DXDiag DirectXやグラボを診断するツールのダウンロード、場所 (Windows 7, Windows 10)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DXDiag とは

DXDiag の読み方は、ディーエックスダイアグです。

DXDiag は、Windows 7, Windows 10等のWindows OSで、特にグラフィックに関して、グラフィックボードやDirectX等のハードウェア、ソフトウェアを診断するツールです。

DXDiag のダウンロード?実行ファイルの場所

DXDiagは通常は、Windowsにあらかじめ実行ファイル DXDiag.exe が入っています。

従って新たにダウンロードする必要はありません。

入っている場所は以下の通りです。

CPU プロシージャ
32 ビット
  1. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択します。
  2. 「Dxdiag.exe」と入力して [OK] をクリックします。

実行ファイルは、%windir%\system32\DXDiag.exe にあります。

64 ビット
  1. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を選択します。
  2. DXDiag.exe と入力して [OK] をクリックします。
  3. ダイアログ ボックス (64 ビット コンピューターのみで表示) から [64 ビット DxDiag の実行] をクリックします。64 ビット バージョンの DXDiag が起動します。

DXDiagの実行方法と結果の見方

DXDiagは、Windows画面の左下の「プログラムとファイルの検索」から「dxdiag」と入力して、実行すればよいです。

実行結果は次の通りです。

DXDiagは、グラフィック系のソフトで特にハードウェアに関して固有の問題が発生したときに役に立ちます。

大事なのは、プロセッサやグラフィックボード、DirectXのバージョンです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする