のARPANETと言ってよいんでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インターネットの歴史

出来事
1969 ARPANETの開始 (4ノード)
1973 TCP/IPのプロトコルの公開
1982 インターネットの概念が生まれる
1983 ARPANETがTCP/IPを採用
1984 日本で大学間を中心にJUNETの運用開始
198x アメリカを中心にネットワークの相互接続
198x 世界規模のTCP/IPネットワーク接続をインターネットと呼ぶようになる
1989 CERN (欧州原子核研究機構)に所属していた物理学者ティム・バーナーズ=リー (Tim Berners-Lee) がハイパーテキストの概念をネットワーク上で実装
1990 ARPANETの終了。このころからインターネットが商用利用される。
1991 CERNで世界初のWWW (World Wide Web) を公開
1992 日本初のWWWを公開
1992 日本でもISPサービス開始
1993 ウェブブラウザ NCSA Mosaicのリリース
1994 Netscape Navigatorのリリース
1995 Yahooのサービス開始
1995 Windows 95とInternet Explorerのリリース
1998 Googleが検索エンジンのサービス開始
2004 Facebookのサービス開始
2006 Twitterのサービス開始
2008 Google Chromeのリリース

インターネットの発展大きく貢献したのは、コンピューターそのものの発展と、ネットワークプロトコルであるTCP/IPの発明でしょう。

コンピュータの歴史については以下をご覧ください。

コンピューター(電子計算機)の歴史をわかりやすく簡単に年表でまとめ、世代も
コンピューター(電子計算機) の歴史を簡単に年表でまとめてみました。 諸説あるものの、世界初のコンピューターは、ENI...

TCP/IPについては以下をご覧ください。

TCP/IPのプロトコルの階層モデル、ポート番号 (SNAとOSI参照モデルとの違い、覚え方)
現在はパソコンもスマホも、インターネットに接続して使うのが一般的ですね。 ただ、20年以上前は...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする